給湯器・ガス給湯器を交換するときのポイントと価格相場、選び方をご紹介

image

普段当たり前のように温かいお湯を使用しているという人も多いはず。しかしこのお湯は家に設置されている給湯器が正常に機能しているからこそ使えるものなのです。そんな給湯器は、使い続けているとどうしても経年劣化し、時には故障することもあります。そんなとき、給湯器を修理したり、新しいものに交換・取り付けしたりといったリフォームは、当たり前のように生活していくにあたって必要不可欠なことのように思えます。
かといって、いざ給湯器を交換したり、取り付けたりしようとしても何が何だかわからない、という人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、給湯器・ガス給湯器の交換・取り付けの際に知っておきたいリフォームのポイントや費用の価格相場、給湯器の選び方や実際の商品まで紹介していきたいと思います。

給湯器・ガス給湯器交換・取り付けを行う目安

image

家の中にある設備は長く使えば使うほどどうしても劣化していくので、いずれは交換や取り付けを必要とすることが多いようです。その中でも給湯器・ガス給湯器に関するリフォームを行う時期の目安は、使い始めてから10年目だと言われています。

また、給湯器・ガス給湯器の修理に関しては注意が必要です。というのも、給湯器・ガス給湯器を販売しているメーカーはその商品の生産中止後、10年後までは部品を保存しておくことが多いようです。したがって、メーカーが生産を終了してから10年以上経っている給湯器・ガス給湯器の場合、もしかしたら部品不足で修理を行うことができないことも考えられます。もし交換ではなく修理を希望する場合は、事前にメーカー側にお持ちの商品について問い合わせてみると良いでしょう。

給湯器・ガス給湯器の選び方について

image

給湯器には電気をエネルギーとして使用する「電気式給湯器」と、ガスをエネルギーとする「ガス給湯器」があります。例えば電気式給湯器として有名なのが「エコキュート」、逆にガス給湯器として有名なものに「エコジョーズ」があり、それぞれ省エネ性の高さなどで人気を博しているようです。

・エコキュートとエコジョーズの比較
\r\n
電気式給湯器であるエコキュートは、基本的に「ヒートポンプ」と「貯湯タンク」のセットで設置する必要があります。エコキュートでは深夜に1日分のお湯を沸かし、それを貯湯タンクに貯めておくという仕組みになっており、これにより電気代の節約が見込めます。一方で、1日分のお湯をあらかじめ沸かしておく必要があることから、次の日にお湯を大量に使用してしまうと「お湯切れ」を起こし、お湯を使用できなくなることもあるようです。また、貯水タンクにお湯を貯めておくという仕組み上、そのまま飲用水として口にしない方が良いという声もあります。

一方で、エコキュートの方がエコジョーズよりもランニングコストは優れているようです。深夜枠を活用することから、電気代をお幅に節約できることがメリットといえます。しかし初期費用は断然エコジョーズの方が安価で済むことが多いようです。また、エコジョーズは壁に設置できるタイプや据え置きタイプなど、設置する場所も選べるほか、エコキュートと比べて小さいため省スペースが可能です。そのほか、エコジョーズは瞬間的にお湯を沸かす仕組みとなっているので、使いたいときに使いたい分だけ活用できるというメリットもあります。

image

・給湯器の「〇号」って何?
実際に給湯器を探してみると、16号や10号など、「号」という単位で分類されていることが分かります。この号という単位は、「水を25度温度を上昇させたときに1分間に何リットル出すことができるのか」を示した単位であり、数が大きければ大きいほどたくさんの量のお湯が使用できます。

基本的に8号~32号の種類があり、一人暮らしなら8号のものが多く使用されているほか、4人以上の家族で暮らす場合は24号が推奨されています。一般家庭には8号、16号、20号、24号の給湯器が使用されることが多いようです。ちなみに夏場に比べて水温が下がる冬場では、給湯器で沸かせるお湯の量も少なくなるので、それに備えて大きめの給湯器を購入する人も多く見られます。

給湯器・ガス給湯器交換・取り付けのポイント

image

お使いの給湯器・ガス給湯器を撤去し、新しいものを取り付ける際に知っておいてほしいポイントをいくつか紹介していきましょう。場合によっては工事費用を抑えることもできるので、ぜひ参考にしてください。

・修理にするか交換にするか・・・
\r\n
給湯器に何かしらの不具合が生じて、修理か交換をせざるを得なくなった場合、どちらがよりお得なのかわからないという人も多いかと思います。もちろん実際の給湯器の状態にもよりますが、もし給湯器を買ってから10年未満であれば、無償保証期間中であることも多いので、俄然修理の方がお得だと言えるでしょう。

それに対してお使いの給湯器・ガス給湯器が使い始めてから10年以上経過している場合、先述したように修理自体ができないこともありますので、交換・取り付けをした方が安上がりになることもあります。その場その場で選択肢は変わってきますので、まずはメーカーに問い合わせてみたり、保証書を確認してみたりすると良いでしょう。

・給湯器自体の価格を抑える方法
\r\n
給湯器・ガス給湯器は決して安価なものではないと思います。エコジョーズやエコキュートのものであれば特に1台当たり数十万円することも多いので、検討に検討を重ねる人も少なくはないはずです。一方で、「給湯器やガス給湯器をできるだけ安価で購入したい!」という場合には、型落ちのものを購入してみてはいかがでしょうか。特にメーカーのこだわりが無かったり、最低限の機能のみで事足りたりするのなら、その旨を業者の方に伝えて候補をねん出してもらうのも良いかと思います。

給湯器・ガス給湯器の交換・取り付けにかかる費用の価格相場

image

給湯器・ガス給湯器の交換・取り付け工事は、5~20万円が価格相場といえます。この中でもエコキュートやエコジョーズへの交換・取り付けは費用がかさみやすく、特にエコキュートの場合100万円程度かかることもあるようです。

まとめ

いかがでしたか?給湯器・ガス給湯器を交換する場合、まずは複数の業者の方に見積もりを依頼してみることをおすすめします。長く使うものですし、生活には欠かせない給湯器だからこそ、慎重に商品・工事をしてくれる業者に至るまで検討するようにしましょう。

給湯器・ガス給湯器交換・取り付けをお得に行うには?

image

給湯器・ガス給湯器交換・取り付けを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にウォシュレット取り付けの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。 

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。