気が付かない間に進行しているかも?|雨漏りのチェックと応急処置

image

家の雨漏りは居室にまで水が浸透してくると発見しやすいですが、中には発見できずに放置し、家の内部構造を痛めてしまう場合もあります。
早めに見つけるためには、雨漏りの兆候を見逃さないことが大切です。
今回は雨漏りのチェック方法や、雨漏りを見つけた際の応急処置の方法などをまとめてみました。
雨漏りは早めに発見してすぐに対応するのが吉です。

屋根だけじゃない!こんなところからも雨漏りします

image

雨漏りというと屋根から水がしみているのだろうと想像する方が多いと思われます。
しかし雨漏りは実は屋根だけではなく他の箇所からも結構起こりやすいものなのです。
雨漏りの原因となる箇所をまとめてみました。

image

【雨漏りの原因となりやすい箇所】
・屋根、屋上
・軒、ひさし
・サッシ
・出窓
・換気扇、換気口、妻換気口
・化粧胴差(建物の1階と2階の間の外壁をぐるりと一周している帯状の建材)

このように雨漏りの原因は屋根の劣化だけとは限りません。
上記の箇所には、耐久性、耐水性の高い材料を使うようにしたいものです。

簡易チェック。雨漏りの兆候

image

はっきりと分かる症状が出ていなくても、目に見えないところで雨漏りが進行している場合があります。
雨漏りが発生している時に起こりやすい兆候をいくつかまとめてみました。


一括見積もりの使い方

家を修理したいけど、どこに頼めば…?
とりあえず家仲間に書き込んでみよう!匿名で記入できるから安心ね。

業者さんに伝わりやすい、現場写真や間取り図などのファイル添付も簡単です。

匿名で入力するだけで、業者さんから概算見積もりや提案が届きます。

かんたん 直接頼める業者さんへの匿名相談はこちらから

1.家の外をチェック

image

・屋根のスレートにヒビ
・屋根瓦の割れや剥がれ
・屋根瓦がずれている、曲がっている
・屋根のトタンの劣化
・軒天部分の劣化
・漆喰の劣化
・バルコニーにヒビ
・塗装が剥げてきている

2.家の中をチェック

image

・家の中から水の音がする
・天井や床などが湿っている
・染みが出来てどんどん大きくなっている
・天井や壁紙が浮かんだり波打ったりしている
・床の一部が膨らんでいる
・特定の部屋に結露が出やすい
・室内の革製品にカビが生えてきている
・押し入れの中に染み
・障子や襖が波打っている

気付かない間に雨漏りの被害が進行して建物の基礎部分がやられているということもあり得ます。
上記の兆候に気が付いたら自分で屋根をチェックしてみたり、専門家に雨漏りの診断を頼んでみると良いでしょう。

雨漏りの診断と費用目安

image

天井に染みが広がってきていて、どうも雨漏りをしているみたい…そんな時は雨漏りの診断を頼んでみると良いでしょう。
雨漏りの診断の費用は、0円~55,000円(一戸建て、雨漏りが3か所以内の場合)と幅があります。
これは診断だけを行うのか、修理も一緒にお願いするのかによる違いです。
0円の場合は、雨漏り箇所が見つかったら有料で修理をすることを見越して、診断料をサービスしている事が多いです。
その為診断を頼む前に、雨漏りが見つかった場合の修理はどこにお願いしたいのかを決めておくと良いでしょう。

image

【雨漏り診断で行うこと】
・ヒアリング
・目視確認
・散水調査
・赤外線調査 など

ヒビを見つけたら!?シーリングによる応急処置

image

雨漏りがするので、とりあえず応急処置をしたい、そんな時に初心者の方でもやりやすいのが、シーリング材、塗料を利用した応急処置です。
特定の箇所がひび割れているなど、雨漏りの原因箇所がはっきりと分かっている場合に有効です。
ひび割れなどの損傷部分をシーリング材で補填し、上から耐水性の塗料を塗ると水漏れを防ぎ補強することが出来ます。
特に見た目などが気にならない場合はシーリング材だけの補修のこともあります。

しかし、これはあくまでも応急処置などで長い耐久性などは期待せず早めに本格的な修理を検討した方が良いでしょう。

image

【屋根の補修用コーキング剤】

image

コニシ ボンド変成シリコンコークQ
¥840
色:グレー
無溶剤型主成分変成シリコーン樹脂塗装
カビの発生も少なく、速硬化型です。
耐水耐熱耐寒耐候性に優れています。

image

セメダイン 屋根シール
¥2,000
色:ダークグレー
各種屋根材のズレ防止・ひび割れ・雨漏れの充填・補修・防水シール。
塗装性も良く、抗菌・防カビ剤配合です。

瓦屋根の破損の応急処置

image

瓦屋根の破損にも応急処置で対応することが出来ます。
これは瓦の損傷が1~3枚と比較的軽度の場合です。
下記のページで方法をご紹介していますので、こちらも是非参考にしてみて下さい。

長期的にはきちんとした対応をしましょう

image

雨漏りの応急処置は急場をしのぐには最適ですが、長期的には本格的な修理をするようにした方が良いでしょう。
特に建材の耐用年数などが過ぎている場合は、全体的に耐水性が落ちてきていますので修理を検討することをお勧めします。
屋根と外壁の耐用年数をまとめてみましたので、修理計画の目安としてみて下さい。

●屋根の耐用年数

・粘土系瓦 約20年~30年
・スレート 約10年~15年
・金属系瓦 約20年~30年
・セメント瓦 約10年~20年

●外壁の耐用年数

・窯業系サイディング 約10年~20年
・金属系サイディング 約20年~30年
・レンガ・タイル壁 半永久
・塗り壁・吹きつけ壁 約8~10年

image

雨漏り診断・修理の無料見積もりが可能

image

雨漏り診断、修理をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、雨漏り診断、修理に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。