image3

家の見た目を綺麗に保つだけではなく、家を劣化から守ってくれる外壁塗装。
家を長持ちさせるには欠かせない施工です。
今回はそんな外壁塗装について、塗装の種類や賢い塗装方法などを詳しく調べてみました。
前回の塗装から7~15年程経ったら再塗装を考え始めましょう。
塗料にも色々な種類があり、予算や目的に応じて選ぶ事が出来ます。
ぜひ参考にしてみて下さい。

外壁塗装とは

image3

家の外壁の表面に仕上げとして塗料を塗ることを指します。
見た目の向上だけではなく、紫外線や風雨による腐食、劣化から家を守る効果があります。
また塗料の種類によっては断熱効果、遮熱効果、自浄効果等も見込む事が出来ます。
家を長持ちさせるためには外壁塗装は必須の施工と言えます。

外壁塗装の必要性

外壁塗装は定期的にした方がいいと言われますが、本当に定期的な外壁塗装は必要なのでしょうか。
見た目がきれいになるだけでは?と思う方も多いかもしれません。

image3

結論から言うと家を長持ちさせるためには定期的な外壁塗装は必要です。
塗装は見た目を綺麗にするだけではなく、家の内部構造を守る働きもになっています。
定期的な塗装をせずに、家の内部構造が痛んでくると修復に多額の費用がかかってきます。
痛み具合も、家の柱部分等も含むと大規模なものになってきます。
家を長持ちさせるためにも、定期的な外壁塗装は欠かせないと言えるでしょう。

外壁塗装のタイミング

image3

定期的な外壁塗装徒は具体的にはどの程度の間隔で行えばよいのでしょうか。
塗料の種類にもよりますが、7~15年位の間が空いたら検討するとよいといわれています。
また住んでいる立地や天候等によっても外壁の痛み具合は異なってきます。
下記に外壁塗装をするタイミングの事例をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

外壁塗装をするのであれば、早すぎず、遅すぎずベストなタイミングで行いたいものです。
外壁塗装を検討している場合は、一度専門家に見てもらって塗装する時期を相談してみると良いでしょう。

【外壁塗装が必要となる事例】

image3

・塗装のはがれ、めくれ
塗装が剥がれていると、そこから水分が浸透していき、剥がれをどんどん大きくしていってしまいます。
小さい剥がれ等であれば部分的な補修で対応する事もあります。

image3

・ひび割れ
ヘアークラックと呼ばれる細かなひびであれば問題はありませんが、大きなひびは家の内部構造にまで影響を与える事があります。
経年劣化だけではなく、大きな揺れなどでひびが発生する場合もあります。
地震が発生した場合は家の外壁をチェックしてみると良いでしょう。

image3

・カビやコケの発生
見た目に悪いだけではなく、特にカビは衛生上も良くありません。
カビやコケの発生が外壁の表面だけであれば、中性洗剤や家庭用高圧洗浄機などを用いて綺麗にすることもできます。

image3

・色あせ、くすみ
長年紫外線を浴びていると色あせやくすみが発生してしまいます。
外壁が色褪せていると全体的にみすぼらしい感じに見えてしまいます。

image3

・汚れや錆び
汚れや錆びも家の見た目を悪くしてしまいます。
錆びがひどい場合は再塗装よりも張替が推奨される場合もあります。

image3

・腐食部分がある
外壁が腐食している場合は要注意です。
腐食の被害が内部構造にまで及ぶ前に再塗装を検討しましょう。

image3

・塗装部分が膨れている
壁と塗装の間に水分が入り込んで気化する際に膨張したり、弾性塗料の使用等によって膨らんでしまう場合があります。
放置していると膨らんだ部分がはがれおちてしまうので、膨らんだ部分は削り再塗装を行います。
水分が原因となっている場合は、併せて対策を行います。
サッシ部分や壁のひび等から水が浸透してしまう場合が多いようです。

image3

・チョーキング現象
チョーキング現象とは、壁の表面に白い粉のようなものが発生する事をいいます。
外壁だけではなく、屋根などにも発生することがあります。
外壁の防水効果が劣化してきた時に起こる現象なので、放置しておくと家の内部構造に水が浸水し、劣化の原因となります。

