気になるガス給湯器の寿命と交換について調べてみました

image

温かいお風呂に入ると、とてもリラックスできますし、たくさんの洗い物をする時、温かいお湯を使うと、油汚れも落ちやすく洗い物がはかどります。
昨今では、約10%のお宅でオール電化でまかなっている場合もありますが、そのお湯は、ガス給湯器によって作られていることがほとんどです。
お湯を作り出しているガス給湯器は、消耗品のため寿命があります。そこで、気になるガス給湯器の寿命と交換について調べてみました。

ガス給湯器の寿命は?

ガス給湯器は、なんらかの異常が出たり、壊れてしまってから交換する、という人が多いのではないでしょうか。冬場に急にお湯が出なくなったと思ったら、ガス給湯器が壊れていた、なんてこともよくあります。
急に壊れてしまって慌てないためにも、ガス給湯器の寿命を知って、準備をしておきましょう。

image

ガス給湯器の寿命は10~15年
ガス給湯器の故障の原因で一番に考えられるのは、経年劣化です。工事業者さんによると、ガス給湯器を定期的にメンテナンスするご家庭もなかなかなく、おかしいなと思いながら使い続けて壊れてしまう場合がほとんどだそうです。
安全のためにも、ガス給湯器を設置して約10年経ったら、そろそろ交換の時期と考えて準備しておきましょう。

また、水温の低い冬は、お湯を沸かすパワーが必要になるため給湯器の負担が大きくなり、急に壊れることが多くなります。
給湯器を外に設置している場合は、雨の多い季節にも故障が増えるので、気を付けてチェックしておきましょう。

また、ガス給湯器の費用は思ったより高くつきますので、新しく設置したら、約10年後のガス給湯器交換費用を想定しておくことも大切です。

ガス給湯器の交換タイミング

image

下記のような現象が起こってきたら、そろそろ交換のタイミングです。
いざという時に慌てないよう、工事業者やガス給湯器を探し、交換の準備をしておきましょう。(費用も忘れずに)

■お湯の出が悪くなる
■ガス給湯器を使用すると、給湯器周辺がガス臭くなる
■お湯の温度が安定しない
■寒くなると、給湯の着火が鈍くなる
■ガス給湯器から異音がする
■追い焚きが利かなくなる(追い炊きができるタイプの場合)
■お湯張りした時のお湯が設定温度よりもぬるい

意外とかかる修理費用

消耗品が壊れた場合、修理して使えるのでは?と思っている方も多いと思いますが、ガス給湯器は、設計上の標準使用期間が10年と設定されているため、10年を経過すると所有者負担にて有料点検を受けるよう推奨されています。

image

メーカーカタログに掲載されているガス給湯器の点検費用は、1回あたり"7,000円~9,000円"程度
点検後、修理が必要な場合は、部品代および工事費用がかかってきます。

基盤の故障などの場合・・・部品代"約5万円~"+工事費
経年劣化による故障の場合・・・修理した箇所の他にも、また別の箇所が故障することが多く、新しいガス給湯器に交換した方が安く抑えられることも多いです。

image

分譲マンションの場合、修繕積立しているから大丈夫と思いがちですが、専用部分にあるガス給湯器の修理・交換は所有者負担になりますのでご注意ください。

ガス給湯器の交換費用

ガス給湯器の交換費用の最多価格帯は、機器代込みで、"12万円~16万円" 程度ですが、機器の種類や設置場所、現状によって大きく変わります。
交換費用に含まれる内容は、【既設のガス給湯器の同等機種+出張費+撤去・処分費】のところが多いです。

【工事日程】
現地訪問見積りが終わって正式注文してから、およそ3日~1週間以内です。
経年劣化の場合は同じ物がないため、後継機種か同等機種との交換になることがほとんどで、商品は取り寄せになる場合が多いです。
交換作業自体は、3~4時間で済みます。(現状や取り付け場所、機器のよって異なる)。

追加料金が発生する場合

下記のような場合は、さらに追加料金が発生することが多くなります。

■逆配管■
給水・給湯・ガス配管が逆になる場合、配管の延長工事が必要となる。
■設置場所が狭く1人での作業が困難■
都心部に多いが、給湯器の設置場所が狭く、取り替え作業や搬入に手間がかかる場合。
据置台などに設置されている■
現状が、据置台などに設置されている場合は、新しく取り付けるガス給湯器の方が幅が広くなることが多いため、専用の据置台が必要となる。別途据置台または、既存の据置代の加工費などが必要になることがある。
2階などに設置されている■
ガス給湯器の設置場所が2階など、高所作業になる場合は、足場代や作業員の追加などが必要となる場合がある。 

