外壁塗装の注意点や、トラブルの原因とその対策

image

いつまでもきれいに見せたい住み慣れた家宅でも、いつかは老朽化してしまうもの。特に、風や雨、太陽光などに常にさらされ続ける外壁は、家宅の中でも劣化が進みやすい部分でもあります。
一方で、きちんと何年かに一回、メンテナンスをうけて、修理をしてしまえば、外壁が何十年もきれいなままの状態を保つことができるのです。
今回は、そんな外壁の中でも、外壁塗装について、主に注意点やトラブルの原因などをご紹介していきます。その家宅の顔ともいえる外壁がぼろぼろだと、恰好も付きませんし、何より劣化したまま放っておくと、思わぬアクシデントを生じさせることもあります。

外壁塗装で何が変わるのか?

image

そもそも外壁を塗装しなおすことで何が変わるのかについて、まずはご紹介していきます。

外壁を塗装することで、目に見てわかる効果は、もちろん見た目です。家宅の外観が美しくなり、新築のような雰囲気を出してくれることもあるでしょう。

しかし、実は一番変化が出てくるのは、その耐久性なのです。外壁に使用する塗料はいろいろありますが、それらを塗ることで、「塗膜」と呼ばれるうすい膜が発生します。日頃紫外線などにさらされ続けている家宅を守ってくれている働きを持っているのが、実はこの塗膜なのです。

塗膜の耐用年数は、使用する塗料によっても違ってきますが、大体5~15年とされています。したがって、塗られている塗料の塗膜の耐用年数に合わせて、外壁を塗装しなおす必要があるのです。

使用している塗料がわからなければ、大体10年をめどに外壁を塗装しなおすことをおすすめします。何もメンテナンスもせずに放っておくと、ひび割れなどを生じさせることもあるので、注意してみてください。

外壁塗装の具体的な工程

image

次に、ある塗装会社を例に挙げて、外壁塗装の具体的な工程を見ていきます。

・A社の外壁塗装工程

1.色の打合せ
外壁に塗る色を打ち合わせによって決めます。業者によっては、試し塗りをしてくれるところもあります。
2.外部足場の組み立て
家宅の外側に、業者が実際に使う足場を組み立てます。この際、外に大事なものがある場合は、きちんとどけておきましょう。飛散防止のシートもかぶせます。
3.高圧洗浄
基本的には外壁は高圧洗浄、屋根はトルネード洗浄となります。コケや汚れをしっかり取ってもらいましょう。

4.下地処理
金属サイディングの下地処理や、コーキング工事と呼ばれる下地処理を施します。塗膜の密着を良くさせるためや、防水効果のために行います。
5.窓などの養生
窓などに塗料がつかないようにきちんとシートで被います。
6.下塗り
下塗り材を用いて、下塗りを行います。
7.中塗り・上塗り
仕上げの塗りです。

中には、作業を省いて行う業者もいますが、きちんと耐久性なども考えるなら、事前にリサーチして見積もりを出してもらい、しっかりした業者を選んで外壁塗装をしてもらうことが大事です。

外壁塗装でよくあるトラブルと注意点

image

次に、外壁塗装工事でよくあるトラブルとその原因、対策などの注意点についてご紹介していきます。

1.塗ってみたら塗料の色が違った!

まずは塗料のトラブルからご紹介していきます。厳選して、自分の家に一番合う色、発色などを迷って決めたはずなのに、出来上がってみたら見本の塗料とも自分の想像とも違う色だった、というトラブルは、よくあります。

これは、基本的にどちらが悪い、というものではないので、注意が必要です。見本だと、小さいですし、実際に木の板に塗って、外の光にさらされているものではないので、どうしても食い違いが出てきてしまうのです。

この場合、塗ってしまったものを塗りなおすというサービスはほとんどないので、事前にきちんとリサーチしておくことが重要となります。

実際に試し塗りをしてもらったり、木の板に塗ってもらったものを外で見て、発色を確かめるなど、きちんと業者とトラブル対策に励みましょう。

2.近隣の住宅から文句を言われた!

image

長い付き合いをしていくうえで、大事にしていきたいのがご近所関係だと思います。石化うこれまで穏便に済ませていたご近所との付き合いを、たった一回の工事でなくしたくはないですよね。

外壁塗装の場合、多いのが足場を組み立てる際の騒音や、塗料の匂いによる苦情です。それらは当然起きてしまうといえばそうなのですが、やはり面白くない近隣住民はいるのです。

基本的には、ご近所への工事の挨拶は、業者が行う場合が多いです。しかし、顔も知らない業者が突然「工事しますのでよろしくお願いします」というよりは、面識のある家主が頭を下げて挨拶に行く方が印象は格段いいに決まっています。

ご近所トラブルは、一度引き起こすと厄介なものですので、工事の前には必ず家主が近所に挨拶に行くことで、事前に防ぐようにしましょう。

3.想定外の追加料金が発生した!

こちらも発生しやすいトラブルのパターンです。特に、一回の工程がセットやパックで、一律料金の場合は注意が必要です。

この場合、その家宅に発生しているトラブルなどの解決のために、追加料金が発生することがあります。それらをただ了承してしまうと、あとから高額な料金を請求されることもあります。

image

では、そのようなトラブルを防ぐ注意点は、工事に入る前に業者に外壁の状態をきちんと見てもらうことが解決策となってきます。
そうして、きちんと調査してもらったうえで、総合的な見積もりを出してもらえば、あとから料金が増えることはなくなるでしょう。

今は小さな傷等なら、自分で対処できるようにホームセンターに道具や塗料も売っていますし、業者が後からいろいろ言って来たら、他の業者に相談してみることもいいと思います。

他にも、塗料がすぐはがれてしまった、などのトラブルも多いですが、大事なのはきちんと事前に業者の工程や評判をリサーチしておくことです。工程の証明として、それぞれのシーンを写真を撮ってもらっておいてもいいかと思います。

外壁塗装のまとめ

いかがでしたか?外壁塗装も他のリフォームと同様トラブルが多いです。そういったことを引き起こさないためにも、まずはきちんと信頼できる業者を選ぶことが大事です。ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装をお得に行うには?

image

外壁塗装を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に外壁塗装の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。