オール電化リフォーム/メリット・デメリットや導入までのプロセスは?

image

近年建設されているマンションなどの集合住宅や、新築戸建て住宅では、オール電化の物件も多くなっています。家庭で消費するエネルギーをすべて電気でまかなうことで、エコで省エネにもつながると言われていますが、実際はどうなのでしょうか?オール電化のメリット・デメリットや導入までのプロセスについて調べてみました。

オール電化とは?

image

オール電化とは、家庭で消費するエネルギーを、すべて電気でまかなうシステムのことを言います。従来は、電気とガスの併用が一般的でしたが、エネルギーを電気に一本化することで、省エネにつながると言われています。

オール電化を取り入れた理由

あるアンケートによる「オール電化を取り入れた理由」をグラフにしてみました。複数回答を含みますが、多くの方が「安全」「光熱費が安くなる」「火災のリスクが少なるなる」「掃除が楽」と答えていることが分かります。

image

オール電化のメリット

オール電化にすることで、様々なメリットを得ることが出来ます。

・電気代の安い夜間にお湯を沸かし、日中に利用できるので、省エネになり電気代を節約できる。
・ガスのように火を使わないので火事のリスクが減る
・ガスを使わないのでガスの基本料金がいらない
・太陽光発電と併用し、より安く電力を使用できる

オール電化のデメリット

嬉しいメリットも多いですが、そればかりではありません。

・オール電化にするための設備投資に費用がかかる
・電気代の値上げがあると影響が大
・停電などが起こった場合、電力供給源がなくなる

ただし、電気代値上げの影響や、停電時の電力は、太陽光発電と併用することでほぼ解決できます。

image

オール電化導入までのプロセス

では、オール電化を導入するためには、まず何をすればよいのでしょうか?

まずは、熱源を供給する設備の設置は必須です。代表的なものは「エコキュート」がありますが、これを設置すると、おおよそ"30万円~60万円"程度かかります。そして、調理するためのガス台からIHクッキングヒーターの設置、床暖房の設置などが考えられます。

1.オール電化設備の設置

「エコキュート」などのオール電化設備を設置した場合
■費用目安:約"30万円~60万円"
工事費用目安:約15万円

エコキュートに代表されるオール電化設備には、お湯を溜めるタンクがあり、家族人数によって大きなタンク容量が必要になり、価格も上がります。一般的な3~5人家族の場合、約370リットルのタンクが必要です。

image

image

Panasonic エコキュート
HE-J37HQS
・メーカー希望セット価格:725,000円
・3~5人用
・370リットルタンク
・ふろ自動、追い炊き、湯温自動調節できるフルオートタイプ

メーカー希望価格は高めに設定されていますが、実際は工事費とセットで大幅割引になる例がほとんどですので、複数の業者さんから見積もりをとることが大切です。

2.IHクッキングヒーターの設置

ガスが使えなくなるため、ガスコンロをIHクッキングヒーターに替える必要があります。
据え置きタイプとビルトインタイプがありますが、ほとんどの場合、品揃えが多く使い勝手の良いビルトインタイプを設置するお宅が多いようです。
■費用目安:約"13万円~18万円"
■工事費用目安:約"8万円~"

image

image

Panasonic IHクッキングヒーター
KZ-F32AST
販売価格:"41,478円~"
・幅60cm
・お掃除らくらく
・ふきこぼれ、こげつきセンサー
・揚げ物温度調節
・両面グリル

3.床暖房設置

最も効率よくお部屋を暖める暖房器具は、床暖房といっても過言ではありませんが、オール電化を導入したら、床暖房も設置すると、暖房器具が欠かせない冬の省エネにもつながります。

image

床下に設置するため、導入費用が高くなるのが難点ですが、他の暖房器具が必要ないぐらいの暖かさであり、また、電力が割引になる夜間に貯めたお湯を循環させて暖めることによってランニングコストが安く済みます。(床暖房の種類によります)

■費用目安:約"25万円~100万円"
■工事費用目安:約"25万円~"

太陽光発電との併用でもっとお得に!

image

オール電化にすると、夜間は電気料金が割引になるため光熱費を安く抑えられますが、昼間に電気を使うと電気代が上がってしまう場合があります。それだと、昼間に常に誰かが在宅しているお宅では、せっかくオール電化にしても省エネ効果を感じられなくなりますよね。

そこで、昼間の太陽光を取り入れて電力を作ることのできる太陽光発電を導入すると、昼間も夜間もエネルギーを安く抑えられるので、オール電化と太陽光発電は相性が良いと言われるのです。

太陽光発電の導入費用は、平均で"200万円~"程度かかり、決して安くはありませんが、約10~20年程度で、初期費用を回収できると言われており、また、自治体による「住宅用太陽光発電補助金」制度もありますので、上手く取り入れて導入を検討されると良いでしょう。

まとめ

オール電化と簡単に言っても、その設備を導入するには、高いと100万単位の費用がかかります。ですが、長い目で見ると、トータルコストが安くなることも十分にありますので、ご自宅の光熱費の使い方や環境などを総合的に判断して、導入をご検討されると、省エネ効果を存分に実感できるのではないでしょうか?
まずは、複数の業者に見積もりをとり、シミュレーションをしてみましょう。

image

オール電化リフォームの費用を一括見積り!

image

オール電化リフォーム費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。