床リフォームで使われる床材の種類は?

image3

リフォームで床を張替える場合、使用する床材で悩みます。リフォームで使用する床材によって、お部屋のイメージは大きくかります。また、床材には様々な特徴があります。
まずは、床リフォームによく使われる床材を紹介します。

■リフォーム床材「フローリング」
リフォームに使われる床材の王道であるフローリングです。フローリングには合板フローリングと無垢フローリングがります。
・合板フローリング
一般的なフローリングです。合板を貼り合わせて表面にはコーティングしているので、キズに強く、反りなども起こりにくいです。遮音や床暖房対応など機能商品も多くあります。
・無垢フローリング
温もりのある質感と適度な柔らかさがあり、自然素材の床材です。キズが付きやすく、反りや隙間ができやすいという欠点があります。定期的にメンテナンスが必要です。合板フローリングに比べて、価格は高めです。

image3

■リフォーム床材「畳」
日本ではお馴染みの床材ですが、最近は減少傾向です。最近は琉球畳や撥水性のある和紙畳など見た目や機能で様々な種類が発売されています。

■リフォーム床材「カーペット」
掃除の手間と、ダニなどの問題で一時に比べて減少傾向ですが、防ダニ・防汚・防臭などの機能カーペットが発売されています。カーペットは吸音性能が高いことが特に魅力です。

■リフォーム床材「クッションフロア」
水に強く、掃除が楽なのがクッションフロアです。適度なクッション性もあり、施工も楽なので、リフォームの際価格は安い床材となります。防菌・防カビ・防汚などの機能性クッションフロアもあります。

■リフォーム床材「コルク」
コルクは、柔らかく滑りにくい床材です。見た目もお洒落で最近人気の床材です。タイルタイプとフローリングタイプの床材があります。

image3

■リフォーム床材「タイル」
重厚感・高級感がダントツにある床材です。床暖房を設置すると、冬は暖かく夏は冷たい、とても快適な床材です。価格は床材の中では高価です。

部屋別の最適な床リフォームの床材は?

image3

お部屋別に、リフォームに最適な床材を解説します。

■リビングの床リフォームでお勧めの床材
リビングの床リフォームはやはり、フローリングがお勧めです。総合的に強く、種類やカラーそして遮音など機能性が豊富フローリングならイメージにピッタリのものが見つかるでしょう。

■キッチンの床リフォームでお勧めの床材
汚れが飛びやすいキッチンの床リフォームには、クッションフロアがお勧めです。最近のキッチンはリビングとつながっている場合が多く、リビングの流れでキッチンもフローリングとなります。その場合は、フローリングに近いカラーのクッションフロアをキッチンに敷いておくととても便利です。

■寝室の床リフォームでお勧めの床材
寝室は静かな空間としたいです。そこで寝室リフォームにお勧めの床材はカーペットです。カーペットは吸音性に優れているので、声や音の反響を抑える効果があります。

■子供部屋の床リフォームでお勧めの床材
子供は飛んだり跳ねたり、とても元気です。そこでお勧めの床材はコルクです。コルクは柔らかく滑りにくいので子供部屋のリフォームにピッタリの床材です。自然素材の床材なので、小さなお子様にも安心です。

床材別の床リフォーム価格は?

image3床材別の床リフォーム価格 (6帖)

上グラフは、6帖の場合の床材別の床リフォーム価格帯です。
価格は一般的な床リフォーム価格を調査しております。床リフォームの価格は、使用する床材のグレードと床リフォームの状態により変動します。

床リフォームの業者さんを探すには?

床リフォームをご検討中の方は、地域密着のリフォーム業者さん検索「家仲間コム」をご利用ください。格安リフォーム業者さんから大手総合リフォーム業者さんまで、様々なリフォーム業者さんが登録しております。
きっとピッタリの床リフォーム業者さんが見つかります。

   

「住まいのTIPS」は、住まいに関するプロの業者家仲間コムのスタッフが、あなたの住まいや暮らしの助けになるいろいろなノウハウを掲載して、日常の暮らしをもっと過ごしやすく便利にしてもらうための情報ページです。

  • すべて
  • 室内
  • 水廻り
  • 外壁・屋根
  • エクステリア
  • 建物全体

お仕事を直接請けたい業者様

家仲間コムお客さま紹介サービス

地域密着業者が参加中

直接頼める業者さん検索

直接頼める業者さんの情報や施工事例、家の修理やリフォームに関するお役立ち情報を掲載しています。

直接頼める業者さんに一括見積もり