トイレの床張替えリフォームの価格相場とおすすめ床材を一挙ご紹介!

image

家の中でも特に汚れやすい場所でもあるトイレ。毎日とはいかなくても、定期的にトイレ掃除を念入りにしているという人も少なくはないと思います。その一方で、トイレの床の端々までしっかりとチェックできているでしょうか?トイレと言われるとどうしても便器に目が行きがちですが、実はトイレの床は汚れが付着したり剥がれたりと、知らないうちに劣化していくものなのです。そこで今回は、トイレにおすすめの床材や張替えリフォームのポイント、費用の価格相場などを紹介していきたいと思います。

トイレにおすすめの床材TOP3

image

トイレは1日の使用頻度も高い場所ですし、床には洗剤やアンモニアも飛び散ることが多いことからも高い機能性を兼ねそろえた床材を選ぶ必要があると言えます。具体的には以下のような機能性をクリアしたものがトイレの床材に最適であると考えられます。

・耐水性がある
・防汚性、防カビ性、防菌性が高い
・お手入れがしやすい
・防臭性がある
・耐用年数が多め

こういった条件を満たすものとなると、「クッションフロア」や「複合フローリング」「タイル」が適していると言えるでしょう。これらは実際にトイレの床材としてよく使用されているものでもありますし、商品によってはさらに高機能なものも販売されているようです。

おすすめNo.1床材は「クッションフロア」

image

トイレの床材として最も適していると言われているのが「クッションフロア」です。クッションフロアはトイレ以外にも、脱衣所や洗面所といった水を多く使用する場所の床材として使われています。

そもそもクッションフロアとは塩化ビニル製の床材のことで、比較的安価で手に入ります。また、水回りで使用されていることからもわかるように、耐水性に優れているほかお手入れも簡単で、耐用年数も多いことが大きなメリットと言えるでしょう。さらに最近は、防汚性や防カビ性、防菌性といった機能性を併せ持つ商品も数多く販売されているほか、木目調やタイル調といった柄や色展開も多いため、選ぶ楽しみがあることも魅力のひとつです。

一方で、クッションフロアは他の床材と比べてチープに見えるというデメリットもあると言われています。しかし最近は比較的そういった傾向は薄れていっているようですし、むしろデザイン性が高い商品が多々販売されていることから、オシャレ感を演出することもできるかもしれません。

デザイン性重視なら「複合フローリング」

image

基本的にフローリングは水回りには適さないと言われていますが、特殊な加工を施した「複合フローリング」であればトイレをはじめとする水回りの部屋の床材としても使用することは可能であるようです。そもそも人気のある床材でもあるフローリングは、リビングやダイニング、寝室など、居室を中心に広く使用されています。そういった状況下でトイレだけクッションフロアを敷くとなると全体的にアンバランスになってしまうため、抵抗があるという方も多いようです。

このような場合には、しっかりとコーティング剤で加工された複合フローリングや、トイレの床用に開発された専用のフローリングを使用することもできます。しかし一方でそもそもフローリングはアンモニアや水に弱い素材であるので、フローリングに継ぎ目があるとそこから水分などが侵入しダメージの原因となることもあるようです。

公共施設で使用されることが多い「タイル」

image

タイルは公共施設などのトイレで床材として広く使用されています。しかしクッションフロアやフローリングと比べて値段が高いことから、一般家庭ではあまり流通していないようです。しかしもともとタイルは耐久性も耐水性も高い素材ですし、最近は消臭機能などを併せ持つ機能性抜群の商品も販売されているので、予算に余裕があるのならタイルを検討してみても良いと思います。

トイレの床張替えリフォームのポイント

続いては、トイレの床張替えリフォームにおけるポイントを2点紹介していきましょう。

トイレの床なら「張替え工法」がおすすめ!

image

一般的に家の床を張り替える場合、「重ね張り工法」と「張替え工法」のどちらかの方法で施工されることが多いようです。2つの内重ね張り工法の方が工事費用も安価ですし、工事日数も1日程度という手軽さが魅力ではありますが、トイレの床に関していえば張替え工法の方をおすすめします。と言いますのも、張替え工法の場合、既存の床材を剥がしてから新しく張り替えるので、下地材が劣化していた場合に補修することが可能なのです。また、重ね張り工法で施工すると、基本的に床の高さが上がってしまうので、トイレの開け閉めに問題が生まれたり思わぬ転倒の原因になったりといったこともあるかもしれません。

基本的には10年を目安にリフォームしよう!

image

トイレの床材を張り替える場合、基本的には10年を目安に行う必要があると言われています。ちなみにクッションフロアの場合は10年程度、フローリングの場合は10~15年程度と、床材の種類によっても張替えリフォームの目安は異なりますが、以下に挙げる特徴がみられるようならば年数がたっていなくても早めに対処することをおすすめします。

・床の上を歩くとフカフカする
・傷や色褪せが目立つ
・床に凹凸がある
・床の上を歩くときしむ、音鳴りがする

ちなみに、トイレの床張替えリフォームは便器を交換するときに必要となることもあります。また、トイレから水漏れが起きた場合にも床の張替えを行わざるを得ないケースもあるようです。

トイレの床張替えリフォームにかかる費用の価格相場

image

トイレの床張替えリフォームにかかる費用は、床材の種類や工法、床の下地材の状態などによって変動します。しかし総合的に見ると、リフォーム費用の価格相場は2~4万円であるようです。ちなみに基本的に安価で取引されているクッションフロアで施工する場合は工事費用自体も安価で済むことが多いとされています。

まとめ

いかがでしたか?トイレの床材を張り替える場合は、リフォーム業者の選択も大事なポイントとなります。「できるだけ安価でリフォームしたい」という方は特に、複数の業者に見積もりを依頼したうえで比較検討することをおすすめします。ぜひ参考にしてください。

トイレ床張替え・交換をお得に行うには?

image

トイレ床張替え・交換を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にトイレ床張替え・交換の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。