壁の穴の修理はお早めに!|費用目安や修理方法などご紹介

image

壁材に多く利用されている石膏ボードは建材として優れている反面、衝撃に弱く穴が開きやすいという性質もあります。
その為ぶつかったりして壁に穴をあけてしまうなどということも結構起こります。
壁に開いた穴をそのままにしておくと、劣化して穴が広がることもありますし、賃貸の場合は大家さんとのトラブルに繋がる場合もあります。
穴を見つけたら早めに修理しておくことが吉でしょう。
この記事では壁の穴の修理について役立つ情報をお伝えしていきます。
壁に開いた穴にお困りの方必見です。

壁材によく利用される石膏ボードとは

image

住宅の壁材として広く利用されているのは石膏ボードです。
石膏ボードは石膏を主成分とした素材を板状にして、特殊な板紙で包んだものです。
費用が安価で、断熱・遮音性が高いという特徴があり、壁や床などの材料に適しています。
通常の壁はクロスなどで仕上げてあるので、外観から石膏ボードかどうかを確認するのは難しいですが、基本的に水を多く利用する場所以外はほとんど石膏ボードが使われていると考えてよいでしょう。
また石膏ボードは厚紙を表面に加工してあるので、クロスの上からでも押すと軽くへこみます。
より確実なのは釘や画鋲などを指してみる方法で、石膏ボードであれば刺した針先に石膏の粉が付着します。

衝撃に弱い石膏ボード

image

費用が安価で、遮熱・遮音性が高く、建材として非常に優れている石膏ボードですが、衝撃に弱いというデメリットもあります。
石膏ボードは粉状の石膏の塊なので、衝撃を与えるとボロッと崩れやすいのです。
そのため壁にぶつかってしまって穴が開くということも起こりえます。
建材として優れている石膏ボードですが、このようなデメリットがあることも知って上手に付き合っていきたいものです。


壁に開いてしまった穴を放置すると……

image

小さな穴であれば、そのまま放置しても問題ないと考えるかもしれません。
壁の穴を放置すると見た目も悪いですし、その穴が劣化してさらに被害が拡大することもあり得ます。
また賃貸物件の場合は、退去するときに直せばいいと考えがちですが、そのままにしていて穴が拡大し、大家さんとのトラブルに発展することもあり得ます。
壁に穴が空いてしまったら、早めに直すことをお勧めします。

壁の穴の修理の仕方

image

壁に穴をあけってしまった場合、どのように修理するのでしょうか。
ボードを取り換えるなど、大規模な修理方法もありますが、中には自分でもホームセンターなどで材料をそろえて修理できる内容もありますので、試してみるのも良いでしょう。
修理方法は穴の大きさによって異なってきますので、大きさ別に見ていきたいと思います。

image

・小さな穴の場合
小さな穴の場合はパテで埋めるだけの修理を行うことが多く、自分でもホームセンターなどで材料を買ってきて行うことができます。
また見た目を良くするために壁紙を一枚張り替える場合もあります。
壁紙張り替えを自分で行う場合、シートタイプのビニルクロスは1×5Mで1~8千円程で購入することができます。
ただし壁紙張りは注意しないと皺になってしまうことが多いので、自信がない場合は業者に任せることをお勧めします。

image

石こうボード穴埋めパテセット
¥899
1袋(400g)
石こうボードの小さな穴(ビス穴・クギ穴)から大きな穴(直径10cm位まで)の補修、つなぎ目の調整パテとして利用できます。

image

・大きな穴の場合
かなり大きな穴の場合は壁の石膏ボードを取り換えることになります。
しかし大きいと言っても15~20センチ位であれば、ボードを取り換えることなくメッシュテープなどを張りそこにパテを塗り付けて補修することも可能です。
壁のボードを取り換える必要があるのかどうか、まずは穴の大きさを確認して、ボードを交換しなくても補修できるかどうか確かめてみましょう。
またメッシュテープを利用した補修であれば、材料をそろえて自分で行っても良いでしょう。

image

粘着タイプパテづけ用ネットテープ
¥285
50mm×10m
・弱粘着タイプなので、手で押さえると補修箇所に付着します。
・パテのくいつきをよくし、パテづけ作業がスムーズに行えます。

壁の穴修理の費用目安

image

壁の穴の修理を業者に頼む場合、費用はどれくらいかかってくるのでしょうか。
家仲間コムに寄せられた見積もり事例を見てみると、1.4~3.5万円が一番多い価格帯です。
壁の穴の修理費用は、壁の大きさや壁材の種類、修理の方法によっても異なります。
まずは見積もりを取ってみることをお勧めいたします。

見積もり事例

image

家仲間コムに寄せられた壁の穴の修理の見積もり事例をご紹介いたします。
穴の大きさや状態によって費用は異なってきますが、是非参考にしてみてください。

洗面所の壁に穴
2万円 ~ 3万円
壁に穴があいてしまいました。
家族しか利用しないところなのでとにかく穴だけふさがればいいと思っています。
1階洗面所 2ヶ所
・幅20cm高さ20cm
・幅10cm高さ10cm

内壁の穴を修理したい(府中市)
2万円 ~ 5万円
築10年木造二階建てです。
内壁に開いた穴を修理したい。
直径20センチの穴です。

壁の穴の修理(八王子市)
2.5万円 ~ 4万円
ベニヤ壁に穴が空いてしまいました。
穴は5センチ角くらいです
ベニヤにペンキを塗ってあるようなつくりで、壁紙はありません。

壁穴修復(江東区)
1.8万円 ~ 3万円
洋室の壁の穴の修復をしたいと思います。
穴の大きさは100×100です。

壁の穴を修理して欲しい
1万円 ~ 3万円
壁の穴の修理をお願いします。
全部で2か所。

image

壁穴修理の無料見積もりが可能

image

壁穴修理をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、壁穴修理に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image