image3

ご家庭で最も使用する頻度の高い家電といえば洗濯機、という方も多いのではないでしょうか?洗濯機は、夫婦二人でも一日に2回回すこともあり、ご家族が増えるにしたがって洗濯機を使用する回数も増えていきます。そんな洗濯機ですが、汚れた洗濯物を入れ、水を使うので湿度が高くなり、洗濯槽にカビが発生することも多いのです。もし、今までに一度も洗濯機クリーニングをしたことがない方は、ぜひプロに依頼してみてください。今回は、洗濯機クリーニングをプロに依頼した場合の手順や費用目安についてご紹介します。

洗濯機ってそんなに汚れるの?

image3

ハイ、汚れます。
洗濯機は、洗濯槽の中しか見えませんが、洗濯槽の裏側にはカビがびっしり!ということが少なくありません。ただでさえ、汚れたものを扱っている洗濯機は、そこに水やお湯を使うため、カビや細菌が大好きな湿度がたっぷりで、絶好の繁殖環境にあるわけです。

初めて、洗濯機を掃除した方は、その汚れに驚愕することでしょう。古い洗濯機を初めて掃除した時に、筆者も悲鳴が出るほどの衝撃を受けました。

洗濯機クリーニングはどれぐらいの頻度で行うのがベスト?

では、カビや細菌を繁殖させないために洗濯機クリーニングをしていきましょう。
シャボン玉石けん株式会社によると、洗濯機クリーニングをする適正な頻度は「2~3ヶ月に一回」だそうです。

下記のグラフは、洗濯槽を掃除する頻度についてのアンケートをとった結果です。

image3

このアンケートの結果を見ると、洗濯機クリーニングをする適正な頻度と言われる「2~3カ月に一回」より少ないと答えた人が、80%にものぼることが分かります。全く掃除をしない方も22%もいらっしゃいますが、この方たちは、次の内容で驚くことでしょう。

image3

イギリスの専門家によると、掃除を全くしていない洗濯機には、なんと、大さじ2杯の水に100万の細菌がいるそうです。こんなに細菌がいる洗濯機でいくら洗濯をしても、洗濯物も綺麗になりませんし、綺麗になるどころかカビや細菌をつけているかもしれません!

カビや細菌を繁殖させないようにするためには、やはり、適正な頻度での洗濯機クリーニングが必要なのです。

洗濯機クリーニングをするのに最適な時期は?

image3

洗濯機クリーニングをするのに最適な時期は、梅雨前と梅雨明けです。ご存知の通り、梅雨は雨が多く、湿度が高い日が続きます。カビや細菌は湿度が高い状態が大好きなので、梅雨前に一度洗濯機クリーニングをしてカビや細菌を除去しておくことで、繁殖を抑えることができます。

そして梅雨明けに再度、洗濯機クリーニングをすると、梅雨時期に増えてしまったカビや細菌を除去できて、清潔な状態が長続きします。

プロに依頼する洗濯機クリーニング

洗濯機クリーニングを一度もしたことのない方は、まずはプロに洗濯機クリーニングを依頼することをおすすめします。
なぜなら、洗濯機は、洗濯槽の裏側にカビや細菌が繁殖しやすいのですが、素人ではこの部分まで丁寧に掃除をすることが出来ないからです。ましてや、一度も洗濯機クリーニングをしたことがない場合は、下の写真のように洗濯槽の裏側は大変なことになっていますよ!

image3

このような状態は、洗濯機を分解して初めて確認することが出来ますが、素人では洗濯機の分解までなかなか出来ません。

洗濯機の内部に汚れが見えないからと安心していると、裏側はこんなことになっているのです。

洗濯機クリーニングの手順

では、プロのハウスクリーニング業者による洗濯機クリーニングの手順を見てみましょう。

image3

1.洗濯機のカバーを外して洗濯機を分解します
2.パルセーター、洗濯槽を取り外して洗浄します

3.外せない部分も洗浄します
4.洗濯機を移動させ、
洗濯パンも掃除します
5.
部品を組み立て、試運転をして完了です

こちらの洗濯機クリーニングを行っている業者さんは、洗濯機の分解まで行い掃除してくれますので、初めての洗濯機クリーニングには最適でしょう。

image3

image3

パルセーターとは?
洗濯機の底に取り付けられているプロペラのような部品のことです。

洗濯機クリーニングの費用目安は?

image3

洗濯機クリーニングを業者さんに依頼した場合の費用目安はどれぐらいなのでしょうか?
業者さんによって、洗剤を使って洗浄するだけだったり、洗濯機を分解して洗浄してくれるところもあったり様々なので、クリーニング内容をよく確認しましょう。

<A社の場合>
●作業内容:洗濯槽表面、脱水槽、洗濯槽、洗濯パン、洗濯機本体の内側・外側のクリーニング
●作業時間:約3時間
●費用:14,000~17,000円/1台

<B社の場合>
●作業内容:上部カバーの分解、洗濯槽取り外し、内部洗浄
●作業時間:約1時間
●費用:9,800円/1台
●オプション:洗濯パン2,000円

<C社の場合>
●作業内容:上部カバー分解、洗浄水つけ置き、専用薬剤と資器材で洗濯槽の奥まで洗浄・除菌(分解なし)
●作業時間:約1時間
●費用:12,000円/1台

プロに洗濯機クリーニングを依頼した場合、洗濯槽の裏側など、手の届かない部分まで分解、洗浄してくれるので、下記の写真のように大変綺麗になります。
洗濯機を分解しない業者さんであっても、専用薬剤を使用したり、高圧洗浄機や専用資器材を使用して綺麗にしてくれます。

image3

ちゃんと綺麗になるのか気になる場合は、洗濯機クリーニングの契約前に、どのような手順でどんな薬剤を使用するのか詳しく教えてもらうと良いでしょう。
きちんと説明してくれない業者さんは選ばないほうが賢明です。

ドラム式洗濯機でも洗濯機クリーニングを依頼できる?

ドラム式洗濯機の洗濯機クリーニングは、業者さんによっては対応不可のところもあるようです。ドラム式洗濯機は、水を溜めたら洗濯が終わるまで扉を開けることが出来ないため、洗濯機クリーニングで出た汚れを途中で取り除くことが出来ず、排水が詰まってしまうこともあり得るからです。

image3

また、縦型洗濯機と違って構造が複雑なため、たとえ、ドラム式洗濯機の洗濯機クリーニングを取り扱っている業者さんであっても、別途費用が発生することも多いようです。

ドラム式洗濯機の洗濯機クリーニングの場合は、縦型洗濯機の費用より、おおよそ5,000円~7,000円程度費用が上がります。
また、二層式洗濯機の洗濯機クリーニングは対応不可のところも多いので注意が必要です。

まとめ

洗濯機クリーニングは、一度プロの業者さんに依頼して綺麗にしてもらえば、あとは、ご自宅で定期的に洗濯機クリーニングを行うことで、綺麗な状態を保つことが出来ます。そして、数年経ったら、再度プロの業者さんに依頼するというサイクルで、洗濯機を綺麗にして長持ちさせましょう。

image3

洗濯機クリーニング業者を一括見積り!

image3

洗濯機クリーニング業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image3

image3

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。