押入れリフォームの様々なバリエーションをご紹介!

押入れリフォームの代表例といえば、クローゼットへのリフォームが多いと思いますが、それ以外にも、書棚にしたり、勉強スペースにしたり、大きな押入れであれば、ウォークインクローゼットにリフォームすることも可能です。今回は押入れリフォームの様々なバリエーションをご紹介します。

まずは、押入れをクローゼットにリフォーム!

押入れリフォームの断トツ一番人気は、クローゼットへのリフォームです。コートなど丈の長い衣類やスーツなどの収納もしやすく、シワになりにくいことから、クローゼットへのリフォームを希望される方が多いです。

image

1.スタンダードなパイプハンガー取り付けパターン
押入れをクローゼットにリフォームする際の最もスタンダードなパターンは、クローゼット内上部にパイプハンガーを取り付けて衣類をかけられるようにするだけのものがあります。押入れの中段の板を取り外し、壁紙を貼って、パイプハンガーを取り付けるだけなので、施工も簡単です。

■費用目安:”8万円~20万円”

image

2.棚や仕切りを追加するパターン
クローゼットをより使いやすくするために、棚や仕切りを追加するパターンもあります。例えば、中央で仕切って、右は丈の長い衣類をかけるハンガーを取り付け、左は、棚で仕切ってたたんだ衣類や小物を収納を収納することができるようになります。収納方法が決まっている人は、このパターンでリフォームをすると整理整頓がしやすくなりますね。
スライド棚を取り付けると、ちょっとした作業スペースも確保することができます。

■費用目安:”12万円~32万円”

3.ウォークインクローゼットにするパターン
ウォークインクローゼットとは、人が中に入れるほどのスペースがある収納部屋のことを言います。衣類だけでなく身の回りの小物、アクセサリー類などもまとめて収納できる広いスペースがあるので、憧れていらっしゃる方も多いでしょう。

image

ウォークインクローゼットにリフォームするためには、元の押入れが広い場合か、押入れ+部屋の一部をウォークインクローゼットとして使うことができる場合に施工が可能です。平均的な押入れの広さは約1畳で、ウォークインクローゼットは約3畳ほど必要になります。
■費用目安:”20万円~50万円”

押入れを書棚にリフォーム!

image

本が好きな方は、押入れを書棚にしてしまうというパターンもあります。本の高さに合った棚を造り付けたり、またはスライド棚を取り付けて、収納容量を増やすという手もあります。本は何冊もあると重量があるので、棚の耐荷重量を確認して、重さに耐えられるように注意しましょう。
書棚にするための広さの目安は、240冊程度のハードカバーの本で、おおよそ横幅0.8m×高さ1.8m程度が必要です。

書棚と同時に、ミニデスクを造ってもよいですね。折り畳みできる壁面デスクや、折りたためる椅子の設置をすると、押入れのスペースでも十分、書棚とデスクを造ることができます。
■費用目安:”8万円~20万円”+α
(収納する本の数や、その他増設するものによって大きく変わります)

押入れを子供部屋にリフォーム!

なぜか子供は、押入れのような狭い空間が大好き。筆者も小さい頃、押入れの荷物を全部引っ張り出してテントを作って遊んでいたことがあります。もちろん怒られました・・・。
上段はベッド兼秘密の隠れ家、下段には子供の衣類などを収納するスペースにすれば、背の小さな子供でも自分でお片付けが出来ます。

image

子供部屋にリフォームする場合は、危険防止のためにいくつか注意点があります。いくら子供の体重が軽いといっても、中板には強度を補強しておくことが大切です。15mm以上の厚さを確保すると安全性が高まります。

上段へ上がるためのはしごの設置落下防止の柵を作っておくと安心ですね。壁紙や中板、下段の板には、クッション効果のあるコルクボードを使ったり、落書きをしても良いように黒板タイプのものを使ってあげると、子供の楽しめる空間が広がります。
■費用目安:”8万円~20万円”+α
(どのような子供部屋にリフォームするかによって大きく変わります)

押入れを作業スペースにリフォーム!

最近でネットオークションなどで、手作りアクセサリーや雑貨を販売している方も増えています。そういった方は押入れを作業スペースにしてはいかがでしょうか?手の届く範囲に道具や材料が収納できますし、作業をしたい時は扉やカーテンなどで隠すことも出来るので、ごちゃごちゃした作業の途中を見せずに済みます。

■費用目安:”8万円~20万円”+α
(作業する内容によってどのような造りにするのかによって大きく変わります)

image

押し入れを前後に分割して二つの用途に!

こちらも広い押し入れと、押し入れの背面側に壁があるようなスペースがあることが前提ですが、押し入れ全面を例えば書棚、背面側は廊下や部屋などの側から利用できるようにリフォームするパターンです。
押し入れは奥行きが約90cmが標準なので、クローゼットとして使う場合、その奥行きを半分に分割することが可能なのです。
押し入れ背面の壁を壊すなと、少し大がかりな施工になりますので費用は高めになります。

■費用目安:”20万円~50万円”

image

まとめ

押入れリフォームの様々なバリエーションをご紹介しましたが、収納の域にとらわれず、自由な発想で押入れリフォームを考えてみるのも楽しいですね。1畳ほどあれば、収納以外にも十分他の用途としても利用できる広さがあると思います。

image

建具修理・補修リフォーム業者を一括見積り!

image

建具修理・補修リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。