お風呂・浴室を「すべてor部分的」に交換する方法とその価格相場とは

image

毎日利用するお風呂だからこそ、快適なものにしたいという人は多いと思います。しかしどんなに使いやすいようにお風呂を設計し、便宜を図っても、年月を重ねていくごとに段々とどこかしら劣化が進んでいきますし、自身も歳をとることで使いにくいと感じる場所が増えていきますよね。そんなとき、役に立つのがお風呂・浴室のみのリフォームです。

今回は、お風呂や浴室のリフォームの中でも、交換や入れ替えに焦点を当てて紹介していきたいと思います。換気扇や浴槽などの部分的なものから、ユニットバスやシステムバスといった全体的な浴室全体にかかわるものまで見ていきますので、ぜひ参考にしてください。

お風呂・浴室を丸ごと交換・入れ替えする場合

image

そもそも現在ご家庭で使用されている浴室には、大きく分けて3パターンあります。それが、「ユニットバス(システムバス)」「ハーフユニットバス」「在来工法で作られた浴室」です。

・自宅の浴室のタイプを知ろう!

ユニットバスとは、工場であらかじめ規格化されて作られている浴槽や壁、床などを、現地で組み合わせることで作り上げる浴室のことをいいます。それに対して、在来工法のものとは浴室から壁、床などを自分の好きなようにオーダーし、その場で作られる浴室のことで、築30年以上の古い家では普通に置かれています。そしてこれら2つを併せて作り上げた浴室のことをハーフユニットバスと呼びます。ちなみに現段階では、日本で使用されているお風呂の95パーセントがユニットバス(システムバス)であると言われています。

お風呂・浴室の交換は全部どのタイプでも可能?

お風呂・浴室を丸々交換するとなると、なかなか費用もかかりそうですよね。実際に、在来工法で作られた浴室は浴槽などのそれぞれのパーツがオリジナルのものなので、交換となると費用も掛かりますし、工事日数も長くなる傾向にあります。また、在来工法の浴室からユニットバスへ交換する場合も、費用や工事日数はかさみやすくなります。その際の具体的な工事内容としては、解体工事を行ってから配線配管工事、断熱工事ののち、ユニットバスの組み立て、外壁・内壁工事などが必要となるので、工事日数は最短で3日、最長で10日かかると考えられます。

image

一方で、規格化されたパーツで作られているユニットバスの場合、新しいものへの交換は比較的安価なうえ工事日数もかからないことがメリットとして挙げられます。具体的な工事内容としては、まず既存のユニットバスの解体工事、その後水道工事・電気工事、部品の搬入、そして取り付け、クリーニングで終了となりますので、工事日数は長くて4~5日と考えられます。

お風呂・浴室を全体的に交換・入れ替えする場合の費用の価格相場

image

お風呂・浴室を丸ごと交換・入れ替えする場合、その価格相場は40~140万円と考えられます。先述したように、ユニットバスからユニットバスへの交換は比較的安価であるのに対して、在来工法のものからユニットバスへのリフォームは高額になりやすいので注意しましょう。具体的な費用を把握するためには、是非一度業者の方へ見積もりを依頼してみてください。

お風呂・浴室を部分的に交換する場合

image

お風呂・浴室を全体的に交換することで、新築のようなきれいで新しい状態を再現することはできますが、如何せん費用はその分かかります。もちろん浴室が全体的に経年劣化してしまっていて、取り換えたいという場合や、いたるところで不具合がみられる場合などは丸ごと交換する方が良いかと思いますが、もしそうでないのならば部分的な交換でもことは済むかもしれません。具体的に浴室内で交換できるものをいくつか紹介していきましょう。

・浴槽の交換

浴槽にひび割れが生じてしまったり、浴槽の傷が目立ってしまったりするのなら、浴槽を交換してみてはいかがでしょうか?例えば自宅の浴室が在来工法ならば、いろいろな種類の材質の浴槽の中からお気に入りのものへと交換することができます。その際は、浴槽のサイズ、デザイン、材質などで費用が変わっていきますので、お財布とも相談しながら決めるようにしましょう。ちなみに最も安価な材質はステンレス、最も高価なものはヒノキなどの木製のものとなります。そのほかベーシックで人気なFRP(ガラス繊維強化プラスティック)、滑らかな手触りが楽しめるホーロー、高級感あふれる人工大理石など、いろいろなものがありますので、ぜひショールームなどで実際に見て体験してから決断してみてください。

・浴室換気扇の交換

浴室に必ず設置されているもののひとつに換気扇があります。浴室換気扇は湿気が溜まりやすいため、カビが発生しやすい場所でもあります。そのため、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

また、浴室換気扇は10年をめどに交換する必要があります。もし10年経っていなくても、異音や異臭がしたり、動かなくなったりと、異常を感じたらすぐに業者の方に点検してもらうようにしましょう。場合によっては、清掃や部品交換で済むこともありますが、交換を勧められることももちろんあります。

・シャワーヘッドや水栓の交換

浴室内のシャワーヘッドや水栓を節水効果があるものに交換することもできます。こちらもいろいろな商品が販売されており、デザイン性が高いものや機能性が高いものなどがありますが、どちらも商品自体は1~3万円で購入することができます。こちらは自分で交換することもできるので、費用を抑えたい方は特に実践してみてください。

お風呂・浴室の部分的な交換・入れ替えにかかる費用の価格相場

image

先述したような浴槽の交換・入れ替え、浴室換気扇の交換・入れ替えのほかにも、その部分のみに不具合がある場合は部分的なリフォームで済むことがあります。浴槽の交換にかかる費用の価格相場としてはおよそ10~50万円、浴室換気扇の交換にかかる価格相場は2~5万円と考えられます。シャワーヘッド・シャワー水栓の交換に関しては、工事費の価格相場は1~2万円となります。

まとめ

いかがでしたか?お風呂・浴室はどうしても水を大量に使う場所なので、水垢やカビも発生しやすいですし、長く使っていればいるほど経年劣化も目立つようになります。毎日快適に入浴を楽しむためにも、ぜひお風呂・浴室の交換・入れ替えを検討してみてください。

お風呂・浴室交換、入れ替えをお得に行うには?

image

お風呂・浴室交換、入れ替えを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にお風呂・浴室交換、入れ替えの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。