トイレが寒いとヒートショックリスクが高まり危険!寒さ改善策5選をご紹介

タイル張りの冷たそうなトイレ

トイレが寒いと、冬に暖房で暖められた室内との温度差で体への負担が大きくなり、ヒートショックなどのリスクが高まります。
今回は、トイレが寒い原因と5つの改善策について解説します。
特に窓を設置しているトイレは寒くなりやすいので注意が必要です。
高齢者がいらっしゃるご家庭では、寒いトイレにならないよう早めに対策をしておきましょう!

トイレが寒いとヒートショックのリスクが高まる!

「ヒートショック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「ヒートショック」とは、急激な温度変化により血圧が一気に上昇または下降することで、最悪の場合は死に至る現象のことを言います。

病状としては、心筋梗塞・脳梗塞・脳出血が起こりますが、寒くなってくる10月頃から徐々に増え始め、12月~1月には発症のピークを迎えます。

ご家庭内の死亡事故の実に1/4を占めるヒートショック現象ですが、特に温度差が大きなトイレ・洗面所・浴室で多く起こります。

トイレが寒い原因

悩む人

トイレが寒い原因には下記の5つが考えられます。

・北側に設置されている
・窓がある
・床がタイル素材
・断熱性が低いまたは断熱材が入っていない
・温水便座でない

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 北側に設置されている

住宅

住宅は、家族が集まるリビングダイニングを最も日当たりの良い東向きや南向きに設置することが多く、トイレなどの水回りは北など日当たりの悪い方角にレイアウトすることが多いです。

本来、湿気が溜まりやすいトイレなどの水回りは日当たりの良い方角にレイアウトしたほうが乾燥しやすくて良いのですが、限られた間取りでは止むをえません。

北向きであった場合はそもそも日当たりが悪いことからトイレの中も寒くなりやすく、約5℃~8℃程度になります。

暖房をつけているリビングが20℃~25℃だとしたら、トイレとの温度差が大きくなりヒートショックの危険が高まります。

2. 窓がある

住宅内の中でも窓やドアといった開口部からは、室内の熱の約58%が逃げてしまいます。

トイレのように狭い空間に窓があると、いつまでも暖まることがなく寒いトイレになってしまいます。

3. 床がタイル素材

古いタイル張り和式トイレ

抗菌性などの衛生面からトイレにタイルが使用されていることは多いのですが、タイルは触るとひんやりすることからも分かる通り、暖かくなりにくい材質です。

近年のタイル素材には、ひんやりした質感をなくしてヒートショック対策ができるような加工が施されている商品もありますが、昔のトイレに使われているタイルはこういう加工がされていません。

その代わり、夏にはひんやりした質感を楽しむことができるのがタイルの良い点ではあります。

4. 断熱性が低いまたは断熱材が入っていない

現代の新築住宅ではトイレにもきちんと断熱材が施工されていますが、昔の住宅ではトイレには断熱材を施工していない場合もあります。

築年数が経過した住宅のトイレが寒い場合は、そもそも断熱材が施工されていないことが考えられます。

5. 温水便座でない

タイル張りの洋式トイレ

現代住宅のトイレにはほとんどウォシュレットのような温水洗浄便座が設置されています。

温水便座は便座が暖かくなるので座った時のヒヤッとした感触を味わわなくて済みますし、暖かい空気がトイレ内にも広がり多少は寒さを和らげてくれます。

トイレが寒い場合の5つの改善策

ワンポイント

トイレが寒い時には下記の5つの改善策を試してみてください。

・窓がある場合は内窓や雨戸を設置する
・断熱性のあるウィンドウトリートメントやシートを活用
・タイル素材の場合は、サーモタイルやクッションフロアなどに張り替える
・断熱材はきちんと入れる
・温水洗浄便座を設置する

大きなリフォームからDIYで簡単にできる解消法までありますが、根本的に断熱材が入っていない場合は、何をしても暖まりませんので断熱材だけはきちんと入れておくことをおすすめします。

