image3

集合住宅では周りへの騒音に気を付けておられる方が多いと思います。
特に小さなお子さんがいる家庭だと、子供の走る足音等が下に響くのではないかと気をもまれる場合も多いのではないでしょうか。
階下に響く音は防音対策によってある程度減らすことが出来ます。
今回はそんな床の防音対策についてお伝えしていきます。
お子さんのいるご家庭の方、階下への音が心配という方、是非参考にしてみて下さい。

騒音トラブルの件数

image3

集合住宅にはたくさんの家庭が住んでいる為、生活習慣や考え方の違いなどでトラブルになってしまうケースもあります。
国土交通省の平成25年度マンション総合調査結果によると、トラブルの発生状況内訳で一番多いのが生活音(全体の34.3%)となっています。
生活音は身近なものなので、日々生活する上でかなり気になってしまうものです。
特に深夜の生活音で眠れない…などの切実な問題をはらんでしまうこともあります。
騒音トラブルが発展して警察や裁判沙汰になるケースもありますので、日々発生してしまう生活音だからこそ、お互いに気を遣うことが求められていきます。

子供の走り回る音は結構響く

image3

生活音の中でも足音というのは結構響いてきます。
その為、生活音の中でも特に足音が気になってしまう場合が多いです。
特に築年数が経っていたり、壁が薄い建物の場合は、走り回るのに合わせて天井の照明が揺れることもあるようです。
日中はさほど気にならない場合でも、夜中や寝る直前などにはやはり気になってしまうものです。
階下への音が気になる場合は、しっかりと防音対策をして伝わる音を軽減するなどしてあげることが大切です。

足音の防音対策とは

image3

スリッパなどで床をパタパタと歩く軽い音と違って、走り回る音は重量床衝撃の部類に入ります。
重量衝撃音はその名の通り重い物が落ちて床に衝撃を与え音が伝わっていくことを指します。
重量床衝撃音の場合は床スラブ(※)が厚いほど遮音効果が高くなります。
床スラブの厚みは後から簡単に変更できない為、入居前など事前にチェックしておくことが大切です。

※床スラブとは
床構造をつくり、面に垂直な荷重を支える板の事です。
マンションなどの集合住宅ではコンクリート製の場合もあります。

image3

☆遮音フローリングを選ぼう
床の仕上げ材として、一般的にはフローリングが広く利用されています。
床の防音の為には遮音フローリングを選択すると良いでしょう。
遮音フローリングにも防音の程度によってレベルが分けられていてL-○○というようにL値で表示されます。
数値が低いほど遮音性が高くなっています。

【L値と重量床衝撃音の相関】
L-40 遠くから聞こえる感じ
L-45 聞こえるが気にならない
L-50 ほとんど気にならない
L-55 少し気になる
L-60 やや気になる

小さいお子さんのいる家庭や階下への音が気になる場合はL-40、45を基準に選ぶと良いでしょう。

床の上からできる防音対策

image3

床を厚くしたいと考えても予算オーバーだったり、集合住宅の場合は床自体のリフォームに制限がかかっているケースもあり、中々思うとおりにリフォーム出来ない場合もあります。
そんな時は床の上に敷くタイプの防音対策を試してみてはいかがでしょうか。
床自体のリフォームに比べるとお手軽に防音対策をすることが出来ます。

◇コルクマット
床の防音対策に良いと言われているのがコルクマットです。
厚みがあり衝撃を吸収するので、ドンドンという足音を軽減してくれます。
適度な柔らかさもあるため、歩く際に足や腰への負担を軽減してくれるというメリットもあります。
防音性は厚さに比例するので、気になる場合はより厚いものを選ぶと良いでしょう。

image3

やさしいコルクマット 約6畳本体 ラージサイズ
12,019円
大判で厚みがあるラージサイズです。
防音性に優れ、安心な素材なので赤ちゃんのいるご家庭にもおすすめです。

◇防音カーペット
防音カーペットとは防音効果を高めるように加工されているカーペットの事です。
普通のカーペットよりも厚みがあるので、足音やものを落とした時の音を吸収してくれます。
防音カーペットには等級があり、重量床衝撃音の場合はΔLH-1~4の4段階で表されます。
数値の小さい方が遮音性に優れています。

image3

日本製高機能 撥水 防炎 防音カーペット
13,800円
最高ランクの防音(LL-35)です。
立体感があり高密度ミックスループだから汚れも目立たなくお掃除ラクラク!

☆両方使うケースもあり
コルクマットに防音カーペット、どちらも床の上から施工できるお手軽さが魅力です。
調べていると、コルクマットの方が厚みがある分遮音性を実感されている方が多いようでした。
また効果をより高めるためにコルクマットを敷いた上に防音カーペットを敷いているケースもありました。
掃除のしやすさなどの機能的な面は落ちるかもしれませんが、より防音性を高めたい場合にはお勧めです。

ちょっとした工夫で出来る子供の防音対策

image3

床の工事を行わなくてもちょっとした工夫でも音を軽減したり、騒音トラブルを防止したりすることが出来ます。
幾つかご紹介していきます。

◇子供が走りにくいレイアウトにする
広い空間や直線の通路は走りやすい為、どうしてもドタドタと走ってしまいがちです。
障壁となるように家具の配置を考えてあらかじめ走り回りにくい環境を作ってしまうと効果的です。

◇ルールを決めておく
階下の人の生活リズムを知ることが出来れば、その上でルールを作るとお互いに気持ち良く過ごすことが出来ます。
例えば階下の人が日中出かけている場合、昼間は家でうるさくしてもいいけど夜は静かに過ごす、などのルールを作ると良いでしょう。

◇コミュニケーションをとる
一般的に人は、見知らぬ相手の生活音は気になりますが、よく知った相手の生活音はそれほど気にならないと言う事があります。
その為階下の人と日頃からコミュニケーションを取っていると騒音トラブルに発展しにくくなります。
またイベントなどで子供がたくさん集まる場合などは事前に階下の人にお知らせしておくとより良いでしょう。

image3

床の防音対策の無料見積もりが可能

image3

床の防音対策をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、床の防音対策に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image3