image3

浴室のお掃除って大変ですよね!毎日、身体をキレイにする場所である浴室は、皮脂や石鹸カスなどで汚れやすく、さらに湿度が高いため、カビが発生しやすい場所でもあります。カビが発生しない浴室にするためには、日頃のお掃除が大切なのですが、毎日の浴室のお掃除って大変なんですよね。そこで、浴室のお掃除が楽になるお手入れしやすい浴室リフォームをおすすめします。浴室の汚れの種類やお掃除方法なども合わせてお伝えします。

浴室の汚れの元になるものは?

浴室の汚れの元になるものは、主に、皮脂石鹸カスです。さらに水やお湯を扱う場所でもあるので、水垢、湯垢が発生します。そして、皮脂と石鹸カス、水垢、湯垢を栄養源としてカビが繁殖していきます。

image3

ですので、まずは、皮脂と石鹸カスを取り除くこと、そして水分を拭き取り、出来るだけ湿度の低い状態に乾燥させておくことが、清潔な浴室を保つコツなのです。

浴室の汚れの種類

浴室の汚れにも種類があり、それぞれお掃除方法も異なります。

<水垢>

水道水に含まれる「カルシウム」「マグネシウム」が蓄積されると、ザラザラとした水垢となります。バスタブ、床、蛇口、鏡、洗面器、バスチェアーなどに白っぽいものがついていることがありますが、これが水垢です。

水垢は、放っておくと石灰化して落ちにくくなります。特に、鏡や蛇口などの金属部分に水垢が発生すると、同質化してしまうため取れなくなってしまいます。

image3

お掃除方法
・毎日のお掃除は中性洗剤で優しくこすり落とす
水垢はアルカリ性なので、酸性のお酢やクエン酸を吹きかけてしばらく置き、スポンジでこすり落とす
・時間が経って石灰化したものはクレンザーなどで研磨するしかない

<湯垢>

水道水に含まれる成分と皮脂が合わさって出来るのが湯垢です。水垢と同じと思っていらっしゃる方も多いのですが、水垢はアルカリ性で、湯垢は酸性なので、そもそも性質が違います。

image3

お掃除方法
・毎日のお掃除は中性洗剤で優しくこすり落とす
湯垢は酸性なので、アルカリ性の重曹を溶かしたお湯につけ置き、スポンジでこすり落とす
・壁や床は重曹スプレーを吹きかけてこする

<銅石けん>

image3

浴室で青い汚れが発生することがあります。これは、銅石けんと呼ばれる汚れで、給湯器の内部や配管に使用されている銅管から溶け出した銅イオンと、石けんに含まれる脂肪酸が反応して発生します。

人体には無害ですがとれにくので、こまめなお掃除をすることが大切です。

お掃除方法
・毎日のお掃除は中性洗剤でこすり落とす
・銅石けんの原因となる湯垢は酸性なので、アルカリ性の重曹を吹きかけてこする
・時間が経って取れにくい場合は、クレンザーでこすり落とす

<カビ>

image3

浴室で見かける黒い汚れはカビです。黒カビが発生した場合は、カビ取り剤を使用してきっちり除去する必要があります。カビの発生を防ぐには、カビの栄養源となる皮脂や石鹸カスが残らないよう日頃からお掃除をすることと、湿気をとって乾燥した状態に保つことが大切です。

お掃除方法
・毎日のお掃除は中性洗剤でこすり落とす
・時間が経ったカビは、カビ取り剤で除去する
・お掃除したあとは、湿度を下げて、常に乾燥した状態を保つ

<サビ、もらいサビ>

サビは、蛇口などの金属の表面が、湿気や腐食性ガスに侵されて発生します。ヘアピンやひげそりなどの金属品などに発生したサビが、浴室内の部分に移ることを「もらいサビ」と言います。

image3

お掃除方法
・クレンザーで軽くこすり取る
・サビが発生した部分に熱めのお湯をかけて、衣料用の還元系漂白剤ハイドロハイターを塗って20分ほど放置、水で流す

各メーカー工夫あり!お手入れしやすい浴室設備

浴室の汚れは何種類もあり、それぞれ酸性であったりアルカリ性であったりするので、洗剤を変えたり、お掃除方法を変えたりと、ひとくちにお掃除といっても大変な労力がかかります。浴室をキレイに保つためにも、少しでもお手入れしやすい浴室だと嬉しいですね。

浴室設備メーカーには、TOTOやPanasonicなどがあり、各メーカー共、汚れが付きにくい素材や、お掃除しやすい形状などを工夫して、どんどんお手入れしやすい浴室が発売されています。
では、人気の3商品をそれぞれ見てみましょう。

image3

■TOTO サザナ■
メーカー価格:80万円~

image3


・親水特殊処理をしたFRP素材で、軽くこするだけで汚れが落ちる

・表面を炭素の膜で覆っているので水垢がつきにくく、簡単なお手入れで落としやすい
浴槽
・表面の撥水・撥湯技術で汚れがつきにくく落としやすい
カウンター
・壁・浴槽と離すことで、カウンターの奥やサイドのお手入れがしやすい

image3

■Panasonic オフローラ■
メーカー価格:80万円~

image3


・フッ素系特殊シートで傷つきにくく、軽くこするだけで汚れが落ちる
浴槽

・表面の撥水・撥湯技術で汚れがつきにくく落としやすい
排水口
・ゴミがまとまりやすい形状と、フッ素系特殊コーティングで汚れにくい
浴室暖房乾燥機
・カビが繁殖しにくい
ドア
・パッキンレスで、換気口がドアの上にあるから汚れにくい

image3

■LIXIL リノビオVシリーズ■
メーカー価格:76万円~

image3


・特殊処理効果で皮脂がつきにくく、スポンジで軽くこするだけで汚れが落ちる

・水切れが良いので水垢がつきにくく、簡単なお手入れで落としやすい
浴槽
・防汚クリア層で汚れがつきにくく落としやすい
排水口
・排水時のお湯の流れでごみをまとめる
ドア
・スッキリデザインで汚れにくくお手入れがしやすい

お手入れしやすい浴室リフォームの費用目安は?

image3

各メーカーとも、お手入れしやすい浴室を販売しており、どれを選んでも優劣つけがたいクオリティーとなっています。メーカー希望価格は、おおよそ80万円前後からですが、リフォーム業者さんによって大幅割引もありますので、まずは複数の見積もりをとりましょう。

お好きなメーカーや、それぞれの特徴で選び、リフォーム業者さんの割引率などと合わせて検討して商品を選択すると良いでしょう。

気になるリフォーム費用目安ですが、商品と工事費用を合わせて、おおよそ"70万円~180万円"程度となります。

image3

浴室リフォーム業者を一括見積り!

image3

浴室リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image3

image3

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。