クローゼットリフォームの費用はいくら?

使いやすいクローゼットにリフォームしましょう

image

衣類などを収納するためにとても役立つクローゼットですが、使い勝手が悪かったり、カビが発生してしまったり・・・と悩む方も少なくありません。
クローゼットを使いやすくリフォームして、もっと快適に収納できるようにしましょう。

クローゼットリフォームの内容と費用

クローゼットハンガーパイプ取り付けリフォーム

image

クローゼットには、洋服を掛けるためのハンガーパイプ取り付けリフォームを行うと便利です。
ハンガーパイプに洋服を掛ければクローゼット内上部の空間を有効に使うことができ、また洋服も皺にならずに収納することができます。

クローゼット内に突っ張りポールなどでハンガーパイプ代わりに利用する人もいますが、突っ張りポールの場合洋服の重みに耐えられず落下してしまったり、突っ張る力によってクローゼット内の壁に穴が空いてしまう場合もあります。
ハンガーパイプ取り付けリフォームを行えば、落下などの心配もなく快適に上部空間を利用できます。

クローゼット内ハンガーパイプ取り付けリフォーム費用
                     ・・・2万円〜3万円程度/1箇所

image

クローゼット内枕棚・中段取り付けリフォーム

image

クローゼット内の空間を有効活用するために、棚や中段の取り付けリフォームをしましょう。
枕棚や中段の取り付けによってクローゼット内の空間を分割することで収納力は大幅にアップし使い勝手もよくなります。
ハンガーパイプ取り付けリフォームと同時に行うと、工事費が安くなる場合もあります。

クローゼット内枕棚・中段取り付けリフォーム費用
                   ・・・3万円〜5万円程度/1箇所

image

押入れからクローゼットへのリフォーム

image

押入れは基本的に、布団などの寝具を入れておくための収納スペースです。
現在ではベッドでの生活をしている人が多く、布団を入れるための押入れよりも衣類を入れるためのクローゼットの方が使い勝手がよいためクローゼットへのリフォームを行う人が増えています。

押入れからクローゼットへのリフォームの場合、天袋部分や中段部分、柱などを解体してひとつの空間にします。
その後、内部の壁をクロス張りなどにリフォームした後、必要に応じてクローゼット用の棚やハンガーパイプを取り付けます。
扉も押入れ用のふすまからクローゼット用のドアにリフォームします。

押入れからクローゼットへのリフォーム費用
                  ・・・11万円〜20万円程度

クローゼットの湿気対策は大丈夫ですか?

クローゼットは、物を詰め込み空気の流れが悪いことから湿気がこもりやすく、カビが生えやすい場所です。
除湿剤を置いてもどうしてもカビくさくなってしまったり、実際にカビが生えてしまったりという人は多いのではないでしょうか?

クローゼット内に、エコカラットなどの調湿建材を張るリフォームをするとクローゼットの湿度を調整してくれて、カビの発生を防ぐことができます。

エコカラットとは?

エコカラットは、粘土鉱物などを焼成したデザインタイルです。
湿気が多いときには吸い、少ないときには吐き出してくれるのでベストな湿度を保つことができます。
ニオイの吸着力にも優れているので、クローゼット内にこもりがちな嫌なにおいも軽減してくれます。

image

エコカラットは珪藻土の5倍近くもの調湿性があるため、クローゼット内のカビをしっかり防ぎます。

imageクローゼット内をエコカラットでリフォームした事例

クローゼット湿気対策リフォーム費用
                ・・・3万円〜10万円程度

クローゼット新設リフォームで収納を快適に

収納が少なくて困っているという場合、クローゼット新設リフォームをすることも可能です。
せっかくのクローゼット新設リフォームなら、使い勝手の良いクローゼットを知った上でしっかりと計画を立てましょう。

使い勝手の良いクローゼットとは?

クローゼットの使い勝手は、ドアで決まると言っても過言ではありません。
どの部屋にクローゼット新設リフォームを行うのか、中に何を収納するのかなど、生活スタイルによってドアを選ぶことが大切です。

折れ戸

折れ戸は内部を見渡しやすいため、物を取り出しやすく使い勝手が良いです。
折れ戸の場合、フルオープンできるものを選ぶとよいでしょう。
また、開閉がスムーズであることもストレスなく使用するためにはとても大切です。

フルオープンのクローゼット用折れ戸

image

テクノスチール / ユニオン
参考価格 212,000円

image

レセンテ / Panasonic
参考価格 76,440円

引き戸

寝室にクローゼット新設リフォームを行う場合、ベッドに扉がぶつからないようにすることが大切です。
寝室のクローゼットは引き戸にすると、狭いスペースでも開閉がしやすいためおすすめです。

開き戸

内部を見渡しやすい折れ戸や狭いスペースでも開閉できる引き戸と比べ、開き戸は特別なメリットがありません。
どうしても開き戸にしたい理由が無ければ、折れ戸か引き戸にしたほうが使い勝手が良いでしょう。

クローゼット新設リフォーム、壁面かウォークインか

クローゼット新設リフォームで迷うのが、壁面クローゼットかウォークインクローゼットかということです。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、生活スタイルに応じて選択しましょう。

壁面クローゼット

image

壁面クローゼットのメリット
狭いスペースでも新設できる
洋服をたくさん吊るせる(平均42着/m2)

壁面クローゼットのデメリット
床面積が狭いのでスーツケースなど大型のものを収納しづらい

image

ウォークインクローゼット

image

ウォークインクローゼットのメリット
スーツケースなど大型のものを収納しやすい
スペースが広いので片づけがしやすい

ウォークインクローゼットのデメリット
壁面クローゼットに比べて吊るせる洋服が少ない(平均30着/m2)
歩くスペースが必要なので、新設すると部屋が狭くなる

※クローゼット新設リフォーム費用は?

クローゼット新設リフォーム費用は、壁面クローゼットの方がウォークインクローゼットよりも多少安い場合が多いです。

壁面クローゼット新設リフォーム費用
               ・・・10万円〜48万円程度
ウォークインクローゼット新設リフォーム費用
              
・・・18万円〜50万円程度

クローゼットリフォームをお得に行うコツは?

クローゼットリフォームは、リフォームプランやクローゼットのサイズなどによって費用が変わりますが、同じ工事を行うにも業者によって工事費の設定は違います。
また、クローゼットドアなどの割引率も業者ごとに違います。
そのため、複数の業者から見積もりをだしてもらい比較検討を行うことが大切です。

現在のクローゼットの状況やどのようにリフォームをしたいのかを業者に相談し、プロ視点からのアドバイスをもらうことも、ベストなクローゼットリフォームを行うためにとても有益です。
複数の業者からの見積もりや提案を聞きながら、クローゼットリフォームの計画を煮詰めていきましょう。

image

しかし、複数の業者さんを探して見積もり依頼するのは意外と大変ですね。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
ご検討中のクローゼットリフォームの概要をサイト上に記載するだけで、業者さんからの見積もりや提案が届きます。
匿名で利用できるので、しつこい営業をされる心配もありません。

image

image

完全無料ですので、お気軽にご利用ください。
家仲間コムではクローゼットリフォームの価格相場や、クローゼットリフォームの施工事例も公開中ですのであわせてご参考にしてみてください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。