物干し・竿掛けの取り付け・設置工事の価格相場と種類を紹介します

image

毎日の生活の中で、必ずいくらかの洗濯物は出ます。そんな洗濯物は、放っておくと異臭騒ぎにもなりますし、なにより汚れをそのままにしてくことは衛生上良くありませんので、きちんと洗濯をする必要がありますよね。

洗濯物は、天気が良い時には外に干したい、という方が多いかと思います。しかし外へ干すためには、物干しや竿掛けを取り付ける必要があるのです。今回は、そんな物干し・竿掛けの取り付け・設置工事について、業者に頼んだ時にかかる価格相場を中心に紹介していきたいと思います。また、実際に販売されている物干しや竿掛けもいくつか見ていきますので、ぜひチェックしてみてください。

設置できる物干しは室外だけじゃない?

室外に竿掛けや物干しを設置し、洗濯物を干しているというご家庭も多いかと思います。しかし、特にマンションでベランダがついていないところだったり、一戸建てでも物干しを置くスペースがないなどの不都合がある場合は、室内に専用の物干しを設置しているご家庭も多いです。そんな室内用の物干しの中でも、「ホシ姫サマ」や「ホスクリーン」は人気もあり、多くの方が使用しています。

image

・ホシ姫サマってどんなもの?

ホシ姫サマはパナソニックが開発・販売している室内物干しユニットで、天井か壁に設置することができます。設置に当たっては、新築かそうでないかで下地を補強する必要が出てきますので、取り付け費用も変動してきます。

ホシ姫サマを取り付けるメリットとしては、竿を上げ下ろしできることが挙げられます。方法は手動かリモコンやスイッチなどの電動化を選ぶことができ、どちらにせよ洗濯物を干すときやとるときは手元に竿を下げることができるので、高齢者や車いすの方も簡単に作業ができるのです。なた、洗濯物の量によって、竿の数を増減することもできるので、たまった洗濯物の処理にも最適です。

ホシ姫サマの取り付けにかかる費用の価格相場としては、1.8~3万円ほどとなります。ちなみにホシ姫サマ自体は2~12万円で購入できます。電動のもの、竿の数が多いものがとくに高額になってきますので、ぜひお好みのものを検討してみてください。

image

・ホスクリーンってどんなもの?

ホスクリーンは川口技研の商品で、室内用のものから室外に設置できるものまでさまざまなラインアップとなっています。その中でも室内用のものは、操作ヒモもしくは操作棒で竿の上げ下げを調整でき、いずれも簡単な操作となっています。

またホスクリーンの場合、自身で購入したものを取り付けだけしてくれる業者の方もいらっしゃいます。インターネット上ではホスクリーンを格安で販売しているところもありますし、取り付けだけしてもらえるなら費用を抑えることができますよね。

ホスクリーンの取り付け・設置にかかる費用の価格相場としては、1.5~3万円ほどとなります。ちなみに室外用のホスクリーンですと、軒天に設置するものや腰壁に設置するもの、自立型のものなどがあります。ぜひ用途別で使い分けてみてください。

物干し・竿掛けの取り付け・設置工事は自分でもできる?

物干しや竿掛けの取り付け・設置工事は、業者に依頼してももちろん施工してもらえますが、簡単なものならば自身でも作業が可能です。しかし設置場所によっては、電動のドリルなどの工具を必要とすることもあり、DIYに慣れていないと難しいかもしれません。無理に行うと思わぬ事故にもつながりますので、自身がない方はぜひ業者の方に依頼して施工してもらってみてください。

ちなみに、先ほどご紹介したホシ姫サマは、手動タイプのものならばご自身での取り付けも可能ですが、電動タイプのものは電気工事を必要とするため、資格がない方は施工不可能となります。ホスクリーンは、電動式ではないためご自身での取り付けが可能です。

物干し・竿掛けの商品をいくつかご紹介

それでは実際に、販売されている物干しや竿掛けの中でも人気があるものをいくつか紹介していきましょう。

image

1.セキスイ製 物干しセット
内容:ハンガー掛けつき竿3メートルのもの2本、物干し台(水や砂を入れておもりとして使えるタイプ)
バリエーション:竿の長さが違うもの、竿の材質が違うもの、ハンガー掛けがないものなど複数あり
材質:パイプ・ステンレス巻きスチールパイプ、台の部分・ポリエチレン樹脂
特徴:昔ながらの室外用物干しと竿掛けです。竿受け部は上下2本、ずれないためのストッパーも完備されています。竿1本につき10キロまでの重さに耐えることができます。
販売価格:約9,000円~

image

2.アイリスオーヤマ 室内物干し
内容:物干し三本、本体(組み立て不要)
品番:H-MH1417
材質:パイプ・ステンレス巻きスチールパイプ
特徴:幅と高さを調整できます。使わないときの収納も可能、竿1本当たり5キロの重さに耐えきれます。
販売価格:約5,500円~

image

3.森田アルミ工業 室内物干しワイヤー「pid」
品番:pid4M
特徴:室内干しができるワイヤータイプのものです。使いたいときだけワイヤーを伸ばすだけで、干すことができます。大人気の新しい物干しのスタイルとなっています。
販売価格:約6,000円~

物干し・竿掛け取り付け・設置工事にかかる費用の価格相場とは

image

最後に、物干しや竿掛けを取り付け・設置する際に、気になるその価格相場を紹介していきましょう。物干しのタイプや、大きさ、メーカーによっても価格は変動していきますが、大体の価格相場は3~4万円となっています。

また、ホシ姫サマやホスクリーンは装置そのものの値段が高額となります。そのうえ、新築以外の場合取り付けの際に下地補強工事が必要となり、取り付け費用も高額となりやすいです。取り付けを検討している場合は、まずは業者の方に見積もりを出してもらってみてください。

まとめ

いかがでしたか?物干しや竿掛けは、洗濯物を干すにあたって必要不可欠なものです。最近はホシ姫サマやホスクリーン、ピッドなど、最先端の室内物干しユニットも販売されており、それぞれ使い勝手も良いものばかりとなっています。ぜひご自宅ででる洗濯物の量や、物干しを設置する場所などを検討したうえで、用途に合ったものを見つけてみてください。もちろん、今回紹介したもののほかにもさまざまなものがあります。ぜひ参考にしてください。

物干し・竿掛けの取り付け・設置工事をお得に行うには?

image

物干し・竿掛けの取り付け・設置工事を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に物干し・竿掛けの取り付け・設置工事の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。