では、一つずつ見ていきましょう。

1. 窓がある場合は内窓や雨戸を設置する

トイレ内に窓を設置しているご家庭は割と多いですが、窓があるとやはり冷気が伝わり熱も逃げてしまうため、寒いトイレになってしまいます。

トイレの窓にはあまり予算を使わない場合も多いのですが、トイレの窓というのは実は空き巣犯の侵入口として狙われやすい部分でもあります。

防犯効果を高めるためにも、寒さを改善するためにも下記のような対策がおすすめです。

・複層ガラス窓に交換する
・防犯ガラスに交換する
・内窓を設置する
・雨戸や目隠しルーバーを取り付ける

image画像提供:かんたんマドリモ 内窓 Lite U|YKKap

出典:かんたんマドリモ 内窓 Lite U|YKKap
商品価格:25,850円~

image画像提供:目隠し可動ルーバー|LIXIL

出典:目隠し可動ルーバー|LIXIL
商品価格:25,600円~

防犯効果を高めるだけであれば面格子でも良いのですが、寒さ対策にはなりませんので、雨戸や目隠しルーバーなど完全に外部と遮断できる設備がおすすめです。

2. 断熱性のあるウィンドウトリートメントやシートを活用

窓リフォームまでは予算がかけられないという場合には、断熱性のあるウィンドウトリートメントやシートを活用するのがおすすめです。

ウィンドウトリートメントとはカーテンやブラインドなどの窓装飾品のことをいいますが、できるだけカーテン上部やサイドに隙間ができないよう、採寸はきっちり行い隙間ができるだけなくなるようにしておくのが断熱性をより高めるポイントです。

また、窓に貼る断熱シートなどもお手軽ですので「とりあえず何か手軽に寒さ対策をしておきたい」という方には簡単に取り入れられます。

3. サーモタイルやクッションフロアなどに張り替える

トイレの床や壁が昔ながらのタイルだとひんやりと冷たくなります。

タイルは熱伝導率が良いため、冷たい場所では冷たく熱い場所では熱くなる性質があり、床暖房の上に施工されることもあります。

現状のトイレ床がタイルであれば、ひんやりしないタイプのタイル材やクッションフロアなどに張り替えるか、トイレマットなどを敷いて寒さを和らげる工夫をしましょう。

サーモタイル グランリベルタ|LIXIL出典:サーモタイル グランリベルタ|LIXIL
商品価格:15,200円~/㎡

4. 断熱材はきちんと入れる

トイレの表面だけを暖かい素材などに変更しても、根本的に下地に断熱材が入っていないと寒いままです。

トイレでのヒートショック現象を防ぐためにも、断熱材が入っていないトイレはできるだけ早く断熱リフォームを行っておきましょう。

5. 温水洗浄便座を設置する

温水洗浄便座

トイレの便座に座るとヒヤッとしますが、温水洗浄便座を設置するとそういう思いをせずに済みます。

温水洗浄便座は電源を必要としますので、コンセントがない場合はあらたに設置工事が必要ですが、多くのトイレのタイプで設置が可能です。

寒いトイレの改善策5選まとめ

トイレは住宅の間取りの関係上、あまり日当たりの良い場所には設置されていないので、とても冷えやすい空間です。

夜間、暖かい寝室から温度差が10℃以上もあるトイレへ移動するとヒートショックが起こることも多く、特に高齢のご家族がいらっしゃる場合は、トイレの寒さ対策は重要です。

リフォームで改善したい場合には、同じく気温が低くなる洗面所や浴室も合わせて同時リフォームすると費用も安く抑えられてお得ですよ!

image

トイレリフォームの費用を一括見積り!

業者

トイレリフォームの費用を依頼する際は一括見積りが便利です。
現状のトイレや、洗面所と浴室を合わせて同時リフォームをすることで、ヒートショックのリスクも下がりますし、リフォーム費用も安く抑えられてお得になります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できますので、まずは現状を詳しく書いて一括見積もりを依頼してみてください。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。