洗面所床張替えリフォームの費用の相場とおすすめの床材を一挙ご紹介!

image

朝の身支度やお風呂から出た後のお手入れをする場所として、洗面所を毎日欠かさず利用しているという人は多いですよね。そんな毎日当たり前のように使用している洗面所、良く見ると床に汚れやシミがついているなんてことはありませんか?なかには傷や汚れといった表面上の劣化だけではなく、床がきしんだり凹凸が激しくなったりと下地にも劣化が進んでいることもあるかもしれません。そこで今回は、洗面所の床の張り替えリフォームについて費用の相場やポイントを紹介していくとともに、洗面所の床材としておすすめしたい素材をいくつか取り上げていきたいと思います。

洗面所の床材、どんなものが良いの?

image

フローリングやカーペット、タイルやクッションフロアなど、現在住宅ではいろいろな種類の床材が使用されています。また、部屋によって適している床材が異なることから、部屋別で違う床材を使用しているお宅が大半です。例えばリビングやダイニングではフローリングやカーペットを床材として使用しているお宅が多いでしょうし、お風呂場にはタイルがよく使用されているようです。

では、洗面所にはどんな床材が使用されることが多いのでしょうか。洗面所はお水を使用する部屋でもあるので、耐水性はもちろんのこと耐薬性も重視されるでしょうし、素足でいることが多いことから足触りが良い素材であることも大切ですよね。そういったメリットを併せ持つ床材として、洗面所に適していると言われている床材が「クッションフロア」です。

クッションフロアとは

image

クッションフロアとは塩化ビニルから作られた素材で、CFシートと呼ばれることもあります。耐水性に優れているほか、適度な弾力があり、汚れも付きにくく落としやすいことから洗面所をはじめとしてキッチンやトイレといった水回りの床材としても広く使用されているようです。

最近はカラーバリエーションや模様も豊富に展開されているので、デザイン性もアップしたと言われているクッションフロア。実際に木目調やタイル調、大理石を模したものまでいろいろなデザインの商品が販売されています。さらに従来の商品と比べて、防カビ性や消臭機能など、機能性に優れた商品も幅広く展開されていることから、今までのように水回りだけではなく居室や廊下などの床材として使用されることも多いようです。

洗面所の床にフローリングはNG?

image

質感が良くオシャレな雰囲気もあることからも人気の床材であるフローリング。リビングやダイニング、廊下や玄関など、家の中でフローリングを使用している部屋が多いというお宅も少なくはないかもしれませんね。しかし一方で、フローリングは洗面所の床材として使用されることはあまり多くはないようです。と言いますのも、フローリングはクッションフロアほど耐水性などに優れていないため、洗面所の床材として使用してしまうと寿命を縮める原因になりかねないと考えられているのです。

とはいえ、フローリングを洗面所の床材として使用するのは完全にNGであるわけではありません。最近は塗装などを加えて耐水性や耐薬性、汚れ防止といった機能性を高めたフローリングも多く販売されているので、洗面所の床材として使用できる商品も増えてきているからです。こういった複合フローリングは実際に洗面所の床材として使用されることも多いそうですが、如何せんクッションフロアよりは高額とされています。そのため、リフォーム費用を抑えたいのであればクッションフロアの方が適していると言えるでしょう。

洗面所の床材としてタイルを使用することも

image

洗面所の床材としてタイルを使用することも珍しくはないようです。確かにタイルは耐水性も耐久性も高いですし、お手入れも簡単なため洗面所にも適していると言えます。しかしタイルは比較的高額な床材であるほか、冬場は特に足元を冷やしてしまうというデメリットもあるので、あまりメジャーではないようです。

洗面所の床張替えリフォームのポイント

image

続いては、洗面所の床張替えリフォームを行う際に抑えておきたいポイントや注意点を見ていきましょう。

床材の劣化原因は経年だけではない?

image

冒頭で経年劣化についてちらっと紹介しましたが、実は洗面所の床が劣化する原因となるのは必ずしも年月だけはありません。そもそも経年劣化が原因であれば単なる床材の張り替えだけで済むことは多いようですが、例えば浴室や配管からの水漏れが原因となっている場合、原因箇所の修理・修復も行う必要が出てきます。こういった場合には工事の規模も費用も変動してきますので、まずは業者の方にしっかり見てもらうことをおすすめします。

施工方法で費用が変わる?

image

床材を張り替える場合、「新規張り」か「重ね張り」のどちらかの工法で行われることが多いようです。既存の床材をはがして新しく床材を張り替える「新規張り」と違って、既存の床材を剝がさずに上から新しい床材を張り付ける「重ね張り」という工法は、手間も費用も比較的かかりません。そのため、できるだけ費用を抑えてリフォームしたいのであれば重ね張り方法の方が良いのかもしれません。

しかし一方で、洗面所は水を多く使う場所でもあるので他の場所よりも床材や下地材が劣化しやすいと言われています。そのため、特に以下のような症状がみられる場合には、床の下地材の補修も可能な新規張りでの施工をおすすめします。

・床の上を歩くときしむ
・床がフカフカする
・床にカビが発生している

新規張りの方がリフォーム費用は掛かりますが、その分床の下地材を補修したり状態をチェックしたりできるというメリットがあります。床の下地材の損傷は放っておくと家全体の寿命にも関わってくると言われていることからも、早目に対処するようにしましょう。

洗面所の床張替えリフォームの価格相場とは

image

洗面所の床張替えリフォームにかかる費用の価格相場はおよそ2~5万円と言えるでしょう。しかし洗面所の広さや施工方法、使用する床材の種類によってはリフォーム費用は変動していきますので、まずは複数の業者の方に見積もりを依頼し、比較して検討することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?洗面所の床は劣化が早い傾向にあるので、こまめに張替えをする必要があるようです。また、ある程度年月が経っていないとしても、劣化が激しいようならばほかに原因があることも考えられますので業者の方に一度メンテナンスしてもらうことをおすすめします。

洗面所の床張替えをお得に行うには?

image

洗面所の床張替えを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に洗面所の床張替えの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。