トイレの床から水漏れが!4つのチェックポイントで水漏れの原因を突き止めましょう。

image

一日に何度も利用するトイレですが、ある日突然トイレの床に水漏れが起こってしまったら、どうしよう!と焦ってしまいますね。そんな不測の事態に対応出来るよう、トイレの床に水漏れが起こる原因を探ってみました。トイレの床に水漏れが起こったら、早急に4つのチェックポイントを確認して、水漏れが起こっている原因を突き止めましょう。原因が分かったら、DIYでも修理が可能か、業者に依頼したほうが良いか判断もしやすくなります。

トイレの床に水漏れが起こる原因は?

image

トイレのタンクや便器内ではなく、床に水漏れが起こる場合、多くは、便器と床の接合部分からの水漏れであることが考えられます。まれに、タンクや便器にヒビが入っていたり割れている場合も考えられますが、便器は陶器なので、よほど強い地震があったとか、硬いものをぶつけてしまったなどがない限り、ヒビや割れは起こりにくいものです。

とはいえ、早合点してしまわずに、まずは、どこからトイレの床へ水漏れしているのかを確実に突き止めましょう。

どこから水漏れしているか突き止めましょう!

では、順番にトイレのチェックポイントをご説明していきます。

1.タンクからの水漏れがないかチェック!

水漏れしている水が綺麗であれば、トイレタンクからの水漏れも考えられます。トイレタンクを隅から隅まで見て、どこかに水が伝ったような跡がないかを調べてみましょう。

水が伝った跡があれば、トイレタンクのふたを持ち上げてみて、中がどのような状態になっているかを確認します。トイレタンクを垂直に持ち上げてみて外れない場合は、中のボールタップと手洗い管が接続されているので無理に外そうとせず、トイレメーカーや修理業者さんに依頼しましょう。

imageトイレタンク内部品の名称

タンクが外れる場合は、そっと外し、中のパーツが外れたりずれたり、劣化したりしていないか目視点検します。

image

部品の異常が見て分かった方は、その部分を修理します。部品の交換や、ねじの緩みを締めることで改善される場合も多いですが、分からない方はあまりあちこち触らず、修理業者さんに連絡をして「タンクから水漏れしているようです」と状況を伝えると話が早いでしょう。

タンクは大量の水を溜めておくところなので、修理に失敗すると水が溢れることも考えられ、被害が大きくなってしまう可能性もありますので、DIYで修理される際は十分に気を付けてください。

タンクの周りに水滴がついている時は?

タンクの周りに水滴がついている場合は「結露」が考えられます。湿度が高く、タンクの水温とトイレ内の室温の差が激しいと結露が生じやすくなり、特に、夏場や冬場に起こりやすい現象です。

image

部品の劣化や不具合ではありませんので、タンクの周りを拭くことでとりあえずは解決しますが、結露が発生する環境そのものを変えないと、またすぐに結露が発生してしまいます。結露を放置しておくと、カビが発生する原因となるので、まずは、トイレ内の換気をよくして湿気を追い出し、室温の変化を小さくするよう対策をしましょう。

近年のトイレは、「防露タンク」仕様になっており、タンクの中に断熱材が入っていて、結露がしにくいように工夫されていますので、タンクごと交換するのもひとつの方法です。

2.給排水パイプの接続部分をチェック!

タンクと便器をつなぐパイプや、便器と壁をつなぐパイプの接続部分から水漏れがしていないかチェックしましょう。ここからの水が伝って床に水漏れが起こっている場合、接続部分のパッキンなどの劣化が考えられます。パッキンを交換することで解決します。DIYで交換する場合は、止水栓を止めてから作業しましょう。

3.温水洗浄便座からの水漏れをチェック!

image

温水洗浄便座と便器をつないでいる接続部分を見てみましょう。温水洗浄便座も毎日何度も使用していると劣化していきます。だいたいの異常は、接続部分のパッキンの交換や、温水洗浄便座本体の不具合の修理で改善することが多いようです。

4.便器と床の接続部分をチェック!

チェックポイントの1~3を確認してみて異常がなければ、4のチェックポイントを確認しますが、便器内に色のついた液体を流して一晩放置し、翌朝、床にその色の水漏れが起こっていたら、床下の排水管の不具合の可能性が高いでしょう。

image

便器と床の隙間から水漏れが起こっている場合は、床下の排水管からの水漏れが考えれらます。築年数の古い住宅であれば排水管の劣化、まだそんなに築年数が経っていない場合は、トイレ設置時の施工ミスや施工不良が考えられます。いずれにしても、便器を取り外して配管点検をする必要がありますので、早急に業者さんに依頼しましょう。

トイレの床の水漏れを放置していると・・・

トイレの床の水漏れを放置していると、床にカビが発生したり腐食が起こります。また、マンションなどの集合住宅の場合、階下のお宅へ水漏れ被害を起こしてしまう可能性もありますので、水漏れを発見した場合は、早急に水漏れの原因となる場所を突き止め改善することが大切です。

トイレの床の水漏れ修理を業者に依頼した場合

image

トイレの床の水漏れ修理を業者さんに依頼した場合の費用目安は、修理の内容にもよりますが、おおよそ"4,000円~23,000円"程度かかります。大きな移動や取り外しなどがなく、ネジの緩みを締めるだけであったり、パッキンの交換だけの場合は安く、便器の取り外しや配管チェック点検などがあると、費用も上がります。

DIYで修理できる?

見て分かるような異常があり、その部分を修理出来る知識と技術があれば、ご自身でDIYで修理すると費用が安く抑えられます。例えば、ネジの緩みの調整や、パッキンの交換などです。部品や修理に必要な工具類は、ホームセンターで購入できます。

image

どこを見ても水漏れの原因が分からない場合は、無理をせず専門業者に依頼しましょう。水廻りの修理はきちんと行わないと、大きな水漏れ事故につながる可能性もあり危険です。

image

トイレの水漏れ修理業者を一括見積り!

image

トイレの水漏れ修理業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。