綺麗な芝生のお庭にしたい|芝生の種類や一年中緑を保つ方法、費用目安などを大公開!

image

ゴルフ場や海外のお庭のような緑の芝生は綺麗で素敵ですよね。
芝生は見た目が良いだけでなく、コストパフォーマンスも高いのでとても人気があります。
また生育条件が整っていれば、半永久的に育つという耐久性の高さもあります。
今回はそんな憧れの芝生のお庭について調べてみました。

芝生のメリット・デメリット

芝生のお庭にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。
両方の点を比較して導入を検討してみると良いでしょう。

メリット

image

・見た目が綺麗
・身近に自然と触れ合える
・緑色は目に優しく癒し効果がある
・初期の導入コストが安め
・適した条件下では半永久的にもつ
・お子様やペットなどが遊ぶのに適している

デメリット

image

・定期的な芝刈り等のお手入れが必要
・虫が発生する
・猫などのトイレにされることもある
・種類によっては茶色になる時期がある

ネックは定期的なお手入れ!?

image

基本的には芝生はメリットが大きそうです。
しかし芝生を導入した人の中で一番大変なのが「芝刈り等の定期的なお手入れ」なのだそう。
特に夏場は芝の成長が早い為、1、2週間に一度の頻度で芝刈りをすることもあるそうです。
芝生を導入するなら、芝刈り等のお手入れも出来そうか、ということを合わせて検討してみると良いでしょう。

コストパフォーマンスに優れた芝生

image

費用面から考えると、芝生はコストパフォーマンスに優れているということが出来ます。
まず初期の導入費用は、他の庭の施工方法に比べて割安です。
慣れている方であればホームセンターなどで芝生を手に入れて自分で植えることもできます。


費用耐久性
芝生1万7千~15万円半永久(適切な条件下において)
コンクリート19万~40万円15年~
ウッドデッキ10万~130万円10年~
砂利1万4千~3万5千円半永久(継ぎ足す必要あり)
人工芝2万円~20万円10年~

芝生の種類

芝生にも種類があり、適用環境や見た目などが異なってきます、
大きくは日本芝と西洋芝に分けられ、その中でもいくつかの種類に分けられています。
気候の暖かい日本の庭では日本芝が多く利用されていますが、ゴルフ場や牧場、寒冷地などでは西洋芝が利用されていることも多いです。

image

暖地型芝草(夏芝/日本芝)

野芝
日本中に広く分布している在来種の芝生です。
日本の温暖湿潤の天候によく適応し、沖縄から北海道南部までの地域で自然に自生しています。
野芝は暖地型芝草の中では、比較的寒さにも強い為、寒冷地に利用されることもあります。
葉の特徴として、幅が広く、見た目は他の芝に比べて粗い印象です。
管理がしやすいので、昔から庭園や寺社仏閣などに利用されてきました。

高麗芝
日本の庭によく利用される代表的な種類の芝です。
暖かい所を好み沖縄から東北にかけて広い範囲で利用されています。
見た目はやや硬い印象を与えますが、きめ細やかで綺麗な芝生を作ります。

姫高麗芝
高麗芝のうち小型のものを姫高麗芝と呼びます。
葉が細くて固く、密度のあるきめ細かい芝生を作ります。
デメリットは管理に手がかかることで、生育速度が速いのでほかの種類よりも芝刈りの頻度を多くする必要があります。

image

寒冷型芝生(冬芝/西洋芝)

ブルーグラス
世界中で広く利用されている芝で、日本でも北海道では古くから家庭の芝生に利用されています。
種の発芽や初期成育が遅いですが、踏まれるのには強く、最近では耐暑性や耐陰性、耐塩性のある品種も改良されています。

ベントグラス
ベントグラスの芝生は非常に美しいのでゴルフ場のグリーンでよく利用されています。
通常は種から育てることが多く、乾燥にも弱い為、管理には少し手間がかかります。
最近は刈り高が低くできるような品種も改良されています。

フェスク
乾燥や日陰に強く耐久度に優れた芝生です。
その為使用される用途も広く、また混播にもよく用いられています。

ライグラス
牧草としてよく利用されている種類です。
生育が良い反面、短命で、一年生~短年生のものが主です。
早急に芝生を作りたい時には便利な種類の芝生です。
耐暑性を兼ね備えたものも開発されており、関西でも生育することが可能になっています。

一年中緑の芝生を保つ方法

image

緑色の芝生は気持ちいいものですが、芝生の種類によっては冬に茶色くなってしまうものもあります。
茶色くなってしまうと見た目も良くないのでどうにかしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

芝生の緑を一年中保つには3つの方法があります。
冬にも緑色の芝生だと気分が明るく過ごせそうですね。

1.寒冷型芝生(冬芝)にする

image

寒冷型芝生は寒さに強いので、冬でも緑色を保つことが出来ます。
ブルーグラス、ベントグラス、フェスク、ライグラスがそれに当たります。
寒冷型芝生は基本的に夏が苦手です。

夏を上手く乗り越えることが出来れば、一年中緑色のお庭を楽しむことが出来るでしょう。

☆寒冷型芝生の夏越のポイント

image

・高温を避ける
・朝昼晩と芯の温度が冷えるまで水やりをする
・風通しを良くする
・ネットや屋根などを利用して遮光する
・芯を暖めない
・芝生の調子が悪いときは肥料をあげない
・風通しをよくする
・切れ味の良い芝刈り機を利用する
・防虫対策をして芝生を守る
・シリンジングを行う
・ベンディングを行う

2.ウィンターオーバーシード

夏には暖地型、冬には寒冷型の芝生を育てる方法です。
お庭で二毛作を行うようなイメージです。
サッカー場や野球場、ゴルフ場など、一年中芝生が緑である場所でよく使われています。
一年を通じて下記のようなサイクルを繰り返しています。

image

春:休眠からさめた暖地型芝が育ち始めます。
夏:暖地型芝の生育が旺盛になります。
秋:暖地型芝の生育が弱くなり休眠します。
夏の暑さに非常に弱い短年草の芝生の種を蒔きます。
冬:寒地型芝の生育が旺盛になります。
雪印種苗HPより

【主なベースとなる暖地型芝草】
・バミューダグラス(ティフトンシバ含む)

【主なウィンターオーバーシーディング用の寒地型芝草】
・アニュアルライグラス
・ペレニアルライグラス(WOS用品種)

3.暖地型芝生を着色する

image

冬に茶色くなってしまった芝生を緑色に着色するという直接的な方法です。
簡単にあまり違和感などなく塗り替えることが出来ます。
お手軽に緑の芝生を楽しみたい場合によい方法です。
ゴルフ場、野球場などにも使われていることがあります。

image

芝用着色剤 Kアイグリーン  1kg入り
4,800円
芝生の種類を問わず、休眠期前~休眠期に使用することにより自然の色彩を蘇生させ、美しい環境を保ちます。
約200平米(60坪)に散布できます。
年3回散布で20坪用です。

<散布目安>
50倍希釈
1平米あたり200~250ml散布
(着色剤原液は4~5ml使用)

まとめ

image

いかがでしたでしょうか。
芝生は見た目も良くコストパフォーマンスにも優れているので、是非お庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。
芝生の種類や組み合わせによっては一年中緑を保つことも出来てしまいます。
身近に自然があると癒されるのでお勧めですよ。

image

芝生施工の無料見積もりが可能

image

芝生施工をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、芝生施工に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

                    <芝生施工の見積もりを無料でしてみる>

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。