気になる食器洗浄機のメリット・デメリットを分析!

食事のあとの面倒な家事といえば「食器洗い」です。おなかいっぱいになった後は、テレビでも観ながらゆっくり過ごしたいものですが、シンクにたまった食器の山を放っておくわけにもいかず、疲れた体に鞭打って勢いで片づけてしまう方も少なくないでしょう。そんな家事の負担を軽減してくれる食器洗浄機ですが、気になる食器洗浄機のメリット・デメリットを分析しました。

食器洗浄機とは?

image

「食器洗浄機」とは、高圧水流で食器を洗って乾燥するまでを自動で行うキッチン家電のこと。キッチンカウンターなどに置くだけの据え置きタイプと、システムキッチンに組み込まれたビルトインタイプがあります。

image

「食器洗い乾燥機」「食洗機」などとも言われ、呼び方にも数種類ありますが、操作手順は同じです。

<食器洗浄機の操作手順>
①食器を並べて入れ、食器洗浄機専用の洗剤を洗剤投入口に入れ電源を入れます。
②温水で洗剤を溶かし、高圧水流を食器に噴射し汚れを落とします。
③洗浄が終われば乾燥に入ります。

食器洗浄機のメリット・デメリット

食器洗浄機に関するアンケートでは、「光熱費が高くつきそう」「設置コストが高い」「本当に落ちているか不安」という声が多いようですが、食器洗浄機のメリット・デメリットを分析してみましょう。

image

■光熱費が高くつきそうだけど・・・
まず光熱費に関しては、実際には手洗いより省エネ効果が高いことがデータによって明らかになっています。

image

              <参照:(財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典」>

食器洗浄機は、手洗いよりも水の使用量が圧倒的に少なく済み、それにかかるガス代も大幅に削減できるため、手洗いよりも省エネにつながります。
お湯を沸かす時と乾燥する時に電気代が発生しますが、乾燥まで行わずに、洗浄が終わったあと扉を開けて余熱で乾燥させるとさらにコストダウンにつながります。
筆者宅も、乾燥機能を使うことはほとんどありませんが、余熱でカラッと乾いてしまうので乾燥を行わなくても十分だと感じています。

電力会社には、夜間割引がありますので、その時間帯に食器洗浄機を使用すれば、さらに省エネになりますよ!

image

一年を通して水でしか食器を洗わない(ガス、電気共に不使用)、家族が少なく洗い物がとても少ない、もしくは調理をほとんどしないご家庭では、食器洗浄機を使う必要もありません。ガス、電気を使う食器洗浄機は、逆に光熱費がアップしてしまうかもしれません。

image

■設置コストが高いんでしょ?

食器洗浄機の価格は、
据え置きタイプ
本体価格:50,000円~、取り付け工事費:8,000円~
ビルトインタイプ
本体価格:約80,000円、取り付け工事費:30,000円~

が目安ですが、本体価格は機能により価格帯にばらつきがありますし、工事費は、現状、部品が必要かどうか、電圧の大きさなども関係してくるため幅があります。
工事費込みで食器洗浄機本体の価格を大幅割引している業者さんもありますので、食器洗浄機を設置する際は、必ず数社から見積もりをしてもらいましょう。

イニシャルコスト(初期投資)ですが、本体価格約5万円、省エネ効果約8,000円として計算すると、イニシャルコストの回収にかかる年数は、約6年という計算になります。(本体価格がもっと安くお買い求めいただけるお店もあります)

image

これを長いと感じるか短いと感じるかは、食器洗浄機の使い方や頻度にもよりますが、食器洗浄機を使うことによって、今まで手洗いに割いていた時間を家族との団欒や自分の時間に充てることが出来るので、価格だけではないメリットを感じられると思います。

image

■本当に汚れがちゃんと落ちるの?
気になる洗浄力ですが、結論から言いますと、手洗いと比べると、明らかに洗い上がりに違いが出ます!
ハンバーグをこねたボウルなども、食器洗浄機で洗うとピカピカ輝いています。手洗いではここまでの輝きを見たことがありません。それは、食器洗浄機は、手では耐えられない高温により食器を洗うため、汚れ落ちが良いからです。

現在、食器洗浄機をお使いの方で、汚れが落ちていないとお感じの方は、ぜひ使い方を見直してみてください。食器洗浄機の汚れ落ちをアップさせるには、いくつかのコツがあるんです。

1.予洗いをする
スポンジでゴシゴシ洗う必要はありません。洗い桶などに水またはお湯を張り、食器をつけて置くだけで汚れ落ちがアップします。
乾燥してお茶椀にへばりついたご飯粒がとれにくいのは手洗いでも同じです。食器を使い終わったら出来るだけ早く水またはお湯につけておくことで、汚れが乾燥してこびりつくことを防げます。
あまり汚れていないものは、予洗い無しでも汚れは落ちます。

2.食器を正しくセットする
食器洗浄機の説明書にセットの例が書いてあります。きちんと読み直して食器を正しくセットしましょう。
食器洗浄機は下から上に温水を噴射するため、食器は【下向き・内向き・重ならないように】入れることがコツです。

image

                      <参照:Panasonic住まいの設備と建材

3.食器洗浄機専用の洗剤を使う
食器洗浄機には、必ず専用の洗剤を使いましょう。手洗い用の洗剤を使用すると、食器洗浄機内が泡まみれになり、悲惨なことになります。
また、汚れに応じて洗剤の量を増やすことも重要です。油汚れや落ちにくいものを洗う時は、標準の1.5倍量に増やしてみましょう。(洗剤の適量欄に書いてある量を参考にしましょう)

4.使用後は残さいフィルターの掃除を
食器に残った残さいがフィルターにたまっているので、毎回使用後にゴミを取り、洗っておくことで、次回使用時の洗い上がりが綺麗になります。
月に一度は、食器洗浄機内に専用クリーナーのみを入れ空運転をして、庫内のお掃除をしましょう。

image

上記の他にもメリットとして、
食器洗いの負担・ストレスが減った 48.4%
効率的に家事ができるようになった 21.6%
節水につながった 20.9%
食器洗いによる手荒れがなくなった・気にならなくなった 17.4%

デメリットとして
食器洗浄機のサイズによっては大きなフライパンなどが入らない
食器をうまくセットできない
音がうるさい
という声があるようですが、購入時にサイズを選んだり、セットのコツをメーカーに教えてもらう、静音タイプのものを選ぶ、などで対処できるでしょう。最新の食器洗浄機は、音も大変静かになっています。

まとめ

現在の食器洗浄機の普及率は、約30%とまだまだ低いようですが、その理由として、上記『食器洗浄機のメリット・デメリット』の項で挙げた3点の声の他に、「贅沢品と(家族から)言われる」「手洗いのほうが良い(と言われる」など、家族からの反対や、地域によって新しいものを受け入れにくい環境なども影響しているようです。

image

食器洗いに関するアンケートでは、「毎日食器洗いをしている人は約7割」、その中でも、「1日に2回以上食器洗いをしている人は約5割」もいるという結果が出ています。
洗濯機を使っていないご家庭は大変少ないでしょう。
同じように、食器洗いをしている人の負担が軽減されるなら、決して高くはない家電ではないでしょうか。ぜひ食器洗浄機の取り付けをご検討してみてください。

image

食器洗浄機の取り付け費用を一括見積り!

image

食器洗浄機の取り付け費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。