給湯器交換、気になるメーカーと工事費用を徹底調査しました

image

何となく他の箇所に比べて、後回しにしてしまいがちな給湯器の交換。しかし、10年たって給湯器を交換しないままだと、思わぬ事故や故障を招くことになってしまうのです。したがって、10年をめどに、給湯器の交換を考えたほうが良いでしょう。

昔と比べてコンパクトな給湯器も出てきていますので、設置場所や大きさで迷っている方は、一度業者に相談してみるのもいいでしょう。いつも当たり前のように使っている給湯器だからこそ、万が一に備える必要があります。今回は、そんな給湯器交換の際に、実際にとりつける給湯器のメーカーとかかる工事費用を中心にご紹介していきます。

・給湯器の種類を知ろう

給湯器と一概に言ってもいろいろなタイプのものがあります。まずは、給湯器のタイプについてご紹介していきます。

1.ガス給湯器(追い炊き機能なし)
追い炊き機能がない、給湯専門の給湯器となります。キッチンや洗面所、お風呂場など、必要となるところでお湯が利用できます。お風呂のお湯張りもできますが、追い炊き機能はついていないため、シンプルで安価なものが多いです。

image

2.ガス風呂給湯器(追い炊き機能付き)
先ほどのものと比べて、追い炊き機能が搭載しているもののことです。給湯機能と追い炊き機能がセットとなっていますので、従来のものからこちらに交換する方も多いようです。ボタン一つで操作できるものも出ているため、操作も簡単に、お子さんでも安心してできます。

他にも、給湯や追い炊きに加えて、床暖房や浴室暖房機能が一緒に操作できるものもあります。どちらにせよ、自分の家のニーズに合ったものを選ぶことが大事です。

・給湯器の設置場所を考えよう

次に、事前に給湯器の設置場所を確認しておきましょう。設置場所は主に3種類あります。

image

1.屋外壁掛け設置タイプ
文字通り、家の外の壁につける形で設置するものです。もっとも主流な設置タイプです。

image

2.屋内壁掛け型設置タイプ
家の中の壁につける形で設置するものです。排気筒をつける必要があります。

image

3.屋外据え置き型設置タイプ
家の外の壁ではなく、地面に置くタイプのものです。地震などでも、落ちる危険がないため、安全性は高いです。

・給湯器の主なメーカーとラインナップ

image

1.リンナイ
・リンナイ壁掛けタイプ給湯器 RUF-A1610SAW(A)
特徴: 壁掛けタイプの16号、約30分ごとに保温運転する「快適保温」機能、循環口付近の熱さを和らげる「快適追い炊き」機能、台所リモコンで操作可能な「予約運転」機能(台所リモコンは別売り)
メーカー保証:2年間
定価:258,876
実売価格:約6万円~

image

・リンナイ壁掛けタイプ給湯器 RUX-A1610W-E
特徴:給湯専門の壁掛けタイプの16号、お湯が張られると自動にストップ、音声によるお知らせ機能が付いた「オートストップ、音声ナビ」機能(リモコンは別売り)
メーカー保証:2年間
定価:117,504
実売価格:約4万円~

image

・リンナイ壁掛けタイプの給湯器 RUF-E1615AW
特徴:環境に優しいecoジョーズ機能搭載、壁掛けタイプの16号、入浴を探知して児童に炊き上げ、「快適保温」機能、「おいだき配管自動洗浄」機能、「快適追い炊き」機能、「予約運転」機能(リモコンは別売り)
メーカー保証:2年
定価:362,880
実売価格:約12万円~
※リンナイのものは、メーカー保証のほかに、所有者登録をすることで、保証が3年に延長されます。

2.ノーリツ
・ノーリツ屋外壁掛けタイプ GTH-C1647AW3H-3 BL
特徴:エコ運転、追い炊き、たし湯、たし水、沸き上げ予約機能、フレックス保温機能搭載入浴をセンサーで察知し自動で追い炊きする「ごきげんオート」機能搭載
定価:438,460
実売価格:約17万円~

image

・ノーリツ壁掛けタイプ GT-1650SAWX-2
特徴:壁掛けタイプの16号、追い炊き機能に加えて、徐々に温める「マイルド追い炊き」機能搭載、効率的な保温と省エネ効果の「フレックス保温」機能、「沸上予約」機能搭載
定価:260,280
実売価格:約6万円~

image

3.パーパス
・パーパス壁掛けタイプ GW-H1600AW-1
特徴:16号、追い炊き配管内の残り湯を流しだす「手動配管クリーン」機能、水量を調節できる「水位設定」機能、「予約運転」機能搭載、環境に優しいecoジョーズタイプ
定価:313,200
実売価格:約10万円~

image

4.パロマ
・パロマ壁掛け給湯器 FH-E165AWL
特徴:外側に塩害に強い素材を使用している、追い炊き配管内に自動で水やお湯を流す「追い炊き配管洗浄」機能、チャイルドロック搭載(業界初)
定価:313,200
実売価格:約9万円~

※給湯器の記載について

給湯器を見る際に、号数が記載されています。主に、8号~32号まであります。これは、給湯器の能力を指した指数のことで、「水温から25度上昇させたお湯を出すときに、1分間に何リットル出せるか」という意味のことです。具体的に説明していきます。

・8号給湯器
ひとり暮らしに十分な給湯器です。他のものに比べて小型です。
・16号給湯器
中型の給湯器です。1~2人で十分に使えます。
・20型給湯器
2~3人向けの給湯器です。
・24型給湯器
湯量が少なくなるといったことのない、大型の給湯器です。4人以上の家でも十分に利用できます。

・実際の工事例

それでは、実際に給湯器を交換した方の例を見ていきましょう。

例1)A社で給湯器を交換した場合
工事内容:給湯器交換、配管のまき直し、リモコンの取り換え、設置
メーカー:ナショナル→リンナイ(20号)
費用:約17万

例2)B社で給湯器を交換した場合
工事内容:給湯器交換、凍結防止の断熱施し、リモコン設置
機器:20号→24号に変更
費用:約16万
施工日数:半日

image

例3)C社で給湯器を交換した場合
工事内容:給湯器交換、据え置き台設置、保温材施工、風呂、台所リモコンの交換
メーカー:松下→リンナイ
費用:約23万
施工日数:2時間

このように給湯器の設置場所、リモコンの有無によって工事も異なります。能力を上げるために、号数を上げる方も多いです。設置場所によっては、別途壁貫通費用や給俳気筒の接続や交換費用が追加されることもあります。他、追い炊き機能がついていないものからついているものへの交換、給湯器の設置場所の変更などは追加料金が発生することもあります。

・まとめ

いかがでしたか?給湯器の交換は、意外とみなさん興味があまりないところだと思います。しかし、放っておいて、いざ使おうとしたときに使えないと、困ってしまうところでもあります。給湯器の交換は、10年をめどにして行うようにしましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

給湯器交換をお得に行うには?

image

給湯器交換を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に給湯器交換の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。