ガス給湯器の設置タイプ/戸建て住宅

image

●屋外壁掛けタイプ
外壁に設置されている。給湯器下面に配管接続がある。
●屋外据置き(浴槽2つ穴)タイプ
お風呂の真裏の屋外地面に設置されている。給湯器下面に配管接続がある。
●屋外据置き(浴槽1つ穴)タイプ
屋外の地面に設置されてる。ガス給湯器の側面に配管接続がある。
●風呂釜タイプ
浴槽の水を沸かす追焚のみのタイプ。浴槽の真裏の地面に設置されている。
●屋内壁掛けタイプ
家の中の壁に設置されている給湯器。排気筒により排気を外部へ出している。配管接続は給湯器下面。

ガス給湯器の設置タイプ/マンション・集合住宅

image

●PS扉内(前方)排気タイプ
玄関横のパイプスペースに設置。扉上部に排気筒が出ているタイプ。配管接続は給湯器下面。
●PS扉内(後方)排気タイプ
玄関横のパイプスペースに設置。ガス給湯器背面より排気筒で排気を外部へ出すタイプ。配管接続は給湯器下面。
●PS標準設置タイプ
玄関横のパイプスペースに設置され隠れるタイプ。配管接続は給湯器下面。
●バランス釜タイプ浴槽の横に設置されてるタイプ。シャワーと追焚きが出来る。府営住宅や市営住宅に多い。
●ベランダ壁掛けタイプ
ベランダ外壁に設置されている。配管接続は給湯器下面。
●浴室パックインタイプ
浴室の壁内に埋込設置するタイプ。
●屋内壁掛けタイプ
屋内の壁に設置されている。排気筒により排気を外部へ出す。配管接続は給湯器下面。

ガス種の調べ方

ガス給湯器のガス種には、「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類があります。ガス種を間違えると不完全燃焼や火災の原因となり危険ですので、よく確認しましょう。

■都市ガス■
住宅敷地内に、ガスのボンベがなく【東京ガス・大阪ガス・東邦ガス・京葉ガス・西部ガス・北陸ガス】などから請求書が届いている場合は「都市ガス」です。地域により12A・13Aという種類があるので、対応商品を確認しましょう。

■プロパンガス■
住宅敷地内にガスボンベがあり、ガス業者より請求が届いている場合は、「プロパンガス」です。

ガス給湯器の交換手順

1.古いガス給湯器を撤去する
2.水準器で垂直水平をチェックしながらに、新しいガス給湯器を取り付ける
3.給湯器に残っていた水を抜き取った後、新しい配管を繋ぐ
4.ガス配管の接続が終わったら、専用のチェッカーにてガス漏れが無いかのチェックを行う←重要
5.既存のリモコンを外し、台所リモコンを交換
6.既存のリモコンを外し、浴室リモコンを交換
7.新しく連結した配管に断熱材を巻く
8.排気のカバーを取付け、試運転をして動作確認を実施
9.給湯器の動作に問題がなければ、作業完了

image

交換工事の際は、リモコンの取り付け時に水準器を使ってきちんと垂直水平チェックしているか、壁に残っているコーキング(防水シリコン)や汚れを取り除いているか、断熱材は新しい物を使って巻いているか、なども確認しましょう。
きちんとした業者さんは掃除や取り付けもきちんと行います。

ガス給湯器設置には資格が必要です

ガス給湯器の設置は、機種によって異なりますが、下記のような資格を持つ有資格者でなければ行うことはできません。

ガス消費機器設置工事監督者ガス機器設置スペシャリスト
液化石油ガス設備士
石油機器技術管理士
給水装置工事主任技術者第二種電気工事士
ガス可とう管接続工事監督者簡易内管施工士など

これらの資格を持たない業者が設置して、設置基準通りに設置されていなければ、重大な事故に繋がりとても危険です。
きちんとした業者さんは、必ず資格保持者であることを提示して工事を行います。
業者を選ぶ際には、資格の有無をきちんと確認しましょう。

image

ガス給湯器交換費用を一括見積り!

image

ガス給湯器交換費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。