洗面所床張替え、気になる施工のポイントと注意点、価格相場とは

image

長く住み続けることで、家のいたるところで劣化が進みます。それは設備だけでなく、床や天井、壁、ドアに至るまで、日常生活であまり気にしないところでもさまざまな症状を目にするようになるのです。

そのなかでも、洗面所の床はあまり意識しないという人も多いのではないでしょうか。洗面所は水を扱う場所でもありますし、放っておくと床に黒ずみやカビなどが発生しやすくなります。そこでおすすめしたいのが洗面所の床の張替です。今回は、洗面所に床の張替について、施工の際のポイントや注意点、自分で行う際の方法、そして業者の方に依頼する際にかかる費用の価格相場などを紹介していきたいと思います。

洗面所の床の張替え、方法は2種類!

image

洗面所をはじめとする「水回り」は、床に湿気が溜まりやすくなるため、カビの発生や腐ってしまうといった状態も珍しくはありません。その際は、きちんと床を張り替えるようにしましょう。洗面所の床の張替え方法は、大きく分けて2種類に分類することができます。

・重ね張り

もともと貼ってある床材の上から、新しく床材を貼る方法のことを「重ね張り」と言います。重ね張りの場合、既存の床材をはがす手間もないので、床材の撤去費用も省けることはメリットとして挙げられます。一方で、重ね張りすることで既存の床材と新しい床材の間に」空気層ができてしまい、その間にカビが発生しやすくなってしまうこと、そして施工前よりも床の高さが上がってしまうことがデメリットとして挙げられることでもあります。

・張替え

もともと貼ってある床材を撤去し、あらたに床材を貼りつける方法のことを「張替え」と言います。張替えをすることで、劣化した床材を撤去できるので、その後床材にカビが発生する確率を下げることができ、長く使えるようになることがメリットとして挙げられます。一方で、張替えの場合、作業に時間と費用がかかることが多いことはデメリットとして挙げられるでしょう。

ちなみに張替えの際は、下地工事をするかしないかでさらに時間と費用に差が出てきます。下地工事を行う際は、部分補修か全面補修かでも費用は変わってきますので、まずは見積もりを依頼することをおすすめします。

重ね張り?張替え?どちらが良いのか迷ったら・・・

image

重ね張りにするか張替えにするか、その双方のメリット・デメリットはわかったとしても、どちらが自宅に適してるのか迷ってしまう人は多いかと思います。また、できれば費用は抑えめしたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。

重ね張りが適している場合の特徴は、以下の通りになります。

・床の色が変わってきている
・床の汚れが目立つようになっている

基本的に、重ね張りで済むのはあまり劣化が見られない場合と考えられます。目に見えて劣化が進んでいるほか、明らかにおかしいときはしっかりと張替えを行う必要があるのです。

一方で、張替えを行う必要がある場合の特徴は、以下の通りになります。

・床がでこぼこしている
・床がぶかぶかしている
・床にカビがあるのが分かる
・床がきしむ

特に床がきしむ場合や、カビが発生している場合は、床の下地までダメージを受けていることが多いので、しっかりと下地処理も行う必要があります。また、床がぶかぶかしている場合やでこぼこが目立つ場合も、しっかりと張替えを行いましょう。

洗面所の床張替え、施工のポイントと注意点とは

image

続いては、洗面所の床の張替をする際に気を付けたいポイントや注意点をいくつか紹介していきましょう。

・洗面所の床材は水に強いものを!

洗面所の床を張り替える際、床材に何を使うかはしっかりと検討する必要があります。例えばリビングやダイニングと比べて、洗面所は水を多く使う場所でもありますので、当然床材も水に強いものを使用する必要があります。また、耐久性や手入れのしやすさなども検討しておくと後々楽かと思います。

洗面所の床張替えの場合、おすすめの床材はクッションフロアです。クッションフロアは耐水性も強く、柔軟性もあるので素足で乗っても問題ありません。ぜひ検討してみてください。

・部分補修か全面補修かを検討する

たとえば洗面所の床にカビや汚れが発生している場合、そこのみを補修することもできますし、全面的に張替えを行うことも可能です。しかし、部分的に補修するとどうしてもつなぎ目ができてしまい、全体的なバランスが悪くなってしまうことも考えられます。一方で、全体的に張り替えてしまうと費用も手間もかかりますし、どちらかを選ぶとなると迷う人も多いかと思います。その点はしっかりと検討したうえで、施工に取り掛かるようにしましょう。

自分でもできる?洗面所の床の張替について

image

洗面所の床の張替は、DIYとしてご自身の施工も可能です。そんなに難しい工事ではないので、ホームセンターなどで売っているDIYセットなどの工具とや床材などそろえれば簡単にできます。特にクッションフロアを重ね張りする場合は、施工しやすいので素人でも簡単にできるでしょう。

一方で、下地処理から行うとなると、少し手間もかかります。その場合は、無理して自分で行って失敗するのを避けるためにも、業者の方にしっかりと依頼して施工してもらうことをおすすめします。

洗面所床張替えにかかる費用の価格相場

image

洗面所の床の張替えは、先ほどご紹介した通り、「重ね張り」か「張替え」で費用が変動します。さらに「張替え」の場合は、下地処理をするかしないかでまた費用も変動していきますので、注意が必要です。

それらを踏まえたうえで、洗面所の床の張替えにかかる費用の価格相場は4~8万円といえます。もちろんご自身で張替えを行う際は費用も安価で済みますが、安心・安全面を考慮するのならしっかりと業者の方に依頼して施工してもらうことをおすすめします。その方がきれいに仕上げてもらうことも多いですし、ぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか?洗面所の床は経年劣化によってカビや腐敗、黒ずみなどが目立つようになります。もし洗面所に床にそのような症状を確認できた場合は、速やかに業者の方にメンテナンスを依頼しましょう。ぜひ参考にしてください。

洗面所床張替えをお得に行うには?

image

洗面所床張替えを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に洗面所床張替えの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。