浴室暖房乾燥機を取り付けよう!気になる商品の種類・価格相場とは

image

「洗濯物を干すスペースが家についていない・・・」「雨が降るとどうしても中干しになってしまって、思うように乾かないし湿気がこもってしまう・・・」このような悩みは、浴室暖房乾燥機を設置することで解消することができます!また、浴室暖房乾燥機は洗濯物を乾かしてくれるだけでなく、入浴時に浴室内を温めてくれる機能もあるので、特にお年寄りがいらっしゃるご家庭ではありがたい代物なのです。今回は、そんな浴室暖房乾燥機を設置・交換する際に気になる工事にかかる費用の価格相場、そして現在実際に販売されている商品やその種類を紹介していきたいと思います。

浴室暖房乾燥機は大きく分けて2種類!

image

浴室暖房乾燥機は、その動力や形状によって2種類に分類することができます。それぞれの特徴、メリット・デメリットなどをまずは見ていきましょう。

・ガス式か電気式か

浴室暖房乾燥機には、ガス式のものと電気式のものが存在します。これらはその名の通り、ガスを使って作動するか、電気を使って作動するかで違いますが、それ以外にも工事費用や料金なども違うので、浴室暖房乾燥機を取り付ける場合は事前にチェックしておく必要があります。

まずガス式の浴室暖房乾燥機を取り付ける場合、給湯器の設置が必要になります。既存のものがあればそれを利用することもできますが、場合によっては給湯器の増設が必要になります。その際は、別途増設費用がかかります。したがって、給湯器の有無によっては、ガス式の方が電気式に比べて工事費用が高くなる傾向にあります。

・ガス式・電気式浴室暖房乾燥機のメリット・デメリット

ガス式浴室暖房乾燥機の場合、先述したように工事費用が高額になりやすい点はデメリットとして挙げられますが、その一方で、ガスの方が電気よりも出力が大きいので、暖房機能も乾燥機能も高いことがメリットとして挙げられます。

電気式浴室暖房乾燥機の場合はどうでしょうか。電気式の浴室暖房乾燥機は、先述したようにガス式のものよりも工事費用を抑えることができるほか、乾燥・暖房機能のほかに涼風、換気機能など、さまざまな機能が含まれているものが多いことがメリットとして挙げられます。一方で、乾燥するのにガス式よりも時間がかかったり、起動させると周りが熱を持ってしまうため、マンションによっては規制されていたりするといった点はデメリットとして挙げられます。

両社のメリット・デメリットを踏まえたうえで、どちらのタイプの浴室暖房乾燥機を設置するのか検討するようにしましょう。もし給湯器の有無や種類などが分からない場合は、業者の方に相談してみることをおすすめします。

image

・壁掛け型か天井埋め込み型か

浴室暖房乾燥機を後から新しく取り付ける場合、壁掛け型か天井埋め込み型かを選ぶことが可能です。天井埋め込み型の方が一般的に使用されていますが、浴室の天井がタイル張りになっている場合は、天井埋め込み型の取り付けがほぼ不可能なので、壁掛け型を設置することになります。

浴室暖房乾燥機、どんなものがあるの?

浴室暖房乾燥機の種類が分かったうえで、続いては実際に販売されている商品をいくつか紹介していきたいと思います。

・TOTO 浴室換気暖房乾燥機「三乾王」

image

形状:ビルトインタイプ(天井埋め込み型)、壁掛け型
機能:暖房、乾燥、換気、涼風、ドライヤー、
特徴:タイマー機能で暖房を予約可能、エコモード搭載、防水ワイヤレスリモコン搭載(壁へのリモコン設置も可能)、換気扇連動タイプもありなど
対応:1室~さまざまあり
販売価格:約74,000円~
動力:電気式

・Panasonic 天井埋込み型浴室換気暖房乾燥機 FY-13UG6E

image

形状:天井埋め込み型
機能:暖房、乾燥、換気、涼風
特徴:エコナビ搭載、24時間連続換気可能、選べるエコ乾燥モード、ナノイー放出など
対応:1室換気
販売価格:約70,000円~
動力:電気式

・三菱電機 壁掛け電気式バス乾 リニューアルバスカラット V-241BK-RN

image

形状:壁掛け型
機能:暖房、乾燥、換気
特徴:ヒーターを使わずに乾燥させる風乾燥モード搭載、入浴前に浴室を温めて置ける予備暖房機能搭載など
対応:1室換気
販売価格:約74,000円~
動力:電気式

このほかにも、メーカーによってさまざまな浴室暖房乾燥機が販売されていますので、ぜひ機能や大きさ、電力などをチェックしてから購入を検討してみてください。

浴室暖房乾燥機、使用にかかる費用について

image

浴室暖房乾燥機と聞くと、「電気代やガス代がかなりかかるんじゃ・・・?」と心配する人も少なくはないと思います。確かに、電気式でもガス式でも、使用すると費用は掛かりますし、特に乾燥機能は毎日使っているとかなりの費用がかかると思います。

そこでおすすめしたいのが、「浴室暖房乾燥機を上手に使って節約する」ということです。例えば天気が良い日はしっかりと外に干して、天気が悪いときだけ使用することは節約の基本です。また、浴室暖房乾燥機をこまめに掃除したり、乾燥機能を使う際は浴室内の水気をふき取っておいたりすることで、かかる時間も費用も違ってくると思います。浴室暖房乾燥機があるからと言って、頼りきりにするのではなく、上手に使いこなすことが大切ですよ。

浴室暖房乾燥機取り付け・交換にかかる費用の価格相場

image

それでは最後に、浴室暖房乾燥機の取り付けや交換にかかる費用の価格相場を見ていきましょう。費用の価格相場は5~15万円といえますが、浴室暖房乾燥機自体の値段によっては変動していきます。もしできるだけ費用を抑えたいのなら、浴室暖房乾燥機を選ぶ際、型落ちのものや古いタイプのものを選んでみてください。新型のものはどうしても値段が高額になりやすいのですが、古いタイプはどんどん値段は下がっていくので、予算に合った買い時のものがあるかもしれません。また、業者の方を選ぶ際は、安価であることの実をチェックするのではなく、しっかりと保証や工事の質など、評判も視野に入れて検証するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?浴室暖房乾燥機はメーカーによっても、機能や大きさをみても、実にいろいろなものがあるので、ぜひ自分が欲しい機能や設備に合ったものを選んで、取り付けを検討してみてください。

浴室暖房乾燥機取り付け・交換をお得に行うには?

image

浴室暖房乾燥機取り付け・交換を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に浴室暖房乾燥機取り付け・交換の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。