介護手すりリフォーム費用が1割負担で済む理由とは?

 介護手すりリフォーム費用が1割負担で済む理由とは?

介護が必要な方にとって、ご自宅に手すりがあると歩行の手助けになり安心して移動が出来ます。今や高齢化社会に必須の住宅設備といっても過言ではない手すりを補助金を使ってお得に設置しましょう。この記事で詳細を説明していきますが、まずはこの記事で紹介している内容の結論を簡単に記載します。

匿名・無料の一括見積もり

POINT この記事のポイント

・介護手すりリフォームが必要な場所は、玄関・トイレ・浴室・階段などで、それぞれにかかる費用目安は4万円~6万円が相場
・介護手すりリフォームは、介護保険の適用で上限20万円までリフォーム費用の9割が支給される

介護手すりリフォームが必要な場所

 介護手すりリフォームが必要な場所

ご自宅内で介護手すりリフォームが必要な場所は主に上記の場所が挙げられます。上記以外にも、家事を行う方にはキッチンに手すりがあると安心ですし、夜中にトイレで起きることの多い方には寝室にも手すりがあると安心です。では、場所別に手すりの取り付け位置や種類などを見てみましょう。

玄関

 画像提供:L字型手すり|Panasonic 画像提供:L字型手すり|Panasonic


出典:画像提供:L字型手すり|Panasonic
希望小売価格:9,700円

玄関には中と外の両方に手すりを設置すると安心です。玄関の外は、玄関スロープや階段などの形に合わせることの出来る玄関専用手すりが販売されています。伝って歩行できるので安心です。家に入ってからは、手すりをつかんで昇降できる「L時型手すり」がおすすめです。

廊下

 廊下に設置された手すり

廊下が長いご家庭では、水平移動の際に体を支えられる手すりがあると安心です。

関連記事:家庭内での思わぬ事故を防ぐ!廊下に手すりを取り付ける際のリフォーム費用や選ぶポイントは?

階段

 階段の手すり

要介護者でも自力歩行が可能な方は、階段の昇り降りができるように工夫をしてあげると筋力アップのためにも良いですね。階段に沿うような手すりを設置することで転倒防止にもつながります。

家仲間コムでの過去の施工事例

関連記事:【介護リフォーム】手すりの取り付けで階段の上り下りも安心

木造二階建てにお住まいの方よりご依頼いただいた施工事例です。写真を見ると急な階段であることが分かりますね。下地の強度を高め、しっかりとした手すりを設置したことで降りる時の不安が解消されたとご依頼主様にも喜んでいただけました。

施工価格:3.5万円

トイレ



出典:TOTOインテリアバーLタイプ|ファーストリフォーム

トイレは狭い空間で立ち座りの動作があり、体が不自由な要介護者にとっても介護者にとっても苦労する場所です。車椅子を使用されている方は、車椅子から便座への移動は体重を腕だけで支えなければいけないので大きな負担がかかります。出来ればトイレの両サイドに手すりがあると安全で移動も楽に行えます。手すりの種類は、車椅子利用の有無にかかわらず「L字型手すり」がおすすめです。

関連記事:バリアフリーリフォーム/トイレの手すりを設置して自力で動ける工夫をする!

浴室に設置する手すりで注意しなければいけない点は、滑りにくい素材を選ぶことです。手すりだけでなく床も滑りにくい素材にリフォームして安全性を高めることが大切です。洗い場の壁とバスタブ横の壁の2ヵ所に手すりを設置すると、より安心して入浴することが出来ます。

関連記事:高齢者が安心するお風呂リフォーム/3つの安全性

監修者コメント
監修者画像

手すりの設置場所は、プロにも相談しよう

上記の設置場所は目安として考えるといいですね。実際に取り付ける際には、手すりの高さや必要な場所は、使う人の体格や疾患などの状況によって異なってきます。また、設置にはもともとある柱などに固定できる場合もあれば、壁を剥がして新たに下地を入れなければならない場合もあります。
ケアマネージャーさんや工事業者さん、そしてご自身の身体状況などを話し合いながら、ベストな設置場所を考えていきたいですね。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

介護手すりリフォームの費用目安は?

