自宅で美容院を開業する際には水道工事リフォームは必須です

自宅美容院

自宅で美容院を開業する場合、必要になる設備やリフォームにはどんなものがあるのでしょうか?
今回は独立してご自宅で美容院を開業したい方必見のリフォーム情報をお届けします。
最も重要なポイントは水圧を上げることですので水道工事リフォームが必須になりますよ!

ご自宅で美容院を開業するメリット・デメリット

OKマークをする人

美容院で働いていると、人気店であるほど顧客だけでなく新規のお客様も多く休憩時間もまともに取ることが出来ないと言います。
食事さえ出来ないほど多忙な美容師さんも多いですね。

独立してご自宅で美容院を開業すれば、こういった多忙さから解放されご自分のペースに合わせて営業することが出来ますね。

ご自宅で美容院を開業するメリット

・通勤しなくてよい
・予約がない場合は家事や育児の時間を捻出できる
・完全予約制にしておけば食事の時間や休憩時間が取れ、自分のペースで仕事が出来る
・お客様を自宅に入れることで家が片付く

自宅で美容院を開業するデメリット

・独立する美容師さんの多くは顧客をお持ちの方が多いと思いますが、既存顧客にとってアクセスが不便だと離れてしまう可能性がある
・新規顧客を獲得したい場合、自宅に知らない人をあげるという防犯上の不安がある
→既存顧客、友人・知人に限定した営業にする

美容院に必要な設備

美容院にとって下記の3つはなくてはならない設備です。

・ミラー
・スタイリングチェア
・シャンプー台

ミラー

鏡はお客様がどんな仕上がりになっているかを確認すると共に、鏡越しに美容師さんと会話するツールにもなるものです。

アンティークドレッサー|マテリ
出典:アンティークドレッサー|マテリ
商品価格:49,800円~

美容院のコンセプトに合ったデザインでスタイリングチェアに合った高さのものであれば、どんなタイプのミラーでも問題ありません。
全身が映るほどの大型ミラーを設置する場合は、安全のためにもしっかり固定させましょう。
参照:大型ミラー取り付けの注意点や費用目安

ミラー周囲に女優ライトと呼ばれるライトを取り付けると、お客様をより美しく魅せることが出来ます。
DIYで取り付け可能なのでお店のコンセプトに合わせて取り入れてみるのも面白いですね。

ムシーク ウォールランプ|IKEA出典:ムシーク ウォールランプ|IKEA
商品価格:2,999円

スタイリングチェア

スタイリングチェア ファブリス|マテリ出典:スタイリングチェア ファブリス|マテリ
商品価格:42,800円~

スタイリングチェアはお客様が長時間座るものですので、下記の点に注意して商品を選ぶことが大切です。
・座り心地がよいもの
・スムーズに昇降できる昇降式ポンプ
・足を置くステップは置きやすい高さのもの
・美容師本人が施術しやすい角度に調節できるもの

シャンプー台

美容師法で美容院には必ずシャンプー台を設置しなければいけないと定められていますが、美容院のシャンプー台には「サイドシャンプー」「バックシャンプー」の2種類があります。

サイドシャンプーは足元が上がり、寝た姿勢になるため広いスペースが必要です。

シャンプー台RSⅢ COMFORT|タカラベルモント出典:シャンプー台RSⅢ COMFORT|タカラベルモント
商品価格:379,000円~

一方、バックシャンプーはお客様は座ったまま首をシャンプー台に倒すだけなのであまりスペースを必要としません。
ご自宅で開業される場合はバックシャンプーのほうが省スペースでも置きやすいですね。

シャンプー台RSⅢ AXIS|タカラベルモント出典:シャンプー台RSⅢ AXIS|タカラベルモント
商品価格:292,000円~

ご自宅で美容院を開業するためのリフォーム

ご自宅で美容院を開業するためには、どのようなリフォームが必要でしょうか?
まずは設備についてご説明します。

水圧を上げる工事

シャワーの水圧

美容院にとって最も大切なのが「水圧」です。
シャンプーをしてもらう際に、気持ち良いほどの水圧を感じられますよね。
ご自宅ではなかなかあの水圧を確保するのが難しいため、まずは水道の配管位置や水圧の強さを確認する必要があります。

水圧を上げるためには、配管を太くして道路本管から水道管を引き込む工事が必要になり、費用は20万~50万程度かかります。
立地や現状によっては100万円以上かかる場合もあります。

配管の交換

また、何人もの洗髪をしているとそれだけ髪の毛が配管に流れるということです。
一般的な配管の直径は13mmまたは20mmですが、美容院を開業する場合は詰まり防止と水圧を上げるためにも20mmは必要になります。

コンセント増設工事

コンセント

美容院には電気を必要とする美容機器が多いため、ご自宅のコンセントでは足りないことがあります。
それぞれの美容機器は電力を多く必要としますので、コンセント増設リフォームをしておきましょう。
参照:気になるコンセント増設工事の種類と費用目安を調べました

美容院開業のための内装工事

おしゃれな内装

設備工事以外に必要な工事は、イメージしている美容院のコンセプトに合った内装工事です。
DIYで行うことも可能ですし、その場合は費用も安く抑えることが出来ます。

内装工事はこだわるほど費用が高くなる部分でもあります。
どうしてもここだけはこの内装材を使いたい、こういうインテリアにしたいという点を絞って、あとは理想に近い形に工夫して仕上げていく方が費用を抑えられます。

・内装工事の費用目安:84万円~392万円(7坪広さの場合)
参照:内装工事費用を安く抑えるポイント

image

自宅で美容院開業リフォーム費用を一括見積り!

パソコンで検索する人

自宅で美容院開業するためのリフォーム費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
美容院に必須な水道工事は、資格を持った水道工事業者が必要です。
配管の太さや配管の位置などを詳しく説明してもらい、美容院に必要な設備の配置に役立てましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。