シャワー付き洗面台の選び方|メリットと費用目安をチェック

シャワー付き洗面台の選び方|メリットと費用目安をチェック

洗面台にシャワーがついていると、朝の時短になったり家族とシャワーの取り合いにもならず効率が良くなります。今回は、シャワー付き洗面台のメリットや選び方と洗面台の交換にかかる費用をお伝えします。まずはこの記事のポイントを以下にまとめました。

POINT この記事のポイント

・シャワー付き洗面台にはメリット多数
・シャワー付き洗面台の選び方には押さえておくべきポイントがある
・シャワー付き洗面台の設置費用目安は約20万円〜

シャワー付き洗面台のメリット

シャワー付き洗面台のメリット

シャワー付き洗面台は、洗面台の蛇口部分がシャワー水栓になっている洗面台で、洗面台の新しい機種には標準装備されていることがほとんどです。シャワー付き洗面台のメリットは大きく分けて上記の3つです。

1. 身支度の時短になる

家族が多いと、朝は出勤や通学の身支度で洗面所が混雑します。さらに朝からシャワーを浴びたい人がいると浴室は取り合いになります。そんな時にシャワー付き洗面台があれば、一人は浴室でシャワー、もう一人は洗面所で髪を洗うことができ、朝の混雑緩和と時短になって便利です。

また、「シャワーを浴びるまでは必要ないけどさっと寝ぐせを直したい」という時に洗面台で髪だけを洗うことができると身支度が早く済みます。

関連記事:脱衣所と洗面所は別々に設置するのがおすすめ!メリット・デメリットやアイデアをご紹介

2. 掃除がしやすい

シャワー付き洗面台はシャワーホースが伸びるので、洗面台の隅々まで水をかけて掃除をすることができます。小物やスニーカーを洗う時にも、シャワーホースを伸ばせば洗いやすいです。

3. スペースが広い

シャワー付き洗面台は髪を洗う前提で設計されているため、シャワー水栓がない洗面台よりもスペースが広くとられています。洗面ボウルが大きいと小物の手洗い洗濯がしやすくなりますし、つけ置き漂白をしたい時にも十分なお湯をためることができます。

全体的にサイズが大きい分、収納スペースも広く設けられており、化粧小物や身支度用品などをすっきりと収納することができます。

関連記事:狭い洗面所での収納力アップのポイントは?

監修者コメント
監修者画像

シャワー付きなら洗面台ごと交換を

洗面台にシャワーがあれば、身支度にも掃除にも便利になりますし、ぜひ備えておきたいですね。今ある洗面台がカウンターと水栓が別々に選べるものなら、水栓のみをシャワー付きに変更できる場合もあります。しかし水栓をシャワーにすると、水がかかる範囲が広がるため、今のボウルサイズでは水はねなどに悩まされてしまうかもしれません。シャワータイプの洗面台にする場合は、洗面台ごと交換するのがおすすめです。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

シャワー付き洗面台の選び方

シャワー付き洗面台の選び方

シャワー付き洗面台を選ぶ際には、上記のポイントに注意して選ぶのがおすすめです。順番に詳しくみていきましょう。

1. シャワーからの水が飛び散らないこと

シャワー付き洗面台「オクターブ」シリーズ|TOTO画像提供:シャワー付き洗面台「オクターブ」シリーズ|TOTO


出典:シャワー付き洗面台「オクターブ」シリーズ|TOTO
商品価格:27万円~

シャワー水栓を使うと、細かい水しぶきが跳ねることがあります。水しぶきが跳ねると洗面台周辺や鏡が汚れやすくなりますので、シャワー水栓の水圧が強すぎないタイプがおすすめです。洗面台という狭い空間で使う場合にはあまり強い水圧は必要ありませんし、節水効果も高くなります。

TOTOのシャワー付き洗面台は、「エアインシャワー」という節水効果の高い水栓を選ぶことができます。水滴に空気を含ませることによって少ない水で洗うことができ、水はねを抑える効果があります。使用量も少なくて済むため節水効果が高まります。

