トイレ床張替え・交換、抑えておくべきポイントと価格相場をご紹介

image

家の中にある家具や設備のほとんどは、時間が経つにつれて色が変わっていったり、機能面で劣化していったりしますよね。トイレの床もその一つで、ある程度時間が経つと色あせていったり、汚れが目立つようになったり、カビが発生することもあるようです。

そこで今回おすすめしたいのが、トイレの床の張替え・交換リフォームです。何かと汚れやすいトイレの床だからこそ、汚れにくい床材を選び張替え・交換することで見た目を美しく保つことも可能です。ここでは、そんなトイレの床張替え・交換について、リフォームの際に抑えておくべきポイントや施工方法、工事にかかる価格相場などを詳しく紹介していきたいと思います。

トイレの床にピッタリな床材とは?

image

トイレの床とほかの部屋の床の一番の違いは、アンモニアや水で汚れる危険性が高いことにあります。したがって、トイレではリビングやダイニングなどで使用されている床材を使用するのではなく、異なる機能性に優れたものを使う必要があります。まずは具体的にどんな床材がトイレに適してるのかについてみていきましょう。

・トイレに最適!?クッションフロア

クッションフロアという床材をご存知ですか?クッションフロアはトイレをはじめとした水回りに適していると言われており、人気もある床材となっています。少し前のものとは違って、現在のクッションフロアは色や柄なども豊富に取り揃えられており、木目調や大理石風、タイル張りのような高級感ある柄もあるようです。また、ビニール素材なので水や汚れに強く、ワックスがけなどのメンテナンスをも必要ないほか、はさみで簡単に切断できるので、DIYとして利用する人も多いとか。比較的安価な値段であることも人気を裏付けているようです。

image

また、遮音性に優れているものや防カビ・防汚機能に優れているものなど、機能性が備わったクッションフロアも現在多く販売されいています。クッションフロアはもともと水や汚れに強いという特性がある床材ですが、さらに機能面で優れているものを選ぶことができるのはうれしいですね。

・複合フローリング

クッションフロアのほかに、トイレで使用されることが多い床材として複合フローリングがあります。複合フローリングとは、無垢材のものではなく、複数の板を併せたものの上から薄い天然木や化粧材を張ったもののことを指します。無垢材のような重厚な雰囲気は出ないものの、木目調や大理石風など、いろいろな柄から選ぶことができるというメリットもあります。

そもそも通常の無垢材を使用したフローリングは、トイレには不向きと言われています。これには無垢材のフローリングが水に弱いうえ、アンモニアやトイレ用洗剤が付着してしまうことで変色してしまうことが原因として考えられています。その点、複合フローリングの中には防水性、防汚性、耐アンモニア性などの機能が備わったものが販売されていますので、特殊な環境下に置かれているトイレにもピッタリといえるのです。しかし一方で、複合フローリングに張り替える場合は、継ぎ目が広いものであったり、継ぎ目が多かったりするものには気を付けましょう。継ぎ目が広かったり多かったりすると、汚れの原因となりますし、隙間から水やアンモニアが侵入し、匂いの原因になることもあります。

image

・機能性に優れているタイル

トイレの床、壁、天井に至るまで、タイル張りであるというご家庭も少なくはないですよね。タイルは汚れにくく、耐水性にも優れているということから、トイレに適した床材と言われています。一方で、タイルはどうしてもひんやりと感じたり、足元が滑りやすかったりとデメリットもあるようです。しかし最近は、空気清浄効果もあるセラミックタイルなども販売されているので、トイレに匂いをどうにかしたい、という人には特におすすめです。

トイレの床材を張替え・交換する際のポイント

トイレ床材の張替え・交換はDIYとしてご自身でも施工可能です。しかし特に慣れていない人が施工してしまうと、何かと不具合も生じてくるようです。そこで続いては、トイレの床材を張替え・交換する際のポイントをいくつか紹介していきましょう。

・張替え・交換の目安は10年!

家の中の設備や床・天井・壁など、経年劣化していくものは数多くあります。トイレの床も例外ではなく、張替え・交換は10年を目安に行った方が良いと言われています。一方で、10年経っていないとしても、カビが発生していたり、汚れが目立っていたりといった見た目の悪化のほか、剥がれやひび割れなどがみられるようになったら、張替え・交換を検討した方が良いでしょう。もし放っておいてしまうと、トイレの床の土台にまで水やアンモニアが浸透し、カビの発生や腐食といった影響を及ぼす危険性があります。

・DIYでは追いつかないことも?

通常、床をリフォームする際は「重ね張り」か「張替え」の2種類から方法を選択します。重ね張りはその名の通り、既存の床材の上から新しい床材を貼るという方法ですし、張替えはその反対で既存の床材をはがしたうえで新しい床材を貼るという方法となります。トイレの床に関しては、この2つのうち張替えの方が適していると言われています。というのも、重ね張りの場合、もともとの床に傷やへこみができていると、新しい床材との間に空気層ができてしまい、カビを発生させる原因となってしまうことがあるからです。

image

張替えは工具と材料さえそろっていればDIYとしてご自身でもできる工事ですが、慣れていない人にはおすすめしません。また、トイレの床の上を歩くときしむ音がしたり、ふかふかしている場合は床の下地や土台にまでダメージが浸透していることがありますので、業者の方に依頼することをおすすめします。

トイレ床張替え・交換にかかる価格相場

image

トイレの床張替え・交換にかかる費用の価格相場は2~8万円が妥当といえます。もしコストを抑えたいのならば、床材をクッションフロアにすると良いでしょう。また、トイレの床の劣化が見られたら、すぐにリフォームを依頼することも大切です。リフォームを渋ってそのまま放置しておくと、下地や土台にまで影響が及び、逆にリフォーム費用がかさむこともあります。

まとめ

いかがでしたか?トイレという場所柄、少しでも清潔感溢れるきれいな場所に保っておきたいという人は少なくはないと思います。そのためにも、ぜひトイレの床の張替・交換を検討してみてください。

トイレ床張替え・交換をお得に行うには?

image

トイレ床張替え・交換を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にトイレ床張替え・交換の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。