介護手すりリフォームが必要な場所は少なくとも5ヶ所あり、それぞれにかかる費用目安は4万円~6万円です。下地の強度や取り付け場所の数・手すりの素材によっても費用は変わってきますが、実は介護手すりリフォームの自己負担費用が1割で済む場合があるんです。

介護手すりリフォームに使える制度

 介護リフォームの補助金の支給条件

1.介護保険制度

介護手すりリフォームは、介護保険の適用で上限20万円までリフォーム費用の9割が支給されます。つまり、介護手すりリフォームの総額が10万円だった場合は、自己負担額は1万円で済むことになります。ただし、補助金の支給には上記の条件を満たす必要があります。
給付を受けるには以下の条件があります。

①要介護認定で「要支援」または「要介護」であるか
②リフォームする住宅に本人が居住していること。被保険者証の住所と同一であること
③入院や施設入居などで、利用写が自宅を離れていないか
④利用者が上限額まで支給を受けていないか

2.長期優良住宅化リフォーム推進事業

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は既存住宅の長寿命化や省エネ化等に資する性能向上リフォームや子育て世帯は子育てしやすい住宅への性能向上を行うリフォームを支援する事業です。
補助対象リフォーム工事費等の合計の1/3の額が補助される制度となっています。
しかし、今回のケースで補助金制度の対象となるのが、「三世代同居対応改修工事」の場合のみとなります。また、必須工事箇所があったり、特定の性能を一定の基準までクリアしなければなかったり認定基準が細かいので、その点は注意が必要です。以下の認定制度パンフレットをご覧ください。
長期優良住宅認定制度の概要について[増築・改築版] (hyoukakyoukai.or.jp)

最新のリフォーム補助金一覧を掲載している記事もございます。こちらも是非ご参考にされてみてください。
【2024年最新】リフォーム補助金の全て。実は火災保険が利用できるケースも

監修者コメント
監修者画像

「介護保険を利用したい」と最初に伝えよう

あればと便利で安全な手すりですが、介護保険を利用して1割の負担で設置できるなら、こんなにありがたいことはありませんね。
要支援、または要介護の認定を受けられている方は、まずはこの介護保険が使えるかどうか、役所の窓口に確認されてみてください。もし使えるということであれば、必ず工事を依頼する際に最初に伝えましょう。介護保険の申請をする前に着工してしまうと、保険が使えなくなってしまう場合もあります。
申請には日数もかかりますので、早め早めに動きたいですね。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

介護手すりリフォーム業者を一括見積り!

介護手すりリフォーム業者を依頼する際は一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。補助金で支給される上限額は決まっていますので、複数の業者に見積もり依頼をして少しでもお得に介護リフォームをしましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、介護に関する専門知識と多くの施工経験のある業者さんがいるので安心して依頼できます。また見積もり依頼は匿名・無料できるのでしつこい勧誘などもありません。

介護手すりリフォーム業者の費用見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

介護手すりの
業者さんを匿名で探してみる
監修者プロフィール
監修者画像

一級建築士

高橋 みちる (たかはし みちる)

WEBサイト


アールイーデザイン一級建築士事務所代表。

住宅業界で新築・リフォームの営業・設計・現場監理などを経験。
これまで3000件以上の現場を見ながら、「永く、快適に住み続けるためにはどうしたらいいのか?」を常に探求し続け、リフォーム提案を行っている。
また、現在は執筆活動や企業向けの社員研修、一般向けの講演会なども全国各地にて実施。

著書「やらなければいけない一戸建てリフォーム」(自由国民社、2020年7月発売)

【保有資格】

【所属】

noteにてリフォームに関するお役立ち情報を発信中!
高橋みちる|リフォームコンサルタント|note

編集責任者プロフィール
編集者画像

編集責任者

家仲間コム編集部

プロフィール


利用会員数260,000人、登録リフォーム会社数1,400社を超える日本最大級のリフォームマッチングサイト「家仲間コム」を運営するリフォーム専門家集団の編集部が、一般的なリフォームの情報を纏めた簡易的な記事ではなく、実際の見積情報や価格相場に基づいた読者に役立つ、価値ある情報をお届けしています。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。