神棚設置・取り付けで知っておきたいポイントと価格相場をご紹介

image

神棚は日本において、神道の神様をお祀りするためのもののことで、古くから家の中に設置されているものでもあります。また、神棚はご家庭によってそれぞれ設置されている場所も異なりますし、全く同じものが取り付けられているというわけではありません。しかし、神棚を設置する際にはいろいろなことを確認してから取り掛かる必要があるため、それらをしっかりと知っておく必要があります。

ここでは、そんな神棚について、設置・取り付けの際に知っておきたいポイントや、業者の方に依頼した際にかかる費用の価格相場などをご紹介していきたいと思います。

神棚の設置・取り付けの際に知っておきたい基礎知識について

image

神棚と一概に言っても、その材質造りなどでもそれぞれ特徴が異なりますし、設置場所もご家庭によって異なります。しかし、神棚設置はしっかりと基礎知識をもって行わなければ、逆に凶となってしまうこともあるのです。まずは、そうならないために知っておきたい神棚設置・取り付けに関する基礎知識をご紹介していきましょう。

・神棚の設置場所は注意が必要!

神棚は、設置場所次第で吉となるか凶となるかが決まります。そのチェック事項としては以下のようなことがあります。

1.汚れのない清浄な場所
2.静かで明るい場所
3.家族が集まる場所
4.目の高さ以上の場所に設置する

image

例えば「1.汚れのない清浄な場所」についていえば、油汚れなどがつきやすい台所は設置場所に適していないことになります。そもそも、台所では荒神さまという、火の神様をお祭りする場所でもありますので、台所に神棚を設置することはできません。

「3.家族が集まる場所」に関しては、家族を守ってもらうためにも必要なことになります。例えば誰もいない部屋に神棚を設置してしまうと、家族で神棚を拝む機会も少なくなってしまいますよね。そうならないためにも、いつも意識が行きがちな、家族が集まる場所に神棚を設置することが必要となってくるのです。

image

「4.目の高さ以上の場所に設置する」とはいっても、上であればどこでも良いわけではありません。例えば2階の部屋などは、プライベートな空間が多いため、神棚の設置には向いていません。そもそも、神棚は先述した通り家族が集まる場所に設置することが望ましいとされています。それに加えて、お客様が通るような、客室や茶の間に設置することも適しているとされているため、そういった部屋の、大人の目の上あたりに神棚を設置することが望ましいといわれているのです。

また、上といっても通路の上やクローゼットの上などは神棚の設置場所には適さないといわれています。また、神棚を設置する場所の2階部分が、人の出入りが激しかったり、人が良く通行する場所であることは、望ましいことではないため、できるだけ避けましょう。

一方で、仏壇と神棚の設置場所との位置関係も悩みどころかと思います。これに関しては、諸説あり、人によっては決まりごとがあるかと思いますので、設置前に確認しておくことが必要となります。

image

・神棚を設置する際に気を付けたい方角

神棚を設置する場所に加えて、それらの方角も吉となるためにはしっかりと測って設置する必要があります。具体的な方角としては、神棚は東向きもしくは南向きに設置することが望ましいとされています。しかしこの際、東や南の壁面は設置場所に適さないこともありますので、注意が必要です。

また、特に北向きに神棚を設置することは、大凶になるといわれていますので、絶対に避けるようにしましょう。ちなみに西向きに神棚を設置するのは、吉と凶が半々になるといわれていますので、できるだけ避けたほうがよいかと思います。

加えて、「鬼門」と呼ばれる北東の方角は神棚設置の際避けるようにしましょう。これは陰陽道で鬼が出入りする方角とされていているため、神棚の設置場所には適さない方角となっています。

image

・マンションでの神棚設置、場所を決める際に大切なこととは?

一軒家ならば神棚を設置する場所も比較的融通が利くかと思いますが、マンションの場合はそうはいかないことが多いかと思います。実際に、階下の部屋であれば上の階の方が歩かない場所を探すことも難しいでしょうし、設置する場所に穴を開けられないなどの悩みもあるかと思います。

マンションで神棚を設置する場合は、凶となる場所をできるだけ避けて、それらを外した場所の中でも一番適している場所を選ぶとよいかと思います。例えば先述した設置場所の基礎知識の中でも、方角の決まりはきちんと守ったり、汚れのない場所として台所やトイレ以外を選ぶなど、できるだけ凶となることを避ければ、問題はないかと思います。

また、先述した通り、マンションではどうしても上の階の方が通らない場所を見つけるのが難しいかと思います。しかしその際、神棚の天井部分に「雲」と記すことで、カバーもできます。これは、神棚の上は空であることをあらかじめ決めておくという方法です。

神棚設置・取り付けにかかる費用の価格相場とは

image

それでは最後に、神棚の設置や取り付けにかかる費用の価格相場をご紹介していきたいと思います。神棚の設置はご自身でも施工可能な工事でもありますが、気を付けるべきことがたくさんあるので、できるだけ業者の方に依頼したほうが良いかと思います。その際の工事にかかる費用としては、2~4万円程度が価格相場となっています。

神棚の設置・取り付けに関していえば、施工費にはこだわらないということで、施主は請求額のほかに気持ち上乗せする必要があります。これを祝儀として、業者の方に渡すことは神棚の設置や取り付けに関して礼儀となっていますので、注意しましょう。また、神棚設置・取り付けの見積もりを出してもらった際に、価格にいろいろ言うこともタブーとされています。


一括見積もりの使い方

家を修理したいけど、どこに頼めば…?
とりあえず家仲間に書き込んでみよう!匿名で記入できるから安心ね。

業者さんに伝わりやすい、現場写真や間取り図などのファイル添付も簡単です。

匿名で入力するだけで、業者さんから概算見積もりや提案が届きます。

かんたん 直接頼める業者さんへの匿名相談はこちらから

まとめ

いかがでしたか?神棚設置・取り付けについてポイントなどをご紹介してきましたが、設置場所の決まりなどは諸説あり、方向などはそれぞれ伝統の方法があることもあります。そういった上で、業者の方に神棚設置・取り付けを依頼する際は、きちんと希望を伝えておくことも大切です。特に仏壇と神棚の位置関係は、諸説あるので、事前に確認しておきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

神棚設置・取り付けをお得に行うには?

image

神棚設置・取り付けを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に神棚設置・取り付けの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。