賃貸物件へのウォシュレット取り付けに必要な手続きは?

そもそも賃貸へのウォシュレット取り付けは可能なの?

ウォシュレット

もちろん可能です。
最近の賃貸物件では、トイレに最初からウォシュレットが取り付けてあったり、取り付けることを前提にコンセントがあらかじめ増設してあることも多いです。

特に女性の衛生面での意識の高まりや、便座ヒーター、脱臭機能や紙の消費を減らす効果もあり、劇的にトイレの環境が向上するため、賃貸マンションにウォシュレットを取り付けたいという要望は年々高まっています。

とはいえ、配管工事が必要なウォシュレットの取り付けは、女性にとっては難しいのが現実(男性でも予想以上に手こずって「取り付け依頼しておけば…」と後悔することも)。

そこで、今回は賃貸にウォシュレットを取り付ける場合の注意点などをご紹介します。

事前にどんなことを調べておけばいいの?

まず、業者さんに頼む場合に気をつけておくポイントをご紹介します。
賃貸ならではのルールもあるので注意してくださいね。

1.物件の管理会社、または大家さんへの確認

ウォシュレットの取り付けには基本的に管理会社や大家さんへの許可が必要です。
ただ、退去時の原状回復(もとの状態に戻すこと)を守るのであれば大抵の場合は許可されるようです。

また、やってはいけないのが「設備がグレードアップするんだから大家さんや次に入居する住人も喜ぶだろう」と思って元の便座や取付金具を間違って捨ててしまうことです。

入居者が退去する場合のルールは「原状回復」ですので、この場合は原状回復もできず、取り付けられたウォシュレットを処分する費用も支払わなくてはいけません。(実際に処分費用を支払うことになってしまった事例を知っています)

工事で取り外した便座や部品はちゃんと退去時まで保管しておきましょう。

2.予算

無事に許可が得られたら、まずは予算決めです。
ウォシュレットを取り付けるための費用には大きく分けると、ウォシュレット本体の価格と、取り付けの工事費があります。

ウォシュレット本体の価格は安いもので1万円台高いものになると20〜30万円以上(!)するものもあります。
平均的なものだと3万円〜5万円が相場です。
グレードが上がるにつれて、便座の自動開閉機能や強力な節電機能、便器の自動洗浄機能がついた製品などがあります。

賃貸物件のトイレへの取り付け工事費については概ね1万円以下が相場です。(ただし、業者さんが遠距離の場合は+移動費がかかる場合があります)
これらの情報を元にどれくらいの予算が組めそうかを想定しておくと良いでしょう。

業者にウォシュレットの取り付けを依頼する場合は、予算を伝えた上で「ウォシュレット購入+取り付けの依頼」か「ウォシュレットは自分で購入し、取り付け工事のみの依頼」かを伝えておくと業者さんもお客さんのために、いろいろと検討してくれます。

3.設置するトイレの環境

見積もりを問い合わせる前にやっておくと良い準備をご紹介します。

3−1.便器のメーカー(品番)

まずは、便器のメーカー(品番)です。
温水洗浄便座を販売しているメジャーな企業としてTOTOIリクシル(INAX)Panasonicなどがありますが、それぞれのメーカーが全ての便器に対応しているわけではありません。

例えばTOTOウォシュレットのサイズには「エロンゲート(大型)」と「レギュラー(普通)」があります。
製品によっては両方のサイズに対応したものもありますが、大きさが合わないものを購入してしまうと取り付けできません。

失敗しないように事前に便器の品番部分を控えておきましょう。
インターネットで品番を検索すれば対象のメーカーと便器の種類が分かることもあります。

3−2.余っているコンセント+アース

image

ウォシュレットは電化製品ですから、電源が必要です。

トイレ内にコンセントが足りない場合はコンセントの増設工事が必要ですが、これも物件の管理会社、あるいは大家さんの許可が別途必要です。

また、電気工事士の資格を持った者でないと工事できないため(業者さんでも持ってない方がいらっしゃいます)、自分で増設を行うことはできません。
必ず依頼を行なってください。(アース端子取り付けの依頼例

また、アース線がついたコンセントである必要があるので、ついていない場合も同様に許可を得て工事を行う必要があります。
配線が大丈夫なのか等、よく分からない場合は写真を撮っておくと良いでしょう。

3−3.トイレの空間(広さ、壁など)

トイレの広さ

賃貸物件は基本的に狭い空間にコンパクトに設備が取り付けられているので、トイレ空間も狭いことが多いです。
ですから、ウォシュレットを取り付ける際に本体横に操作パネルがあるタイプのものだと設置ができなかったりします。

この場合は操作パネルを赤外線型のリモコンタイプにする必要がありますが、リモコンタイプだと設置する壁が取り付け可能なものかを検討する必要があります。

そこで、可能な場合はトイレがどれくらいの広さなのか、配管やトイレタンクも含めて空間の状態が分かるような写真を撮っておくことをオススメします。(現状回復する場合の参考写真にもなります)

まとめ

ということで、自分でウォシュレットの取り付けを行うにしろ、業者さんにお願いするにしろ、必要な手続きを説明してきました。

インターネットや電話だけでは不安がある場合は、何社かの業者さんに1度来てもらって下見等を行うことで、間違いのないウォシュレット取り付けを行うことができます。(下見は無料の業者さんがほとんどです)

最後にまとめてみます。

1.物件の管理会社または大家さんへの許可をとる。
2.予算を決める。
3.取り付ける先の便器のメーカー(型番)を調べる。
4.余っているコンセント+アースの確認。
5.トイレの空間(配管、トイレタンク、広さ、壁など)の確認。

家仲間コムでは、写真などを添付して、かんたんに匿名&無料で賃貸用ウォシュレット取り付けの見積や依頼ができるようになっています。
ぜひ利用してお得にウォシュレットの取り付けをしてみてください。

→匿名&無料で賃貸ウォシュレット取り付けの見積もりをしてみる。