駐車場をコンクリートにする場合の費用|施工時の費用も工程別に解説

駐車場をコンクリートにする場合の費用|施工時の費用も工程別に解説

駐車場をコンクリートにした場合の費用について項目ごとに徹底的に調べてみました。コンクリート施工は条件によって金額が異なってきますが、単価を載せてありますので、お宅の駐車場の広さに合わせて計算すると相場がわかります。検討する際の参考にしてください。まずはこの記事のポイントをまとめました。

POINT この記事のポイント

・駐車場は見た目もすっきりしてお手入れしやすいコンクリートが人気
・駐車場をコンクリートにする場合の費用目安は約10万円〜15万円
・駐車場をメンテナンスする場合の費用は13万円~25万円

駐車場をコンクリートにする場合の費用は10万円〜15万円

コンクリートコンクリート(※画像はイメージです)

駐車場をコンクリートにする場合、費用はどれぐらいかかるのでしょうか?車1台分のスペース(15㎡)をコンクリートにすると想定して費用を調べてみました。費用はおおよその目安です。実費で見積もっているところもあるので、実際の業者さんの見積もりより値が安く出ることがあります。

駐車場施工時の費用

コンクリート施行するにはいくつかの項目があり、その工程ごとに費用がかかってきます。順に見ていきましょう。

項目 料金
鋤取り 600円/m3
残土処分 5,000円/m3
土間下砕石 3,000円/m3
転圧 900円/㎡
生コンクリート 13,000円/m3
周囲型枠 300円/m
ワイヤーメッシュ 800円/㎡
カッター目地 600円/m
車止め 800円~3,000円/個
人件費 15,000~20,000円/人
重機回送費 20,000~50,000円/回

鋤取り

鋤取り鋤取り(※画像はイメージです)

コンクリート施工する面を平らにして強化するために、砂利や土を取り除きます。

残土処分

残土処分残土処分(※画像はイメージです)

鋤取りで出てきた土を処分します。

土間下砕石

土間下砕石土間下砕石(※画像はイメージです)

コンクリートの基礎を入れる前に砕いた石を敷き詰めます。重さを均等に分散するようにさせるのが目的です。

転圧

転圧転圧(※画像はイメージです)

下地を押し固める作業です。

生コンクリート

生コンクリート生コンクリート(※画像はイメージです)

コンクリートの原料です。生コンクリートは放置しておくと分離してしまうので、ミキサー車などで常にかき混ぜておくことが必要です。

周囲型枠

周囲型枠周囲型枠(※画像はイメージです)

コンクリートを流すための枠です。施工場所がブロックなので囲まれている場合は枠が必要ないこともあります。

ワイヤーメッシュ

ワイヤーメッシュワイヤーメッシュ(※画像はイメージです)

コンクリートのひび割れ防止や補強の目的で使います。

カッター目地

カッター目地カッター目地(※画像はイメージです)

コンクリートは乾燥してくる時に弱い部分にクラック(ひび)が発生します。そのためにあらかじめ目地を入れておくことでクラックを誘発して発生させることができます。

車止め

車止め車止め(※画像はイメージです)

駐車する時に車が後ろに行き過ぎないようにするブロックです。大型駐車場などでもよく見かけますね。

人件費

作業する人の人件費です。遠方からの場合は別途出張費が付くこともあります。

重機回送費

重機回送費重機回送費

コンクリート施工に利用する重機の搬入搬出用費用です。

駐車場施工時の費用例

上記の費用を踏まえて15㎡の駐車場を施工するのにいくらかかるのかを計算してみました。(※費用に幅があるものは低い方の金額で計算しています)

鋤取り(厚さ25cm):0.25m×15㎡×600円/m3=2,250円
残土処分(厚さ25cm):0.25m×15㎡×5,000円/m3=18,750円
土間下砕石(厚さ15cm):0.15m×15㎡×3,000円/m3=6,750円
転圧:15㎡×900円/㎡=13,500円
生コンクリート(厚さ10cm):0.10m×15㎡×13,000円/m3=19,500円
周囲型枠:16m×300円/m=4,800円
ワイヤーメッシュ:15㎡×800円/㎡=12,000円
カッター目地:6m×600円=3,600円
車止め:2個×800円=1,600円
人件費:2人×15,000円=30,000円
重機回送費:20,000円

合計:132,750円

 

駐車場をメンテナンスする場合の費用は13万円~25万円

基本的にコンクリートの駐車場はあまりメンテナンスを考えなくても良いでしょう。見た目を気にしなければ、表面の小さいクラッチ(細かいヒビ)は気にする必要はありません。大きく割れたりかけたりしてつまずいてしまうなどの不便があれば補修を考えましょう。

●駐車場のコンクリートの補修費用目安
13万円~25万円

コンクリートの駐車場の撤去費用は5~20万円

撤去撤去作業(※画像はイメージです)

コンクリートの駐車場の場合は、撤去するにもまとまった費用が必要となってきます。導入する際は利用する年数などを見越した上で検討するとよいでしょう。

コンクリートを剥がす

コンクリートを剥がすコンクリートを剥がす(※画像はイメージです)

施行されているコンクリートをカッターなので切って剥がしていきます。費用はコンクリートの厚さによって異なってきます。
・1,500円~5千円/㎡

人件費

作業する人の人件費です。
・1万5千円~2万円/人

コンクリートの処分費

コンクリートの処分コンクリートの処分

撤去していらなくなったコンクリートを処分する費用です。コンクリートの量によって異なってきます。
・約3万円〜

撤去時費用例

上記の費用を踏まえて、15㎡のコンクリート駐車場を撤去するのにいくらかかるのかを計算してみました。

コンクリートを剥がす:15㎡×1,500円/㎡=22,500円
人件費:2人×15,000円/人=30,000円
処分費:30,000円

合計:82,500円

駐車場費用のまとめ

コンクリートの駐車場は便利ですが、施工にはまとまった金額が必要になってきます。施工時、メンテナンス、撤去時の費用をまとめると以下のようになります。15㎡の駐車場として計算をしています。

●15㎡の駐車場の費用例
施工時:132,750円
メンテナンス:130,000円
撤去時:82,500円

上記の中でメンテナンスは必要ないことも多いです。メンテナンスを除いたとしても、20万近くはかかりますので、導入する際によく検討することをお勧めいたします。


一括見積もりの使い方

家を修理したいけど、どこに頼めば…?
とりあえず家仲間に書き込んでみよう!匿名で記入できるから安心ね。

業者さんに伝わりやすい、現場写真や間取り図などのファイル添付も簡単です。

匿名で入力するだけで、業者さんから概算見積もりや提案が届きます。

かんたん 直接頼める業者さんへの匿名相談はこちらから

駐車場工事の無料見積もりが可能

駐車場工事をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。でも、駐車場工事に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。

匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。

駐車場工事の見積もりを無料でしてみる

利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

駐車場コンクリートの
業者さんを匿名で探してみる
編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。