水道修理の料金相場は?自分でする水道修理とプロの水道修理の料金を比較

自分で修理できる水道トラブルは?

image

水道修理で圧倒的に多いのは水道蛇口(水栓)からの水漏れです。
水漏れの水道修理は早急に対応しなくてはなりません。
でも気になるのは、水道修理の料金ですよね?
水道修理を自分やった場合と、プロに頼んだ場合の水道修理の料金ではどの位ちがうのでしょうか。

パッキン劣化による水漏れの水道修理方法

水道蛇口からの少量の水漏れ・・・。
多くの場合が、パッキンの劣化による水漏れです。
水道パッキンを交換することで修理が完了します。

パッキン交換など水道修理をする前は必ず止水栓を閉めましょう!

■止水栓の閉め方

image

水道蛇口付近には、止水栓が付いています。
止水栓は、右にまわすと閉まり、左にまわすと開きます。
キッチンや洗面器などの場合はカウンター下にあります。
止水栓がなかったり、分からない場合は元栓を閉めることになります。

■元栓の閉め方

image

止水栓がなかったり、分からない場合は家全体の水道の元栓で水を止めます。右にまわすと閉まり、左にまわすと開きます。
戸建て住宅は宅地内の地面にあります。マンションは玄関横のパイプシャフト内にあります。
基本的には水道メーター近くに付いていますが、場所や形は建物により異なります。

水道パッキン交換方法

image

コマパッキン
水道の蛇口からポタポタと水漏れする場合に交換します。
三角パッキン
ハンドル下のナットから水漏れする場合に交換します。

自分でやるコマパッキン交換方法

image

(1)
カバーナットを取り外します。
スパナなどの工具を使って、右に回して取り外します。
※固くなっている場合があるので注意が必要。
※作業前に必ず止水栓か元栓を閉めましょう。

image

(2)
カバーナットがゆるんだら、カバーナットをハンドルごと取り外します。

image

(3)
水道本体の中に入っているコマ(ケレップ)を取り外し、新しいコマと付け替えます。
取りにくいときにはピンセットやラジオペンチをつかうと便利です。

image

(4)
カバーナットを左に閉めて取付ければ完了です。
カバーナットを閉めすぎるとハンドルが固くなるので中止してください。
作業前に閉めた止水栓か元栓を戻せば修理完了です。

自分でやる三角パッキン交換方法

image

(1)
ハンドルのビスを取り外します。
ハンドルの形体により、ビスの取り外し方は様々です。
※作業前に必ず止水栓か元栓を閉めましょう。

image

(2)
ハンドルを取り外します。

image

(3)
カバーナットをゆるめます。

image

(4)
水道ハンドルの中に入っている三角パッキンを取り外し、新しい三角パッキンと付け替えます。

image

(5)
カバーナット、ハンドルを元に戻して修理完了です。
最初に閉めた止水栓か元栓を開けましょう。

自分でやるパッキン交換修理の料金は?

自分でパッキン交換をやれば、かかる料金は交換するパッキン代のみ。
コマも三角パッキンもそれぞれホームセンターなどで150円程度で購入できます。
自分で修理する料金はとっても安いのです!

自分でやるコマパッキンの交換料金

image

コマ(ケレップ)の実売価格は、150円前後。
ホームセンターなどで購入できます。

左の画像は、三栄水栓「エコ水栓用ケレップ」
メーカー希望小売価格179円。

自分でやる三角パッキンの交換料金

image

三角パッキンの実売価格は、150円前後。
ホームセンターなどで購入できます。

左の画像は、三栄水栓「水栓上部パッキン」
メーカー希望小売価格189円。

業者にパッキン交換修理を依頼する料金は?

パッキン交換修理を自分でできない場合は、業者に依頼するしかありません。では、依頼すると料金はどの位なのでしょうか?
パッキン交換修理料金をネットで調べてみました。(価格は本体)

業者別パッキン交換料金

A社基本料金5,000円
B社基本料金4,000円~
C社基本料金5,000円+出張料金1,000円~(地域により変動)
D社基本料金5,000円+出張料金3,000円
E社作業料金1,000円+出張料金3,00円

基本料金は5,000円前後ですが、基本料金以外にかかるのかどうかが不明瞭なサイトが多かったです。
水道パッキン交換修理料金の相場は、5,000円〜10,000円程度でしょう。

水道蛇口(水栓)が古いと、水道蛇口本体の交換が必要となります。
その際の料金は、基本料金が10,000円〜20,000円程度+水道蛇口本体価格が相場です。水道蛇口本体(水栓)は大体15,000円〜で、様々な種類があります。

水道修理を業者に依頼する際の注意点

水漏れの修理料金では、料金トラブルをよく耳にします。
以下のトラブルが多いようです。
・事前の説明なしに基本料金以外に、作業料金や出張料金を請求された。
・現地見積もりで断ったら出張料金や見積もり料金を請求された。
・事前の見積もりより高額に料金を請求された。

image

料金トラブルには、業者側の故意の説明不足によるトラブルといった悪質なケースの他に、お客様と水道修理業者の誤解によるものも多くあります。

水道修理は実際に見てみないと分かりません。
お電話などでの事前の話の内容ではパッキン交換で大丈夫と思っても、いざ実際に見てみると水道蛇口の老朽化による水漏れで、水道蛇口の交換が必要だったということは多々あります。

これらの誤解を含めた料金トラブルを防ぐために、水道修理業者に来てもらう前に、必ず料金形態を確認しましょう。

水道修理前の料金確認ポイント

・提示料金は総額か?(出張費なども含めた総額を提示してもらう)
・作業前に最終見積もりを提示してもらえるか?
・現場見積もりの段階で断った場合、請求費用はあるのか?

事前にきっちりと確認することで、水道修理の料金トラブルの多くが未然に防ぐことができます。

 水道修理業者の費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

水道修理業者の匿名見積もりを試してみる>>