窓を断熱する重要性

image3

熱は温度の高いところから低いところへ移動して、両者が一緒の温度になろうとする性質があります。そのため夏場に室内を冷房で冷やしても、外気温は高いので外気の高い熱がどんどん室内に移動して室内の温度を上げていきます。
逆に冬場は、室内の暖かい熱がどんどん寒い外に移動してしまいます。

image3

基本的に住宅の壁などには断熱材が入っているので、熱が伝わりにくくなっています。でも、住宅にも断熱が弱いところがあります。

それが " 窓 " 。

窓からの熱の侵入が圧倒的に多い事実があるのです!
では、どのくらい窓の断熱が弱いのでしょうか?
(社)日本建材産業協会が平成4年省エネ基準で建てた住宅モデルにおける例として調査しています。

夏場に窓から入ってくる熱の割合

image3

夏に冷房の効いた室内から外の熱が入ってくる割合は、何と窓が71%もあります。
次いで、外壁が13%、屋根が9%、換気が5%、床が2%となります。

冬場に窓から出て行く熱の割合

image3

冬に暖房の効いた室内から熱が外に移動する割合は、窓が48%です。
次いで、外壁が19%、換気が17%、床が10%、屋根が6%となります。

つまり窓を断熱することが、最も効果的なのです。
この結果を知ると、窓を断熱しないと"もったいない"ですよね。
では、窓を断熱する方法はどのようなものがあるのでしょうか?

窓断熱種類別の費用と効果

窓断熱には、様々な種類や方法があります。
手軽なものでは、窓のガラス面に断熱スプレーを吹きかける断熱方法から、窓枠から取り替えてしまう窓断熱リフォームまで。
代表的な窓断熱の方法をみてみましょう。

■窓断熱スプレー

image3

窓に吹き付けて拭くことで、窓にシリコンコーティングして断熱。
最もお手軽で価格も安い断熱方法。

効果持続断熱スプレー参考価格断熱スプレーによる断熱費用
1ヵ月程度2,000円/400ml(52m2分)1回/200円(窓サイズ幅170cm×高さ180cm)

断熱効果(メーカー公表)】
・ガラス面温度4.3度ダウン
・熱流28%ダウン
消費者口コミ(物販サイト参照)】
「スプレー前と後で温度を測ったが変化なし。効果実感できず。」
「スプレーしても誰も効果に気づかなかった。」
「冷房の効きがよくなったような気がする。」
「安いし、涼しくなったので良かった。」

■窓断熱シート

image3

ポリエチレンシートのフィルムをガラス面に貼ることで、シート自体の効果とガラスシートの間にできる空気層で断熱するというもの。
断熱フィルムの多くが水で貼れるので、自分で貼れて比較的お手軽な断熱方法。

耐久年数断熱フィルム参考価格断熱シートによる断熱費用
約1年(メーカーが1年を目安に張替えを推奨1,500円/(90×160cm/1枚)1回/3,000円(窓サイズ幅170cm×高さ180cm)

断熱効果(メーカー公表)】
・紫外線99%カット
・冷暖房効率アップ
・冬場1シーズンで137.4KgのCo2削減
・冬場1シーズンで6,621円の灯油代削減
消費者口コミ(物販サイト参照)】
「断熱性は高いと実感できた。」
「電気使用量が前年で平均15%以上削減できました。」
「外の景色が見えなくなり、部屋も暗くなってしまった。」

■窓断熱コーティング

image3

窓にガラス専用の断熱コーティング材(塗料など)を塗って乾燥させる断熱方法。
コーティング材にUV吸収剤や赤外線吸収剤が含まれるものや、金属皮膜を液体化したものなどがある。
コーティング後、乾燥すると塗膜は硬くなりガラスとの密着性が非常に高い。
施工には資格があるので、業者に依頼するのが一般的な断熱方法。

耐久年数断熱コーティング参考価格断熱コーティングによる断熱費用
10年以上15,000円/m245,900円(窓サイズ幅170cm×高さ180cm)※施工費含む

断熱効果(メーカー公表)】
・赤外線90%以上カット
・紫外線99%以上カット
・可視光線透過率75%

■窓断熱フィルム

image3

シートと同じガラス面に貼る断熱方法だが、フィルムの断熱性能が非常に高い。施工は業者への依頼が必要。
高い断熱効果とともに高い透明性も確保。またガラス飛散防止にも効果あり。

耐久年数断熱フィルム参考価格断熱フィルムによる断熱費用
約10年16,000円/m248,960円(窓サイズ幅170cm×高さ180cm)※施工費含む

断熱効果(メーカー公表)】
・赤外線90%以上カット
・紫外線99%以上カット
・ガラス面温度5.4度ダウン
消費者口コミ(メーカー公表)】
「日が入り暑かった。フィルムを貼って暑く感じなくなった。」
「日中・夕方の日差しが和らいだ。」
「想像していた以上にフィルムを貼ったあとの視界がクリアで気に入った。」

■断熱ガラス

image3

サッシはそのままで複層ガラスに交換する方法。交換するガラスによって、断熱効果や費用も変わる。
断熱効果の高い代表的なガラスは以下。
・複層ガラス:2枚のガラスで空気層をつくり断熱効果を高めたもの。
・遮熱複層ガラス:2枚ガラスの室外側に特殊金属膜をコーティングしたガラス(Low-Eガラス)を使用したもの。空気層と金属膜の効果で断熱効果がより高い。

断熱ガラス参考価格断熱フィルムによる断熱費用
複層ガラス21,000円/m2(ガラスのみ)79,260円
遮熱複層ガラス30,000円/m2(ガラスのみ)106,800円

窓サイズ幅170cm×高さ180cmの場合 ※施工費含む

断熱効果
・複層ガラス:熱量透過率48%ダウン(遮熱複層ガラス)
・遮熱複層ガラス:熱量透過率58%ダウン(遮熱複層ガラス)

■二重窓

image3

既存の窓の室内側に、新たに内窓を設置する断熱方法。
既存窓と内窓の間に隙間(空気層)ができるので、断熱効果は高く防音効果も高い。内窓のガラスを複層ガラスや断熱ガラスにすることで更に断熱効果を高めることができる。

二重窓による断熱費用
単板ガラス79,600円
複層ガラス96,400円
遮熱複層ガラス108,300円

窓サイズ幅170cm高さ180cmの場合 ※施工費含む

断熱効果(メーカー公表)】
・紫外線40〜81%カット
・日差しを最大60%カット

窓断熱の効果と費用を比較

image3

窓断熱の効果と費用は比例します。
やはりお手軽な窓断熱スプレーや窓断熱シートは、業者に依頼するような断熱方法に比べると、断熱効果は圧倒的に低いです。

ケース別お勧めの窓断熱方法

■とにかく安く窓断熱をしたい方

断熱フィルムがおすすめです。
ホームセンターやネットで断熱フィルムを購入して、自分で貼りましょう。

■今あるガラスをそのままに窓断熱をしたい方

断熱コーティングがお勧めです。
コーティングは様々な窓に対応できて、コーティング面とガラス面の密着度も非常に高いのではがれることはありません。
一般的な家庭の場合は、施工は1日で終了します。

■しっかりと窓断熱をしたい方

二重窓がおすすめです。窓が二重になることでの空気層は、断熱には非常に効果的です。また、防音効果も非常に高いので、リビングや寝室などの窓断熱に特に適しています。

image3

〜匿名&無料で直接頼める業者さんに一括見積りできる「家仲間コム」〜
          < 家仲間コムで窓断熱の見積りをする

image3