外壁塗装の種類

外壁塗装の塗料にはいくつか種類があります。
種類によって特徴があるので、業者と相談しつつ予算や目的に応じて選んでいくと良いでしょう。

◇シリコン塗料
費用目安:2,300円~3,500円/㎡
耐久年数:10~12年
汚れにくく耐久性のある塗料なので、広く一般に利用されています。
コストパフォーマンスも高いので、もし塗料の種類に迷うようであればシリコン塗料を選択すれば無難と言えるでしょう。
油性と水性の二種類がありますが、最近では人体への影響が少ない水性塗料が良く利用されています。

◇フッ素塗料
費用目安:3,500円~5,500円/㎡
耐久年数:15~20年
他の塗料と比べても耐久性が高く、長持ちします。
耐久性以外の機能も高く、熱や寒さにも強いという性質をもちます。
その為航空機の表面加工にも利用されるという実績を持っています。
費用が若干高めなので、住宅の外壁として一般化はされていませんが、機能が高いので今後の需要が見込まれる塗料と言えます。

◇ウレタン塗料
費用目安:1,800円~2,300円/㎡
耐久年数:8年~10年
一昔前は主流の塗料でしたが現在はシリコン塗料に次いで一般的な塗料となっています。
耐候性、耐水性、耐薬性にも優れています。
光沢性のある仕上がりとなりますが、変色しやすい等のデメリットもあります。
またシリコンよりも費用は安いですが、耐久年数は短くなっているので、再塗装の必要な回数等、長い目で見て検討することが大切です。

◇アクリル塗料
費用目安:1,000円~1,200円/㎡
耐久年数:6~8年
塗料の中でも最も費用の安い塗料です。
安価で塗り替えやすいので、定期的に塗り替えをして家を綺麗に保ちたい場合や、数年しか持たなくても良い場合などに向いています。
また扱いやすいのでDIYの外壁塗装にもよく利用されます。
その他には新築の家は、はじめのうちはクラックが出来やすいので、あえて高額な塗料を避け、塗り替えを前提としてアクリル塗料を利用する場合もあります。

◇光触媒塗料
費用目安:2,500円~5,500円/㎡
耐久年数:約15~20年
太陽光で汚れを分解して浮かせ、雨などで洗い流してしまう自浄作用をもった塗料です。
カビ・藻が発生しにくく、空気も浄化するという効果もあります。
この技術は元々「TOTO」が開発したものでハイドロテクトとも呼ばれています。
注意点としては、錆びを防ぐ効果はないこと、光のあたる場所でないと効果を発揮しない事などが挙げられます。

◇ラジカル塗料
費用目安:2,800円~/㎡
耐久年数:14~16年
ラジカルとは紫外線や酸素や水などの劣化因子によって発生する原因の事を指します。
ラジカル塗料はそれらを抑制するので、正確にいえばラジカル抑制塗料とも言えます。
チョーキング現象という塗料の劣化が起こりにくく、耐久性に優れています。
また機能性塗料としては費用も抑えめなのでコストパフォーマンスが良いです。

◇断熱・遮熱塗料
費用目安:3,000~5,000円/㎡
耐久年数:約20年
赤外線を反射し、壁の表面温度の上昇を抑えます。
熱が建物に伝わるのを防ぐため、夏も快適に過ごす事が出来るようになります。
また、結露を防ぎ、防音効果、密着力・耐候性などにも優れた効果を発揮します。
費用は若干高いですが、耐久性が高いため、長い目でみて検討すると良いでしょう。

賢く外壁塗装をするためには

家を長持ちさせるには欠かせない外壁塗装。
賢く外壁塗装を行うためのポイントをまとめてみました。

image3

☆足場を組む必要のある他の工事と一緒に行う
外壁塗装は通常足場を組んで行われます。
足場を組むとそれなりに費用もかかってくるため、他の足場が必要となる工事と一緒に行うと費用の節約につながります。
外壁塗装を行う場合は、一緒に外壁修理、屋根の塗装、修理等も併せて行うことがお勧めです。
費用の節約だけでなく、全体的に工期を短くすることにもつながります。

image3

☆一つだけでなくいくつか見積もりをもらう
外壁塗装は塗料の種類や面積によって値段が変わりますが、施工する業者によっても値段が変わる事があります。
そのため見積もりを取る時は一つだけでなくいくつかとるようにしましょう。
いくつか相談してみて、信頼できるところにお願いする事をお勧めします。

image3

image3

外壁塗装をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、外壁塗装に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image3