トタン屋根の修理方法3パターンと費用目安

トタン屋根

トタン屋根は安価で施工がしやすいことから、昔の住宅屋根にはよく使われてきました。
最近では新築でのトタン屋根は少なくなったものの、まだまだ既存のトタン屋根住宅や工場なども残っており修理のご要望が多いです。
今回は、トタン屋根の修理方法3パターンと費用目安について解説します。

トタン屋根にこんな症状が現れていませんか?

雨漏り

トタン屋根にこんな症状が現れていたら修理や葺き替えが必要です。

・雨漏り
・穴が開いている
・サビ
・塗装のはがれ
・色あせ

上記の症状の中でも最も早急に修理をしなくてはいけない症状は「雨漏り」と「穴開き」です。

屋根から雨漏りしていると室内に雨が入り込み、外壁や下地材の腐食につながっていずれ倒壊の危機が訪れます。

雨漏りや穴開きにつながる兆候として「サビ」「塗装のはがれ」「色あせ」という症状が起こります。

トタン屋根の修理方法

トタン屋根の修理方法には下記の3パターンがあります。

・塗り替え
・部分葺き替え
・葺き替え

足場

屋根修理には足場代が含まれますので、他の修理よりも高額になる場合が多いです。

足場が必要な他の工事と同時に施工することで、工事を同時に終わらせることができてお得になります。

1. 塗り替え

屋根の塗り替え

トタン屋根は屋根材を守るために表面に塗装を施していますが、経年と共に色褪せたりサビが発生した場合は、再度塗り替え修理を行います。

・トタン屋根の塗り替えにかかる費用目安:約30万円~(30坪の場合)

トタン屋根の塗装に使用される塗料には下記の3種類があります。

それぞれの費用目安と耐用年数を一覧にしてみました。

塗料費用目安(1坪あたり)耐用年数
アクリル約6,000円~約6年~8年
ウレタン約8,000円~約8年~10年
シリコン約10,000円~約10年~12年

トタン屋根の耐用年数は約15年、再塗装メンテナンスは約7年~10年ごとに必要になります。

新築時にはシリコン塗料が長持ちしておすすめですが、経年しているトタン屋根の再塗装は、近いうちに葺き替えのタイミングがやってくることを考えるとウレタン塗料やアクリル塗料でも良いでしょう。

塗料の特徴については下記記事をご参考になさってください。

1-1. 塗り替えの手順

トタン屋根の塗り替えを行う場合は、下記の手順で施工していきます。

1. 全体的にサビなどの劣化がないか確認します。

2. サビがある場合は研磨してサビを落とし、サビ止め材を先に塗布しておきます。

3. 修理が必要な部分は、コーキングや防水テープを張って先に修理をします。

4. 塗料を上から塗って完成です。

2. 部分葺き替え

部分葺き替えは、劣化が見られる部分だけ新しいトタンに葺き替える方法です。

・部分葺き替えにかかる費用目安:約1万円~6万円(1ヶ所あたり)

トタン屋根には下記の2種類の葺き方があります。

・トタン瓦棒タイプ
・波板タイプ

部分葺き替えが簡単なのは「トタン瓦棒タイプ」のトタン屋根です。

2-1. トタン瓦棒タイプの部分葺き替え

「トタン瓦棒タイプ」は、トタンを一枚ずつ瓦棒と呼ばれる心木にかみ合わせながら葺いていくため、部分的な葺き替えがしやすい造りになっています。

2-2. 波板タイプの部分葺き替え

「波板タイプ」のトタン屋根は一枚の面積が大きく、波部分を重ねながら葺いていくため、部分葺き替えをするには範囲が広くなります。

劣化している部分だけを切り抜くことも可能ですが、耐久性が落ちるためおすすめしません。

3. 葺き替え

屋根修理

葺き替えは、トタン屋根をすべて新しく葺いていく方法です。

屋根全体に劣化が見られる場合には全体的な葺き替えをしたほうが安心で、部分修理よりも手間がかかりません。

葺き替えには下記の2パターンがあります。

・カバー工法
・全面葺き替え

3-1. カバー工法

「カバー工法」は、既存のトタン屋根の上から新しい屋根材を重ねて葺いていく方法です。

カバー工法は既存のトタン屋根に下地材を造って、その上から新しい屋根材を葺き替えていきますが、「波板タイプ」のトタン屋根はその形状から上からの下地施工ができません。

「トタン瓦棒タイプ」のトタン屋根の場合はカバー工法で葺き替えできますが、カバー工法自体の耐久性が短いため、できるだけ全面葺き替えにしておくほうがあとあと安心です。

・トタン屋根のカバー工法にかかる費用目安:約70万円~(30坪の場合)

3-2. 全面葺き替え

足場工事

全面葺き替えは、既存の屋根材を撤去して下地を調整したあと、新しい屋根材を葺いていく方法です。

・トタン屋根の全面葺き替えにかかる費用目安:約50万円~(30坪の場合)

全面葺き替えには下記のメリットがあります。

・下地の状態を確認して劣化があれば修理をすることもできる
・トタン屋根以外の屋根材にも葺き替えられる

トタン屋根をカバー工法で葺き替える時は、見た目から劣化が激しい場合が多いのですが、カバー工法だと下地の状態まで確認することができません。

目で見てもサビや穴開き・塗装のはがれなどがある場合、下地にも何らかの劣化があると見て間違いありませんので、できれば全面葺き替えをして下地を確認したほうが安心です。

トタン屋根はガルバリウム鋼板に葺き替えるのがおすすめ!

職人

トタン屋根の葺き替えの際、新しい屋根材にはガルバリウム鋼板がおすすめです。

ガルバリウム鋼板はトタンよりも耐用年数が長く、約25年~30年は持つと言われています。

天候に左右される屋根材は約10年ごとに点検をして状態を確認しておく必要がありますが、サビにくいためトタン屋根ほど頻繁な修理はしなくて済みます。

ガルバリウム鋼板以外にも屋根材の種類はありますが、トタン屋根は基本的に勾配が低く設計されているため、他の屋根材では必要な勾配が足りないことがあります。

必要勾配を満たしていない屋根材を使用すると雨漏りリスクが高くなりますので、修理の際は、施工経験が豊富な屋根の専門業者さんに依頼しましょう。

image

トタン屋根の修理費用を一括見積り!

業者

トタン屋根の修理費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
屋根は素人には見えない部分ですので、丁寧にきちんと対応してくれる業者選びが重要です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、施工事例などの情報を公開している業者さんも多数います。
匿名・無料で見積もり依頼ができるので、複数見積もりをして費用などを比較検討してみてください。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。