マイクロバブルシャワーヘッド「ベスティ」を取り付けてみました

話題のマイクロバブルを発生させる画期的なシャワーヘッド「ベスティ」が手に入ったのでさっそく写真を撮りまくりながら取り付けてみました。 さてさて、実際どのような効果があるのでしょうか?

マイクロバブルって何?

マイクロバブルというのは、泡が発生したときの大きさが、0.05mm以下の極めて小さい泡のことです。 普通の泡であれば、そのまま上昇して水面まで上って消えてしまいますが、マイクロバブルほど小さくなると数十秒ほどでさらに泡が小さくなって、なんと水中で消えてしまいます(自己加圧効果)。

それほど小さなマイクロバブルは普通の泡と違った性質を持っており、小さなゴミを吸着して水面に浮上させるという性質があるのです。 これを利用して、水産物の洗浄や水質浄化に応用されているのだそう。

「洗浄」「水質浄化」に使われているとなれば、当然「シャワーヘッドに使えればいいんじゃない?」と考えるのは人間の思考として当然の方向性ですね。 そういう意味ではベスティは出るべくして出た製品ということが言えると思います。

ベスティの価格

image「シャワー」じゃなくて「シャワー型」の「マイクロバブル発生器」という認識でよろしく。

スタッフが東急ハンズで購入したときの値段は14,700円。 お世辞にも「安い!」と言える価格ではありませんね。笑 普通のシャワーヘッドが2,000円〜3,000円するなかでこれを購入するのはかなり勇気が要ります。

image

ベスティの箱上部に燦然と輝く「MADE IN JAPAN」の文字。最近の製品ではあまり見られなくなって久しいですが 「日本製」ということと「筑波大学が開発したぞ」というアピールがかなり強調されています。 ベスティのような高価格帯の製品にはこのような信頼性のアピールはかなり重要です。

箱の中身は?

image

上から、Q&Aシート、ベスティ本体、取扱説明書、取付アタッチメント、塩素除去カートリッジです。 Q&Aシートはあとで内容を下に掲載します。

ベスティの組み立て

まず、ベスティ本体に塩素除去カートリッジを装填して組み立てを行います。 ごく簡単な作業ですね。 組み立てながらベスティを眺めていくことにしましょう。

image

正面から。 けっこう穴の形が特殊です。 この金属部分は、真鍮(ニッケルメッキ)で出来ています。

image上部斜め前から。

image

背面から。 この穴がマイクロバブルを発生させるための空気を取り込む穴です。 ですので、浴槽にベスティをおもむろに突っ込んで「マイクロバブル風呂じゃ〜」とやってもうまくいきません。 この部分は常に空気中に出しておく必要があるんですね。 いろいろ工夫してみましょう。

塩素除去カートリッジの取り付け

image

ベスティには専用の塩素除去カートリッジが入っていますので、これをベスティの中に組み込みます。 このカートリッジは大きく2層に分かれていて、白い粉の部分が「亜硫酸カルシウム」、丸い玉の部分が「サンゴセラミック」の層になっています。

image

塩素除去カートリッジの両端。 亜硫酸カルシウムのほうは粒が細かいので不織布が張ってあります。

image

ベスティの上部をひねって開けます。 ジェット機のエンジンみたいな羽根が見えますね。 この中で水が回転してマイクロバブルが発生します。 分解したいけど、高いのでできません。笑

image

ベスティの筒のほうに先ほどの塩素除去カートリッジを差し込みます。 ちゃんと奧までサクッと差し込んでくださいね。

image

差し込んだ状態。 差し込んだらベスティの上部を元に戻しましょう。

シャワーへの取り付け

image

今回はTOTO製のシャワーに取り付けたいと思います。 まずは、ホースから既存のシャワーヘッドを外します。 これがなかなか外れない! 女性はなるべく男性に手伝ってもらってはずしてください。 ゴム手袋をはめてひねると外しやすくなるそうです。

シャワーの規格が異なっている場合

image

異なるシャワーの規格にも合うようにアタッチメントが付属しています。 アタッチメントは3種類。 アタッチメントAがKVK製、アタッチメントBがMYM(太ホース)、アタッチメントCがガスター(東京ガス)とINAX(バランス釜)用です。

