クッションフロア張り替えリフォームの価格相場、種類、ポイントを徹底解析!

image

現在暮らしている住宅の床材がどんなものなのか把握できていますか?例えば一見するとフローリングのようでも、「無垢フローリング」か「複合フローリング」かで特徴や利点は異なりますし、得られる効果も違うものとなります。ましてやクッションフロアを床材として採用している場合は特に、もともと持っている機能性が多種多様なためすべて同じ効果が得られるというわけではないようです。そこで今回はクッションフロアについてその特徴や種類、メリット・デメリットを紹介していくとともに、張替えリフォームの価格相場やポイントを解説していきたいと思います。

クッションフロアってどんなもの?

image

クッションフロアとはその名の通り「クッション性」を兼ねそろえた床材のことで、主に塩化ビニール系の素材で形成されています。まずはそんなクッションフロアという床材について、使用する際のメリット・デメリットや実際には倍されているような商品の種類について見ていきましょう。

クッションフロアのメリット・デメリットとは

クッションフロアを床材として使用している方は多くいらっしゃるようです。しかしクッションフロアにはメリットだけでなく、デメリットもいくつか存在します。以下に具体的なメリット・デメリットをまとめてみましたので参考にしてください。

クッションフロアのメリット
・安価なものが多い
・耐水性に優れている
・音が階下に響きにくい(遮音性が高い)
・商品の種類が豊富
・機能性に優れている商品もある
・お手入れが楽
・油汚れに強い
・部分補修が可能

クッションフロアのデメリット
・家具の跡やたばこの焦げ跡がつきやすい
・経年劣化する
・高級感に欠ける商品もある

image

メリットとしても挙げたように、クッションフロアは耐水性に優れていることからもトイレや洗面所、キッチンなどの床材として使用されることが多くあります。しかし最近は機能性やデザイン性に優れた商品も多く販売されていることから、リビングやダイニングなどに使用されることも増えてきました。

クッションフロアの種類の一例

image

現在クッションフロアと一概に言っても、本当にさまざまな商品が販売されています。実際に先ほどメリット・デメリットの時にも紹介したように、機能性に優れているものも多いですし、模様や色も多種多様なラインナップとなっているようです。

ここでは、機能性を例にとって、現在どんなクッションフロアが実際に販売されているのかその一例を以下にまとめてみましたので参考にしてください。

クッションフロアの機能性の一例
・転倒時の衝撃を和らげたり遮音性を高めたりする厚手タイプ
・マンションへの施工も可能な遮音機能付きクッションフロア
・敷きたいところに敷くだけの吸着タイプ
・オフィスや店舗用として使用できる土足対応タイプ
・傷に強く消臭効果があるペット対応タイプ
防菌や防汚性、防カビ性に優れたタイプ

機能性以外に、模様ひとつとっても木目調のものやタイル調のもの、テラコッタ風やモロッコタイルのようなものまでさまざまなクッションフロアが販売されています。なかにはご自身でも簡単に施工できるような、切断して接着剤で貼り付けるだけのものであったり、シール状のものであったりとお手軽な商品も展開されているので、気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

張り替えリフォームのポイントと安く済ませるためのコツ

image

クッションフロアはフローリングなどと違って傷がつきやすいため、たびたび補修や修復、張替えリフォームが必要となることもあります。しかしクッションフロアは比較的安価な床材なので、リフォームするとは言っても安価で済むことは多いでしょう。そこで続いては、実際にクッションフロアの張り替えリフォームを行う際に抑えておきたいポイントや工事費用を安く済ませるためのコツなどを見ていきたいと思います。

工事費用に何が含まれているのかを要チェック!

image

クッションフロアの張り替えリフォームを業者の方に依頼する場合は、まずしっかりと見積もりを出してもらうようにしましょう。そしてその内訳をチェックしておくことをおすすめします。と言いますのも、実は標準費用に含ませる作業や費用には細かな決まりが無いため、業者によって工事費用に含まれているものに違いがあるそうです。例えば実際の工事費用の内訳を見てみると、「人件費」や「材料費」などわかりやすいものは費用に含まれていることが多いようですが、その他に「駐車場代」「荷物移動費」などが別途請求されることがあるとか。そういったことにならないように、あらかじめ業者の方にしっかりと見積もりの内訳を出してもらい、できれば他社のものと比べて比較検討することをおすすめします。

張替え方法によって工事費用が異なる

image

クッションフロアを含む床材の張り替えリフォームを行う場合、主な方法は「張替え工法」と「重ね張り工法」の2種類となります。このうち張替え工法で行う場合は床下の状態を確認することができるというメリットもありますが、その分手間や時間、費用がかかる工事となってしまうことが多いです。一方で、重ね張り工法の場合は作業時間が短いうえ、費用も抑えることができるというメリットがありますが、既存のものの上に新しい床材を被せるという施工となるので床が高くなってしまったりフカフカしたりするというデメリットがあります。

一方で、リビングなどの比較的広いスペースの場合はクッションフロアの張替えよりも部分補修の方が安価で済むことが多いようです。そのため、もしちょっとした傷や跡が気になるというだけであれば、張替えではなく補修で済ませるという手もおすすめです。

クッションフロア張替えリフォームの価格相場

image

クッションフロアの張り替えリフォームを行う場合の価格相場はおよそ3~6万円と言えます。しかし対象となる床の面積や施工方法、クッションフロア自体の価格によって工事費用は変動しますので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?クッションフロアの張り替えリフォームを行う際は、工事費用を見比べるためにも複数の業者さんに見積もりを依頼することをおすすめします。ぜひ参考にしてください。

クッションフロア張り替え・リフォームをお得に行うには?

image

クッションフロア張り替え・リフォームを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にクッションフロア・張替えリフォームの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。