フェンスの設置とメリット/採光性と風通しが良い人気のフェンス

image

道路や隣地境界線の間に柵や塀を設置したいけれど視界がさえぎられるのはいやだな…
こんなときにフェンスの設置はいかがでしょうか。
フェンスは柵や塀の役割を果たす一方、視界をあまり遮らないというメリットもあります。
デザインも色々あるのでおしゃれにすることもできますし、コストパフォーマンスの良いメッシュフェンスなどを利用すればお得に設置することもできますよ。

フェンスとは

image

フェンスとは金網などをはって作られた柵のことです。
住宅だけではなく公園やスポーツ広場など公共施設にも広く取り入れられています。
通常の柵や塀と違い視界を遮らず風通しも良いので、適度な開放感があります。

フェンスのメリット

フェンスを設置するメリットには何があるでしょうか。
まとめてみました。

道路や隣地との境界線を明確にする

image

自分の敷地の境界線を明確にすることができます。
境界線にフェンスがあると人や犬猫などの動物が無断で敷地内に入ることを妨げてくれます。

防犯効果

敷地内への無断侵入を防ぐので防犯の効果があります。
高さのあるフェンスを利用すると更に効果が上がります。

外構やエクステリアのアクセント

image

フェンスにもいろいろなデザインがあるので、外構やエクステリアのアクセントになります。
例えばアイアンフェンスなどを利用すると、洋風のおしゃれな外観にすることができます。

日光を妨げない

フェンスの場合は日光を妨げることがないのでガーデニングなど草花の育成に効果的です。
特にメッシュタイプなどはその効果が高いといえるでしょう。

適度な目隠し効果

image

フェンスの密度が高いもの(ルーバータイプなど)を選ぶと目隠し効果が得られて、プライバシーを守ることができます。
しかし高い目隠し効果のあるものは閉塞感を感じることもあるので比較して選ぶと良いでしょう。

風通しが良い

風が抜けるので風通しが良いです。
隙間が少ないタイプを選ぶと視線を遮りつつ風通しを確保することができます。

フェンスの素材の種類

image

ベースの素材にはいくつか種類があり素材の種類によって雰囲気や味わいが異なってきます。
お家やお庭の雰囲気にあったペースを選んでいきましょう。

木材

image

木材のフェンスは温かみのある雰囲気です。
ガーデニングのアクセントとして利用したり、ウッドデッキと合わせて利用されるケースも多いです。
木材ですが硬く腐食に強いタイプもあります。
主に利用される木材はパイン、レッドシダー、チーク材、バンブー、ウリンなどがあります。

樹脂

image

耐久性があり木材よりもメンテナンスは楽です。
木粉を混ぜることでウッドフェンスのような見た目のものもあります。

アルミ

image

アルミはシンプルでシャープな印象を与えます。
開放感のあるメッシュタイプのものや、目隠し性の高いルーバータイプのものもあります。
軽く耐久性に優れた素材です。

アイアン

image

アイアンフェンスは鉄を原料としています。
重量感のある印象を与えます。
デザインも豊富にあり外構やエクステリアに洋風のおしゃれな雰囲気を与えます。

スチール

image

スチールはメッシュフェンスなどに多く用いられている素材です。
加工性がよく軽量で値段も安いので選ばれることが多いです。

ステンレス

image

名前の通りサビや腐食に強いセンスです。
ステンレスは加工性が良いのでいろいろなデザインのフェンスがあります。

プラスチック

image

腐食に強い素材です。
破損しやすいので強度は少し劣ります。
色鮮やかなものや、ウッド調に加工されたものもあります。

フェンスの高さの目安

image

完全に視線を遮りたいと考えるなら、大人の目線から視線を被せる高さは180から200センチ前後です。
しかしあまりフェンスの高さがあると、家の中から見ても圧迫感を感じることがあります。
見た目のバランスの良さも考えて高さを考えましょう。
もし迷うようであれば、専門業者に相談するのも良いでしょう。

設置の費用目安

image

フェンス本体の費用は長さで決まってきます。
そのためまずはフェンスを設置する場所の長さを測ってみましょう。
家の周囲にフェンスを張り巡らす場合はその周囲の長さを計測します。
フェンスはメートルあたりの値段で表示されているので測った長さにメートルあたりの値段をかけると費用が算出されます。
フェンス1メートル当たりの単価は3,000円から7,000円ほどが一般的です。

またフェンス工事の場合はフェンスの施工費、フェンスを固定するための基礎工事費用などもかかってきます。

・フェンス本体:3,000から7,000円/m
・基礎工事:1つの支柱あたり3,000円から5,000円
・人件費、施工費

通販で人気のフェンス

DIYに興味のある方だったら、自分でフェンスを購入して設置するという方法もあります。
フェンスの実費だけで済むので節約にもなりますね。
楽天で人気のフェンスを集めてみました。

image

プランター付きフェンス
15,200円
フェンスを木製プランターに差し込むだけで、簡単に設置が出来ます。
ふたを付けて収納ボックスやベンチにも活用できます。

image

樹脂フェンス【コンフォートパネル/高さ180cm幅90cm板間隔1cm】
14,348円
樹脂を利用して作られているので、メンテナンスが楽ちんです。
木目調の自然な風合いの見た目です。

image

天然木製 ボーダーフェンス
4,300円
完成した状態のフェンスが届くので、DIY初心者の方でも手軽に設置が可能。
お庭のサイズに合わせて、高さ、長さを細かく調整できます。

image

フェンス設置の無料見積もりが可能

image

フェンス設置をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、フェンス設置に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。