神棚設置・取り付けに向いている場所・避ける場所とは?

image

自宅に神棚を設置したいと思っても、初めての場合、どうすればよいのか分からない方も多いと思います。神棚は神様をお祀りする神聖な物ですので、設置・取り付けするにはいくつかのルールがあります。今回は、神棚設置・取り付けに向いている場所・避ける場所についてお伝えしましょう。消去法で場所を決めていくのがおすすめです。

神棚設置・取り付けするのに向いている場所

神棚設置・取り付けをするのに向いている場所として、最も重要なのは以下の三点です。

image

清浄な場所
清浄な場所とは、神棚やお神札が汚れないような場所です。キッチンや洗面所、お手洗いなど水廻りは不向きと言えるでしょう。

明るい場所(東向きか南向き)
太陽が昇る明るい方向、常に日が当たる方向は「陽の光」が多いとされ、神棚をお祀りするのに最適です。ただし、神社によっては、立地条件などによって、北向き、西向きなどに祀っている場合もあります。

お詣りしやすい場所
神棚は毎日お詣りする場所です。滅多に通らない場所やお供えがしにくい場所は避け、いつも目につくお詣りしやすい場所にしましょう。

どこに設置・取り付けするのが最適?

image

上記以外にも、家の中の最も高い位置、二階建ての戸建て住宅であれば、二階のお客様を通せるような場所が良いのですが、一般的に二階はプライベートな空間が多いため一階に祀られることが多く、以上のことから総合的に見て、一階の客間に神棚を設置・取り付けするのが最適なのではないかと言うことになります。

一階に設置・取り付けする場合も、マンションの場合も、最上階以外は上階を人が通りますので、神棚の上の天井に「雲」と書かれた文字を貼ります

神棚設置・取り付けするのに避ける場所とは?

ここまで、神棚設置・取り付けするのに向いている場所をお伝えしましたが、逆に、避けたほうが良い場所があります。

image

北向き・西向き
北向きは方角的に大凶とされているため、北向きは避けましょう。同じく、西向きも吉凶半々とされているので避けます。ただし、神社によっては、立地条件・言い習わしなどによって、北向きに設置されていることもあります。

人通りの多い出入り口
玄関や廊下、扉の近くなど、人通りの多い出入り口は落ち着かないため避けましょう。

プライベートな空間
神棚は神様をお祀りするものですので、寝室や子供部屋などのプライベートな空間にお祀りすることは神様に対して失礼に当たります。お客様をお通しできるような場所へ設置・取り付けしましょう。

仏壇がある場合はどうすればいいの?

仏壇と神棚を同じ部屋に置いてはいけない、という考えの方もいらっしゃるようですが、基本的には日本は神仏習合なので、同じ部屋でも構いません。

image

仏壇・神棚とも、南向き、東向きが良いとされていますし、設置・取り付けに良いとされている場所も同じです。
ただ、注意点が2点あり、一つは「上下にならべないこと」、もう一つは「向かい合わせにしないこと」、この2点を守っていれば、同じ部屋にお祀りしても問題ありません。できれば、少し離したほうが良いですが、住宅事情にもよりますので、隣同士でも致し方ありません。その場合、神棚は壁の中央寄りに向かって右側仏壇は向かって左側に設置・取り付けしましょう。

ただし、出入り口の位置が下手になる場合は、神棚を上手の位置に設置・取り付けしなければいけないため、向かって左側に神棚、向かって右側に仏壇という風に逆になります。

最適な場所の見つけ方

image

神棚設置・取り付けをするのに最適な場所、避けたほうがよい場所などいろいろあり、どこに設置・取り付けすればよいかわからなくなってしまいそうですね。
そういう場合は、簡単に住宅の図面を書き、上記の設置・取り付けに向いている場所、避けたほうがよい場所をマーキングして、消去法で設置・取り付けする位置を決めると良いでしょう。

まとめ

日本の住宅事情では、なかなか最適な場所に神棚設置・取り付けをすることは難しいのですが、一番大切なのは、毎日感謝の気持ちを込めてお詣りすることです。形式だけにとらわれず、神棚設置・取り付けの本質である、神様にお詣りをすることを、まず念頭に置いて場所を決めてみてくださいね。

image

神棚設置・取り付け業者を一括見積り!

image

神棚設置・取り付け業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。