バリアフリーリフォーム/トイレの手すりを設置して自力で動ける工夫をする!

image

高齢化社会と言われている現在の日本。
約20年後には、人口の3人に1人が高齢者になると言われています。
もはや他人事ではない高齢化社会ですが、人としての尊厳を守るため、また筋力を衰えさせないためにも、出来るだけ自力で動けるような配慮をしたバリアフリー住宅について考えてみましょう。
今回は、トイレの手すりを設置して自力で動ける工夫をするバリアフリーリフォームについて調べてみました。

<バリアフリーリフォームとは>

『バリアフリー』とは、直訳すると「障害・障壁のない」という意味で、高齢者や身体障害者が不便を感じず生活できるようにするため、障壁となるものを取り除き生活しやすくするという意味を指しています。
特にトイレは、立ったり座ったりする動作が多く、また、滑りやすい狭い、など高齢者や身体障害者にとって、とても苦労する空間でもあります。
トイレの手すりを設置して自力で動ける工夫をすることで、1人での排便が出来るようになる方も多くいます。

<トイレでの転倒防止策>

高齢者施設168社に行ったアンケートによると、トイレの転倒防止策として有効な設備として、手すりの設置に関する内容が多いことがわかります。(複数回答含む)

image

歩行が困難になっても、手すりがあれば、つかまって立ち上がったり、伝え歩きをして自分で用が足せる高齢者も多くいます。
体を動かさなくなると、筋力が低下して寝たきりになってしまうこともありますので、筋力維持のためにも、トイレの手すりを設置して自力で動ける工夫をすることが大切です。

<手すりの種類>

一般的に手すりの種類としてはI型、L型、跳ね上げ手すり、前方アームレストなどの種類があります。

image

I型 約"2,000円~"
床面に対して垂直に設置するタイプの手すり。
立ち止まってドアを開け閉めしたり、比較的大きな段差を超えるときなど、主に姿勢安定の目的として使われる。

image

L型 約"3,370円~"
水平手すりと縦型手すりがひとつになったタイプ。
「立ち上がり動作」を行うところでよく使われる。
しっかり握って使うので、握りやすいもの滑りにくいもの、冷たくならない材質を選ぶこと。

image

跳ね上げ手すり 約"33,000円~"
便器脇に取り付けるタイプの手すり。
アームが可動するのでスムーズな移動が出来る。
車椅子で利用する際は、前方、斜前方、斜後方よりアプローチが可能。
介助時のスペース確保に便利。

image

前方アームレスト 約"41,000円~"
トイレでの前方姿勢をサポートするアームレスト。
使わない時ははね上げて壁側にたためるので、
排泄時の姿勢が安定する。

image

波型手すり 約"13,000円~"
くねくね波型に曲がった手すり。
立ち上がったり、身体を引き寄せたり、踏ん張ったりする時、その人の握りやすい角度を選べるようにするため、波型になっている。

<トイレの手すりの位置の決め方>

image

【位置】
たて手すり部分
便器の先端から200~300ミリ程度前方
横手すり部分
便座より230~300ミリ程度上
立ち上がった姿勢で体の前方に手すりがくるような位置に取り付ける。

◎体の重心移動を利用して立てるので、便器から手すりが遠くなるほど立ちやすい。

×便器に近すぎる
腕力が必要になるため手すりの効果が発揮できない。
立ち上がった際に手が後ろになり無理な姿勢になり、肩に負担が掛かる。

【高さ】
×便座からの距離が230ミリよりも低い(座った状態で膝よりも下)
紙巻器が使いにくくなる場合がある。
×手すりの上
紙巻器が邪魔になり肝心の手すりが使えない部分が出てくる。

image

<トイレの手すりの位置を決める際の注意点>

利用者不在で決めない

入院中の場合は、出来るだけ退院後か、いったん外出許可をもらうなどをして、利用者本人が確認できるよう配慮しましょう。

見本の手すりを使って確認

見積り訪問の際は、見本の手すりを使って位置を確認しましょう。

image

【身体障がい、難病の方の手すり】
利用者によって使いやすい位置・高さはさまざまなので、利用者にはもちろん、病院や理学療法士、作業療法士など専門の人たちにも相談しながら決めましょう。

体のバランスを崩しやすい方は、通常よりも高めが使いやすくなります。
段差がある場所や、方向転換する場所で、たて手すりを高い位置でつかんで、体を引き上げたり支えたりする動作が多くなります。

横手すりは、おへそぐらいの高めの位置で持つ方が安定します。
両側に取り付けるか、後ろ向きで下りるなどの工夫が必要です。

<トイレの手すりの取り付け方法>

image

1.工具を用意する
・電動ドライバー
・棒にあける下穴用キリ
 (2.5mm程度)
・のこぎり(刃の細かいもの)
・メジャー
・手すり材料(棒と金具)
・下地探し器具
  (石こうボード壁の場合)

2.手すりの取り付け位置を決める
上記の手すりの位置の決め方参照

3.柱の位置を探す
手すりは柱、間柱に取り付けます。(12ミリ厚以上の合板でもOK)

image

【石こうボード】
住宅で最も多い壁が石こうボードです。
本柱の間に455ミリ間隔で間柱があります。

石こうボードの柱を探すには、以下の4つの方法があります。

image

A: 間柱のありそうな所を叩いて音で判断
B:壁裏センサーで判断
C:下地探しの道具を使う
D:スイッチボックスを外して、メジャーを入れる

4.取り付け金具を仮どめ
5.手すりの長さ分の距離を測る

6.もう片方の
取り付け金具を仮どめ
7.
棒を固定
8.取り付け金具を本止めして完成

***
トイレの手すりの取り付けはDIYでも可能ですが、体重を支える手すりは、下地が頑丈であるか、または補強をして、体重を支えられるほどの強度が必要になります。
素人工事で強度の弱い手すりを取り付けてしまった場合、手すりが取れたり折れるなどの二次災害も起こりえます。

やはり、専門の業者に取り付けてもらうほうが安全の面からも安心です。

<トイレの手すりの取り付けの費用相場>

トイレの手すりの取り付けを業者に依頼する場合の費用相場は、工賃+交通費などの諸経費でおおよそ"8,000円~"となっています。
下地の補強や、取り付け材料が追加になる場合は費用も別途発生します。

<介護保険を使ってお得にバリアフリーリフォーム>

介護が必要となった場合のバリアフリー工事は、介護保険により一生涯で20万円まで、その費用の9割が支給されます。要件など詳しくは事前にケアマネージャーに確認しましょう。<参照:介護保険における住宅改修

image

■介護保険が利用できる住宅改修の内容■
1.手すりの取り付け
2.段差の解消
3.床材の変更
4.開き戸から引き戸に変更
5.和式から洋式便器への取り換え

各自治体によって異なるため、お住まいの自治体に確認しましょう。

image

バリアフリーリフォーム業者を一括見積り!

image

バリアフリーリフォーム業者を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。