これらに一致しない場合、たとえばリンナイ、ノーリツ、ミズタニ・大阪ガスの一部製品の場合は三栄水栓製の別売りアタッチメント(品番:PT250-9)を購入して取付けてください。 最寄りのホームセンターなどで取り扱っているそうです。

image

なんとか外れました。

image

取り付け完了! 既存のシャワーヘッドを取り外すところが今回の最難関でしたね。

使ってみた感想など

imageコップにためて、ハロゲン球で見てみた。 さっきは見えていたのだけど…

重量感

まず、意外と軽いなーといった印象です。 重量は180gなので、普段のシャワーヘッドと比べてもそんなに違和感は感じないです。

音の大きさ

使ってて気になるのはやはり音。 手に持って使っている分にはまったく感じませんが、微妙な振動音(空気を取込んでいる音なんだそう)がシャワーヘッドを立てかけると、「ウーン…」とうなっているような感じで聞こえます。 蛇口をひねればひねるほど高くなっていく感じです。 なんとか押さえる方法はないかとTIPSを試行錯誤中です。

脱塩素力

で、脱塩素の威力はというと、皮膚が敏感なスタッフにはかなり効果がありました。 そのままで使っていた時の肌のピリピリ感が軽減されています。

マイクロバブルの威力

肝心のマイクロバブルの威力のほうですが、体験していると「お、これがもしかしてマイクロバブルの効果?」と思われるような汚れの落ち方は感じるのですが、客観的に証明できるような説明が難しいところがあるので、この辺りについてはまた後ほど更新で書いていきたいと思います。

マイクロバブルは目に見えないとか書かれてあったんですが、洗面器に突っ込んでみたらちゃんと白濁してましたよ。 この辺りも次回の更新で掲載してみたいと思います。 要チェック!

Q&A

ベスティに付属していたQ&Aシートがあったので、簡単に転載しておきましょう。 参考にしてみてくださいね。

Q:バスルームで使用しているシャワーに取付け可能ですか?
A:国内メーカーのほとんどのタイプで取付けることができます。 取付けできなかった場合は、付属のアタッチメントをご使用ください。

Q:海外メーカーのシャワーヘッドとホースの一体型を使用しているのですが取付けできますか?

A:海外メーカーのシャワー、シャワーヘッドとホースの一体型シャワーなどは、取付けできません。 シャワーを設置した業者へお問合せください。

Q:水圧が弱くなった感じがするのですが故障ではありませんか?
A:「マイクロバブル ベスティ」は、空気孔から空気を取込むことでマイクロバブルを発生させます。 空気と水を一緒に通水しますので現在のお使いのシャワーヘッドよりも節水効果があります(約15%〜20%程度)。 マイクロバブルはやわらかい泡ですので、その分弱く感じられます。

Q:汚れを落とす洗浄効果はどうなのですか?
A:シャワーの噴射力で汚れを落とすだけではなく、毛穴よりも微細な泡が、毛穴に入り込んで汚れを付着させて取り去り、洗い流します。

Q:「マイクロバブル ベスティ」でバスタブにお湯をためてよいですか?
A:「マイクロバブル ベスティ」は、空気孔から空気を取り入れてマイクロバブルを発生させるシャワーです。 シャワーのみでご使用ください。

Q:空気孔にあるネジは何ですか?

A:マイクロバブルを発生させるため、取込む空気の量を調節しているものです。

Q:空気孔に汚れが付着した場合は、洗浄しても大丈夫ですか?
A:空気孔に汚れが付着した場合は、空気孔のネジ部を洗浄してください。 洗浄後は、軽くネジを回し締めていただき、止まったところがベストポジションになります。 強く締めると破損の原因になります。

Q:音がするのですが故障ですか?
A:空気孔から空気を取入れる際に発生する音です。 故障ではありません。

Q:白濁はしますか?
A:マイクロバブルは、白濁しません。 ご家庭の水道水の水圧でマイクロバブルを発生させます。
※業務用のマイクロバブル発生装置では、高圧ポンプなどを用いております。

<マイクロバブルの確認方法>

1.洗面器を用意し、半分ほど水(又はお湯)を入れておく。

2.1の洗面器に「マイクロバブル ベスティ」のヘッド部分を入れ、水をためる。
  ※空気孔の部分は水に浸けないようにしてください。

3.洗面器が水(又はお湯)でいっぱいになったら(少し溢れさせてください)、透明のコップで洗面器の中の水(又はお湯)をすくう。

4.3のコップを、目の高さまで持ち上げて、蛍光灯の下などの明るい場所で、光にかざして見る。
※背景に暗色のものをおくと確認しやすくなります。
※コップの水中にただよっている、塵のような微細な泡粒がマイクロバブルです。
※強い光をあてることで、マイクロバブルが確認できます。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。