2. ボウルから水が溢れない高さ

シャワーホースを引き出して使う時には水が洗面ボウルの手前までかかりますが、ボウルの形状によって水が溢れないよう設計された商品があります。

シャワー付き洗面台「ルミシス」シリーズ|LIXIL画像提供:シャワー付き洗面台「ルミシス」シリーズ|LIXIL


出典:シャワー付き洗面台「ルミシス」シリーズ|LIXIL
商品価格:51万円~

LIXILのシャワー付き洗面台には「ハイバックベッセルボウル」という形状の洗面ボウルがあり、作業に十分な広さを確保しつつ水じまいの良い立ち上がりが計算されています。緩やかなカーブを描く洗面ボウルは見た目にも美しく、ワンランク上のシャワー付き洗面台を表現しています。

3. 汚れがつきにくくお手入れしやすいボウル

洗面台では、歯磨き・洗顔・洗髪・洗濯など、あらゆるものを洗います。汚れの性質も洗剤の種類も異なり、また使用頻度も高いので、汚れにくくお手入れがしやすい洗面ボウルであることは重要です。

シャワー付き洗面台「ウツクシーズ」|Panasonic画像提供:シャワー付き洗面台「ウツクシーズ」|Panasonic


出典:シャワー付き洗面台「ウツクシーズ」|Panasonic
商品価格:15.6万円~

Panasonicのシャワー付き洗面台には、「スゴピカカウンター」という汚れがつきにくくお手入れしやすい加工が施されています。有機ガラス素材で水をはじくので、さっと拭くだけで綺麗になります。排水口にも隙間がないので、汚れがつきにくくお掃除がしやすい工夫がされています。

監修者コメント
監修者画像

洗面台交換と一緒にやりたい工事

洗面台を交換するなら、ぜひ床や壁の張替工事も同時に行いたいところです。なぜなら、床や壁をきれいに張り替えるには、洗面台を一旦外してまた元に戻すという工事が必要になるからです。交換と同時に行えば、無駄なく張り替えることができますね。床や壁を張り替えるなら、その裏側にある電気配線(スイッチ・コンセント・照明)の変更や、断熱工事なども一緒にできると無駄がありません。リフォームは、まとめることがコストダウンの王道なのです。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)


一括見積もりの使い方

家を修理したいけど、どこに頼めば…?
とりあえず家仲間に書き込んでみよう!匿名で記入できるから安心ね。

業者さんに伝わりやすい、現場写真や間取り図などのファイル添付も簡単です。

匿名で入力するだけで、業者さんから概算見積もりや提案が届きます。

かんたん 直接頼める業者さんへの匿名相談はこちらから

シャワー付き洗面台の設置費用目安

新しくシャワー付き洗面台に交換する費用目安は、洗面台のシリーズにもよりますが約20万円~程度かかります。シャワー付き洗面台本体が上位グレードのものであれば本体代だけで50万円を超える商品もありますので、どの程度の材質と機能を求めるかをよく検討しましょう。

洗面台のシャワー部分が壊れたら?

洗面台のシャワー部分はホースを引き出して使う頻度が高いので、壊れやすい部分でもあります。シャワー部分の故障は多くの場合部品の劣化ですので、部品の交換またはシャワー全体の交換で修理が可能です。シャワー付き洗面台の修理費用目安は約1万円~2万円で、交換部品代は別途必要です。

参照:洗面化粧台の水栓金具の具体的な修理方法|TOTO

シャワー付き洗面台をお得に設置するには?

シャワー付き洗面台をお得に設置するには一括見積りが便利です。設置工事と同時に本体を購入すると、業者さんによって大幅割引をしてもらえることもあり、お得に良い商品を設置できます。家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。

また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。


シャワー付き洗面台の設置費用見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

image

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

シャワー付き洗面台の
業者さんを匿名で探してみる
監修者プロフィール
監修者画像

一級建築士

高橋 みちる (たかはし みちる)

WEBサイト


アールイーデザイン一級建築士事務所代表。

住宅業界で新築・リフォームの営業・設計・現場監理などを経験。
これまで3000件以上の現場を見ながら、「永く、快適に住み続けるためにはどうしたらいいのか?」を常に探求し続け、リフォーム提案を行っている。
また、現在は執筆活動や企業向けの社員研修、一般向けの講演会なども全国各地にて実施。

著書「やらなければいけない一戸建てリフォーム」(自由国民社、2020年7月発売)

【保有資格】

【所属】

noteにてリフォームに関するお役立ち情報を発信中!
高橋みちる|リフォームコンサルタント|note

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。