トイレのタンクは意外と汚れる?トイレタンクの掃除方法

トイレタンクの内部を見たことありますか?

image

トイレの掃除と言えば、ほとんどが便器の掃除です。
トイレの便器を掃除したあとは、床やトイレタンクの表面を拭き掃除して終了。一般的なトイレの掃除方法ですよね。
でも、トイレタンクの内部の掃除はしなくても大丈夫ですか?
頻繁には必要ありませんが、年に一度くらいはトイレタンクを掃除してみましょう!

トイレタンクの掃除方法

image↑普段の掃除はトイレタンクの表面を拭く程度ですよね

今回のトイレタンクは手洗器付きです。
手洗器の付いていないタイプのタンクもあります。
手洗器の付いているタイプの方が、汚れがタンクに沈殿しやすく汚れやすくなってしまいます。

image↑トイレの水を一度止めます

止水栓をドライバーなどで締め、水の流れを止めます。
写真の上の止水栓は、ウォシュレットに流れる水の止水栓です。
タンク内に水を流す方の止水栓を確認してから、止めましょう。

image↑いよいよトイレタンクのフタを開けてみます

フタを持ち上げて、手洗管とボールタップをつないでいるパイプを外します。
バイプの根元についているプラスチックのナットを緩めるとはずれます。

image↑トイレタンクの内部

トイレタンクの内部はこんな感じになっています。
やはり汚れが目立ちます。

image↑表面は普段掃除しているからキレイですが・・・

外したトイレタンクの手洗器もきれいに掃除しましょう。

image↑やはり裏面は汚れています

image↑ここのナットを緩めると手洗管が外せます

トイレタンクの手洗器を受け皿と手洗管を分解して、きれいに掃除しましょう。

image↑トイレタンクの手洗器を分解できました

image↑せっかくなのでタンクの手洗器もきれいにします

最初にトイレ用洗剤を使って汚れを落とします。
汚れが酷い場合は、洗剤をつけてからラップをかけて湿布します。
湿布で汚れがやわらかくなってからこすってきれいにします。

image↑頑固な汚れには耐水ペーパーが効果的!

耐水ペーパーには、目の粗さにより番号がありますが、#1000番位が良いです。
力を入れすぎると傷つくので、注意が必要です。

image↑いよいよトイレタンク内部の掃除です

レバーを引いてタンク内の水を抜いてから掃除を始めます。
プラスチック部品などを痛めないように、アルカリ性の強い洗剤は使わずに中性洗剤を使いましょう。
タンク内は細かい部品が多いので、ブラシを使ってきれいにします。

image↑ブラシ掃除が終わったら、止水栓を開けてすすぎます

image↑きれいになった手洗器を組み立てます

image↑元通りにセットしてタンク掃除完了!

プロのトイレクリーニングの価格は?

プロのトイレクリーニングは使用する道具や洗剤、そして技術が違います。一度プロにトイレクリーニングを依頼すると、細かな所までビックリするくらいきれいになります。一度、プロのクリーニング業者さんに相談することをお勧めします。

↓近所のハウスクリーニング業者さんに匿名で見積もり相談できます。
直接頼める業者さん検索 「家仲間コム」>>

執筆者情報 : お掃除ふくふく

エコ洗剤を使用したエアコンクリーニングを始め、人やペット、環境にも安全なお掃除を心がけています。女性スタッフがおりますので、女性お一人のお宅でも安心と、ご好評をいただいております。
一般家庭のハウスクリーニングを始め、賃貸物件、売却物件の引越し前後のトータルクリーニング、家事代行、整理収納のお手伝いなど、お掃除に関するお困り事なら、お気軽に当店にご相談ください。
お掃除ふくふくの広告ホームページ>>