image3

新築の時は綺麗だった外壁も経年劣化や天災の影響で徐々に傷んでくるものです。
実際に壁の修理が必要となった時には修理だけでなく同時に塗装も行う方法がお勧めです。
壁の塗装は壁の耐久性を上げるので将来の損傷を防いでくれ、また見た目も新築のようにきれいに生まれ変わります。
今回は外壁修理のタイミングや塗装のメリットを中心にお伝えしていきます。
建物には定期的に外壁塗装を行っていくのがお勧めです。

築十年目辺りから出てくる経年劣化

image3

外壁は常に外の空気にさらされているので、長い時間が経つと段々影響が出てきます。
サビ、カビ、チョーキング、などはよくありますが、土地柄によっては塩害や凍害の影響を受けることもあります。
これらの損傷があると、将来的に家の寿命を縮めてしまいます。
家を建てたらお終いではなく、定期的なメンテナンスを心がけることが家を綺麗で長持ちさせる秘訣です。

地震や台風のあとは要チェック

image3

地震や台風などの天災でも建物が被害を受けてしまいます。
家の中は何ともなくても、外壁にヒビが入ってしまうこともありますので、地震や台風の後は軽くチェックしてみると良いでしょう。
ご加入の保険によっては、地震や台風などの被害の場合は修理費用を補償してくれるケースもあります。
保険の事も念頭に入れつつ修理を検討してみると良いでしょう。

チェックするべきポイント

image3

外壁の日々などの場合は分かりやすいですが、他にも修理が必要となるケースはいくつかあります。
修理するべき状況をまとめてみました。
チェックする際に是非参考にしてみて下さい。

image3

■塗装のはがれ、めくれ
塗装が剥がれたりめくれている場合、そこから水分が浸透したりして損傷の拡大や腐食の原因になりえます。
小さい場合は部分的な補修で対応しますが、大きい場合は再塗装も検討しましょう。

image3

■カビやコケ
日当たりや風通しが良くない場合にカビやコケが発生してしまうことがあります。
表面に生えているだけであれば、高圧洗浄機等を利用して洗浄します。

image3

■色あせ、くすみ
外壁は普段紫外線にさらされているので、経年劣化による色あせ、くすみは避けることが難しいです。
建物の耐久性には影響はありませんが、見た目が悪くなってしまいます。
最近では色あせしにくい塗料もあります。

image3

■サビ
錆なども表面だけであれば、建物の耐久性にそれ程影響を与えませんが見た目を悪くしてしまいます。
前回の塗装から時間が経過しているのであれば、再塗装を検討しても良いでしょう。

image3

■ヒビ
小さなヒビ(ヘアークラック幅0.3mm以下、深さ4mm以下)は放置していても全く問題がありませんが、大きいヒビになってくると注意が必要です。
経年劣化だけではなく、地震などの後にも起こりやすいので定期的にチェックしてみましょう。

image3

■腐食
外壁が腐食している場合は早めの対応が必要です。
放置していると建物の内部にまで影響する可能性があるので、早めに専門家の方に診てもらうことをお勧めします。

image3

■チョーキング現象
壁を触った時に白い粉が手のひらについてしまう現象をチョーキング現象と言います。
チョーキング現象は外壁が劣化している状態のときに起こるものなので、放置すると外壁にトラブルが発生しやすくなります。
早めに専門家に見てもらいましょう。

外壁修理には外壁塗装が効果的

image3

例えばヒビであればパテで修理し、カビ等であれば洗浄しますが、損傷や劣化が激しい場合は同時に外壁塗装することがお勧めです。
外壁塗装することで再発を防止し、建物の耐久性を上げることが出来るからです。
また見た目も綺麗に生まれ変わることが出来ます。
特に前回の外壁塗装から10年以上経過している場合は、修理と同時に塗装も検討してみてはいかがでしょうか。

外壁塗装の様々な機能

image3

外壁の塗料には様々な機能がついているものもあり、建物の耐久性を高めてくれます。
お勧めの機能を幾つかご紹介していきます。

image3

○断熱塗料
熱を反対側に伝えにくくする機能です。
温度が外気に左右されない為、冷暖房効率を上げることが出来、電気代の節約にも繋がります。

GAINA
3000~5000円/m²
宇宙ロケットの外壁塗料の技術が民間に応用された製品です。
特殊セラミック層で構成されており、高い断熱性を誇ります。
屋根や外壁だけでなく、船の甲板や重要文化財にも利用されている実用性の高い塗料です。
価格は普通の塗料と比べると高めです。

image3

○遮熱塗料
光を乱反射し、効率的に排熱を行う塗料です。
断熱性とは異なる為、冬より夏に優れた威力を発揮します。

アドグリーンコート
3000~4000円/m²
テレビ、カメラ、携帯などの排熱に利用されるナノ・ファインセラミックスを応用して開発された素材で、とても「冷めやすい」のが特徴です。
とくに暑い夏場に優れた威力を発揮します。

image3

○光触媒塗料
光触媒を利用して、光や水の力で汚れや周辺の空気を綺麗にしてくれます。
自浄効果があるので手間をかけずに綺麗さを保つことが出来ます。

ハイドロテクト
3000~4000円/m²
セルフクリーニングと空気の浄化の二つの効果があります。
光の力で、ちり・ホコリの付着を抑え、自動車や工場などの排気ガスや排煙等が原因の油汚れを分解し、雨の力で汚れを洗い流します。
また自動車や工場などの排気ガスや排煙に含まれる窒素酸化物(NOx)を除去し空気を浄化します。
戸建て一軒分のハイドロテクトでテニスコート4面分の緑地と同じ空気浄化効果があります。

image3

○ナノテク塗料
環境に配慮して開発された水性の塗料です。
塗料に利用される石油系資源が通常の塗料の半分なので、CO2排出量が少なく環境に優しい塗料と言えます。
また機能の多さも特徴です。

ナノコンポジット
3000~4000円/m²
耐汚染性、耐変色性、耐炎性、防カビ・防藻性、シックハウス対策、速乾性の6つの機能を持っています。
CO2排出量が少ない為、地球の温暖化にも配慮したエコな塗料です。

外壁塗装は将来を見越して考えよう

image3

外壁塗装は一生持つものではなく、塗料の耐久度に合わせて定期的に再塗装していく事が望ましいです。
その為塗料の耐久性から将来何回再塗装が必要かを見越してリフォームの計画を立てましょう。
塗料の費用が高くても耐久性が高ければ、全体的に見てお得と言う場合もあります。
一方長く住む予定のない建物の場合は、塗料の費用を抑えるという選択もありです。
お得に外壁塗装を行うためには将来を見越して考えることがポイントです。

【主な塗料と一缶辺りの値段】
アクリル    約3~5年 5,000~15,000円
ウレタン    約5~7年 5,000~20,000円
シリコン    約7~10年 15,000~40,000円
ピュアアクリル 約15年~ 50,000~70,000円
フッ素     約15年~ 40,000~100,000円
無機      約15年~ 50,000~120,000円
光触媒     約15年~ 50,000~100,000円

image3

外壁修理・外壁塗装の無料見積もりが可能

image3

外壁修理・外壁塗装をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、外壁修理・外壁塗装に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image3