洗面所収納/リフォームを成功させる3大ポイント

収納のある洗面化粧台

洗面所の収納リフォームを成功させるポイントは「動線を考えて最適な場所に収納スペースを造る」ことです。
おすすめは収納力のある洗面化粧台ヘのリフォームですが、他にもデッドスペースを有効活用して収納スペースを増やすことができますよ!
ぜひご参考になさってくださいね。

洗面所は物が多いわりに収納スペースが少ない

洗面所で歯磨きをする女性

洗面所は意外と物が多く、家族が増えるにつれ収納スペースも多く必要になってきます。
また、洗面所に収納するものは大きさや重さなど形状が違うため、必要な収納スペースの広さや耐荷重量などが異なってくるのが特徴です。

分かりやすいように、一般的に洗面所に収納することの多い物の特徴や必要なスペースを一覧にしてみました。

収納するもの特徴必要なスペース
小物類
・歯ブラシなど洗面道具
・メイク用品
・ヘアケア用品
・細々としている
・形も大きさも不揃い
・洗面台周辺
・高さと奥行きはあまりなくても収納可能
電化製品
・ドライヤー
・電動歯ブラシ
・シェーバー等
・コンセントが必要
・形も大きさも不揃い
・コンセント周り
・洗面台周辺
洗剤類重量がある・耐荷重量のあるスペース
タオル・衣類かさばる・大きな収納スペース
・洗面台周辺でなくても収納可能

洗面所の収納リフォームを成功させる3つのポイント

人差し指を立てている女性

洗面所の収納リフォームを成功させるポイントは下記の3つです。
1. 動線を考えて最適な場所に収納する
2. 見せる収納と見せない収納に分ける
3. 電化製品を使う場所にはコンセントを増設

近年では狭いスペースにも設置可能な収納力のある洗面化粧台が多く販売されていますので、洗面所の収納問題はこのような洗面化粧台にリフォームすることでほぼ解決します。

あとは洗面化粧台では足りない収納を、動線を考えながらデッドスペースを活用して造っていきましょう。

1. 動線を考えて最適な場所に収納する

収納の基本は「使う場所の近くに収納」です。
リフォームにとりかかる前に、先述した収納するものや特徴の一覧をご参考に洗面所のどこで使うのか、場所や生活動線・家事動線を考えて収納場所を決めましょう。

鏡の前で使う小物類|収納力のある洗面化粧台

洗面所で使う小物類は主に鏡や洗面台の前で多く使用しますよね。
これらのものを収納するには、収納力のある洗面化粧台が最適です。
扉もついているので見た目にもすっきり収納出来ます。

image画像提供:リモデア|TOTO

参照:リモデア|TOTO
商品価格:22万円~

・排水管を改良して、収納のしやすさと広いスペースを実現したキャビネット奥ひろ収納「奥ひろし」を標準装備。
・化粧鏡の裏、両側にも収納棚を設置。
・収納棚は高さを細かく調整可能。

・洗面台リフォームの価格相場:3万円~4万円+洗面台本体代

洗剤やタオル収納|洗濯機付近

洗剤やタオルの収納は洗濯機付近が最適です。
おすすめの収納リフォームは、洗濯機の上に物干しユニットを設置し洗濯機付近のデッドスペースに収納棚を設置することです。
干して畳んでその場で収納することができるので家事動線が良くなります。

下着やパジャマ|壁面収納

洗面台とタオル

洗面所にタオルを収納しているご家庭は多いと思いますが、筆者宅は洗濯機上部に収納棚を造ってタオルを収納し、扉付き壁面収納に下着類とパジャマを収納しています。
洗濯機の横が浴室なので、入浴後は洗濯機の上のタオルをすぐに取ることが出来ますし、クローゼットまで行かなくても着替えが出来るので生活動線が良くなりおすすめです。

洗面化粧台の収納は奥行きが浅くタオルや衣類の収納にはあまり向きません。
タオルや衣類なら耐荷重量がそれほど必要ないためデッドスペースに突っ張り棚や壁面収納棚を造ると良いでしょう。
参照:市販品からリフォームまで、洗面所に収納を造るアイデア6選!

2. 見せる収納と見せない収納に分ける

洗面所の小物類や電化製品は、見えていると生活感が出て雑然とした印象を与えます。
収納力のある洗面化粧台に収納すれば見せない収納が出来ますね。

すっきりとした洗面台

デッドスペースに収納棚をリフォームする場合、見せる収納にする場合は扉が不要なのでリフォーム費用も安く抑えることが出来ます。

見せる収納では、色や形を統一することですっきりとした印象になります。細々したものや色や大きさが不揃いのものは、同じ種類のカゴに分けて入れるだけでもまとまった印象になりますよ。

3. 電化製品を使う場所にはコンセントを増設

アース付き:コンセント

洗面所で使う電化製品の多くは鏡の前で使うことが多いので、鏡の近くに収納スペースがあると効率よく使用できます。

多くの洗面化粧台にはコンセントも内蔵されていますが、もしコンセントが足りない場合は鏡を見ながら使用できる壁にコンセントを設置すると使い勝手と動線が良くなります。
参照:洗面所にコンセントを増やしたい!/安心・安全なコンセントリフォーム

タコ足配線や遠い場所からコンセントを引っ張ってくることも無くなり、危険性が減ります。

image

洗面台の収納リフォームをお得にするには?

パソコンを使う人

洗面台の収納リフォームをお得にするには一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
洗面化粧台本体価格も大幅値引きしてくれる業者もありますし、収納に関するプロならではのアドバイスがもらえます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。