手すり取り付け工事・設置についての基礎知識と価格相場をご紹介

image

来る日のために、住んでいる家にバリアフリー工事を施す方は少なくはありません。段差があったり、ドアが開き戸であるなど、家の中には若いうちには気づかなくても、高齢者になると暮らしにくいと思ってしまう箇所がたくさんあるのです。

ここでは、そんなバリアフリー工事の中でも、手すりの取り付け工事・設置について、知っておきたい基礎知識や工事にかかる費用の価格相場などご紹介していきたいと思います。階段や浴室など、家の中には手すりをつけるべき場所がたくさんあります。早速ご紹介していきましょう。

手すりの取り付け工事・設置の必要性とは

バリアフリー工事の一環として、手すりを取り付けるという話はよく耳にする方も多いかと思いますが、まずはその実際の必要性についてご紹介しましょう。

image

例えば手すりの設置場所として、廊下階段を挙げる方は少なくはないかと思います。廊下はともかく、階段は足腰が悪くなってしまうと上り下りがつらいものとなっていきます。しかし階段を使用しなければ、上の階へはいけませんし、家の作りを見なおしてリフォームするとなると高額な費用がかかってしまうことにもなります。

そのような時に役立つのが手すりの設置工事です。手すりがあるかないかで、階段の上り下りの負担は減りますし、転倒などの危険性も減ります。例えば浴室などは、事故が起こりやすい場所でもあるため、しっかりと手すりを設置しておく必要があります。

また、転倒などの事故防止以外にも、手すりを設置することのメリットはあります。高齢になると、どうしてもトイレや浴室などの狭い場所での立ち回りが困難になり、それまでは使い慣れていた場所でも使いづらくなってしまうのです。特にトイレや浴室は、狭いうえに複雑な動作が求められる場所でもありますので、立ち回りができないと使用も難しくなります。

そういった動作の手助けとなるのが、手すりです。手すりがあるだけで、普段の立ち回りが楽になり、日常生活で暮らしやすくもなります。

手すり設置工事・取り付けにおいて知っておきたい基礎知識をご紹介

image

高齢者がいらっしゃるご家庭では、手すりの設置・取り付けが必要となることが多くみられますが、手すりは手あたり次第にどこにでも設置すれば良いというわけではありません。手すり設置・取り付けの際は、知っておくべき基礎知識があります。ここでは、手すりの位置についてご紹介しましょう。

・設置場所ごとに違う?手すりの位置を調整しよう

ご家庭皆さんが同じ身長ではないのと同じく、人によって使いやすい手すりの位置は異なります。また、手すりの設置位置は取り付ける場所によっても多少違っていきますので、注意が必要なのです。場所ごとにご紹介していきましょう。

1.廊下に手すりを設置する場合

まずは、歩く際に体を支える必要のある廊下についてですが、手すりの位置としては腕青まっすぐ下した際の手首の位置が適切とされています。もしくは、大腿骨大転子と呼ばれる、股関節の横当たりの骨の位置に合わせても良いといわれています。この位置は、もちろんその人の身体機能や伸長によっても変動してきますが、大体は70cm~80cmが目安となります。

image

2.階段に手すりを設置する場合

階段は、段差によって自分の位置も変わってきますので、段差に合わせて設置位置を決める必要があります。そもそも階段には、角となっている部分である「段鼻」と私たちが踏む場所である「踏面」という部分があります。階段の斜めの場所に手すりを設置する際は、垂直に設置するわけにもいかないので、段鼻と踏面からで位置を変える必要があるのです。例えば段鼻では75cmの位置に手すりを設置したい場合は、踏面からは80cmにする必要があります。こうすることで段差と手すりの位置を一定に保つことができるのです。

また、階段に手すりを設置する場合は、特に慎重に位置を確認する必要があります。例えば手すりを高く設置しすぎてしまうと、背中が丸まってしまったいる高齢者の方は特にのけぞりながら階段を上ることになりますので、後方に転倒する恐れがあります。日常生活で不便なだけでなく、危うく事故にもなりかねないことですので、注意しましょう。

3.トイレに手すりを設置する場合

トイレは、動作の立ち回りをスムーズにするために手すりの設置が必要な場所でもあります。また、他の場所と違ってトイレに手すりを設置する場合は、便器に座った状態から立ち上がる動作の際に必要となる手すりの位置を確認する必要があります。

image

トイレでは、横に縦やL字の手すりを設置するならば座面から20cm~30cmほどの高さに、正面に横の手すりを設置するならば40cmほどスペースを開けて設置する必要があります。ちなみに縦やL字の手すりを設置する場合は、便器から手すりがある程度遠いことでスムーズに立ち上がることができます。反対に近すぎてしまうと、立ち上がる際に力が必要となってしまうので、注意しましょう。

・浴室に必要な手すりはたくさん?

次に、浴室についてですが、高齢者による事故もおきやすい場所ですので、手すりを設置したいというご家庭も多いかと思います。また、浴室は狭い場所ですが、床が滑りやすいこともありますので、複数の手すりの設置が必要となります。例えば出入口や洗い場の立ち座り用に縦の手すりを設置したり、洗い場の移動や浴室内の立ち座り用に横の手すりなど、状況に応じて様々な手すりを設置する必要があるのです。

手すり取り付け工事・設置にかかる費用の価格相場とは

image

最後に、手すりの取り付け工事・設置を業者の方に依頼した場合の費用の価格相場をご紹介しましょう。手すりの取り付け工事や設置は、手すりの数や設置場所によっても価格は変動しますが、価格相場は約4~6万円となっています。また、手すりを設置したい場所の状態でも、費用は変わってきますので、まずは業者の方に見積もりを依頼してみてください。

まとめ

いかがでしたか?住み慣れた家をより住みやすくするために、バリアフリー工事は必要なります。その中でも、手すりの取り付け工事はご自身での施工も可能な工事でもありますので、できるうちに検討しておくことをお勧めします。ぜひ参考にしてみてください。

手すり取り付け工事・設置をお得に行うには?

image

手すり取り付け工事・設置を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に手すり取り付け工事・設置の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。