水道管の凍結防止対策3選と破損の修理費用は?

水道管が凍結するのはどんな時?

業者

水道管は冷たい水が通る場所ですので、気温が下がる冬には凍結に注意が必要です。

雪が降る日は特に要注意!

水道管はマイナス4℃前後で凍結の危険性がありますが、気温だけではなく常に日陰で他の場所より温度が低くなる場所や、風が強くて気温が下がる場所にある水道管は氷点下になると凍結しやすいです。

水道管の中には水分が残っていますが、気温が下がると水が膨張して水道管の破裂につながります。

水道管の凍結防止対策3選!

水道管が凍結してしまうと破裂するなど被害が大きくなります。

冬には天気予報をチェックして気温が下がる日や雪が降る前に対策をしておきましょう!

・水道管を保護する
・水道管から水を流しておく
・水道管から水を抜く

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 水道管を保護する

最も簡単で効果的な水道管の凍結防止対策です。

水道管を保護する方法には下記の3点があります。

・タオルやスポンジを巻き付けておく
・配管保温材を巻く
・凍結防止ヒーターを設置する

1-1. タオルやスポンジを巻き付けておく

簡単にできる水道管の凍結防止対策として、ご家庭にあるタオルやスポンジなどを水道管に巻き付ける方法があります。

水道管に巻き付けていくので、範囲によってはタオルやスポンジがたくさん必要になりますが、水道管が見えないように隙間なく巻き付けていきましょう。

1-2. 配管保温材を巻く

配管保温材とはグラスウールという素材を使った配管の保護剤ですが、水道管の凍結防止に役立ちます。

タオルやスポンジを巻くよりは見た目もスッキリします。

グラスウール保温材|工藤建材出典:グラスウール保温材|工藤建材
商品価格:1,120円~(長さ1mあたり)

1-3. 凍結防止ヒーターを設置する

凍結防止ヒーターは、サーモスタットがついているので温度によって自動的にヒーターが作動します。

上記の凍結防止ヒーターは、気温が3℃以下になると通電して10℃を超えると自動的に通電を停止する機能がついています。

2. 水道管から水を流しておく

水道管の凍結防止対策としてすぐにできる対策が、夜間に水道管から水を流しっぱなしにしておくことです。

水の量はポタポタ落ちる量ではなく、ペンの先ぐらいの量を出すようにしてみてください。

夜間はずっと水を出したままにしておく必要があるので、水道料金がかかります。

水道代が高くなる地域の方は、配管保温材や凍結防止ヒーターなどを設置しておくことをおすすめします。

3. 水道管から水を抜く

水道管に水が溜まっている状態だと凍結しやすいのですが、水道栓を止めて水を抜いておくことで凍結防止になります。

「水抜き」とも言います。

まずはメーターボックス内にある止水栓を閉めます。

メーターボックスの位置がわからない場合は、水道局の方にお問い合わせください。

止水栓を止めたら、高い位置にある水道の蛇口から低い位置にある庭の散水栓まで、順番に蛇口を開きます。

目安は、2階の洗面所や浴室の蛇口から順番に1階へ降りていき、最後に庭などの散水栓を開くという順番です。

水道管が凍結してしまった場合は?

水道管が凍結してしまったら見て分かりますので、水漏れ防止するためにまず止水栓を止めます。

止水栓がどこにあるか分からない場合は、水の吹き出しを防ぐためにタオルなどで破損個所を巻いて、早急に業者さんを呼びましょう。

水道管が破裂していると水漏れの恐れもありますので、放置せずにすぐに修理依頼をすることが大切です。

1. 水道管の修理費用目安

電卓と設計図

水道管が破損した場合の修理費用は、1ヶ所あたり約2万円~5万円が目安です。

水道管破裂など、水漏れにかかわるトラブルは緊急対応してくれる業者さんが多く、24時間いつでもかけつけてくれる場合が多いです。

修理は後日になったとしても、水漏れが起こっている場合は緊急対応をしてくれます。

深夜や休日の場合は、別途追加料金が発生することがありますので費用は事前に確認しておきましょう。

2. 家仲間コムでの施工事例

家仲間コムにも水道管の凍結による修理の施工事例がありますので、一部ご紹介します。

2-1. 水道管凍結による水道管破裂の修理

給湯器の立上り管が破裂を起こしており、錆びた部分から漏水していたケースです。

腐食に強い架橋ポリ管を使用し、保温材を巻きつけて修理完了。

費用は2万円でした。

2-2. 水道管破裂によるアパートの水漏れ事故

こちらのケースでは水道管が破裂したため水漏れが起こり、天井・壁・床の全ての修繕が必要になりました。

水道管が凍結して破裂することで最も怖いのが、2次被害の水漏れです。

水道管の修理だけでは済みませんので、内装工事なども必要になり費用が高額に。

こちらの施工事例では内装工事などを含め4日間の施工期間で、58万円の費用がかかっています。

アパートということで住人の方がいらっしゃるため、業者さんも早急な修理をしてくれました。

このような水漏れ事故にならないためにも、水道管の凍結防止対策は重要です。

水道管の凍結により水が出なくなった場合の対処法

給湯器

水道管が凍結して、破裂まではしていないものの水が出ない場合にはどうすれば良いのでしょうか?

対処法は2つです。

・気温があがり溶けてくるのを待つ
・水道管を温める

1. 気温があがり溶けてくるのを待つ

早朝に水道管が凍結していても、日中に気温が上がってくると自然に溶けて水が出るようになります。

早急に水を使いたい!という場合でなければ、自然に溶けるのを待つのも一つの方法です。

室内の蛇口部分が凍結しているのであれば、暖房をつけて部屋の温度を上げるのも有効です。

休憩している人

2. 水道管を温める

多くの場合、水道はすぐに使いたいですよね。

そういう場合は水道管にタオルを巻いて、熱湯ではないお湯をかけて解凍しましょう。

熱湯をかけると、急激な温度変化により水道管が破裂してしまうことがありますので、50℃程度のお湯にしてください。

電気配線などの近くではお湯をかけることができませんので、お湯であたためたタオルを何度も当ててゆっくり解凍を促しましょう。

水道管の凍結防止対策まとめ

水道管が凍結してしまうと破裂する可能性もあり、また二次被害として水漏れが起こるリスクがあります。

普段雪が降らない地域で突然の寒波に見舞われると、水道管が凍結して破裂に至るケースがありますので、事前に対策しておくことが大切です。

image

水道管の凍結防止対策は業者に依頼できる?

業者

水道管の凍結防止対策は業者さんに依頼することができます。
どの部分をどうやって保温すれば良いのか分からない場合や、水道管の破裂が見つかった場合などは早急に業者さんに依頼をしましょう。

水道管の破裂修理は迅速に対応してくれる業者さんが多いです。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。