image3

子供が部屋でボール遊びをして、壁に大きな穴が開いてしまった・・・。地震で家具が倒れて壁が陥没・・・。夫婦喧嘩がエキサイトして・・・。
室内の壁の多くは、クロスの下が石膏ボードで出来ているため、ちょっと強めに壁ドンしただけでも穴が開いてしまうこともあります。やってしまった~!と我に返って冷静になっても後の祭りですが、ひとまず落ち着いて、開いてしまった壁穴の修理方法を調べてみました。火災保険でカバーできる場合もありますよ。

壁の構造

壁の構造は、主に3種類ありますが、壁全体が強度のある下地なわけではありません。

木造壁下地工法
一般的な木造住宅でよく採用されます。等間隔に並んだ柱と間柱に石膏ボードが張られています。

■LGS工法
マンション、オフィス、店舗等によく見られ、軽量鉄骨で壁の下地を組んだ上に石膏ボードが張られています。

■GL工法
マンション、オフィスビルなどの鉄筋コンクリート造の建築物に採用されています。コンクリート壁に団子状に塗られたGLボンドに対して石膏ボードが張られています。

image3

上記3種類の工法に共通するのは、すべて「石膏ボード」を使っているという点です。
石膏ボードは、下地で良く使われる材料で、上から壁紙を張って仕上げます。手でコンコンと叩いてみると、軽い音がする箇所が石膏ボードの部分で、この部分に強い衝撃が加わると穴が開いたりへこんだりしてしまいます。

壁穴の修理方法は?

壁穴が開いてしまったら、ふさがなくてはいけませんね。では、どのように修理していくのでしょうか?

image3

小さい穴であれば、パテで下地を埋めてその部分のみクロスを張り直すという方法が一般的ですが、クロスは同じ種類でも、ロットの違いによって、また、時間と共に変色してくるため、色が合わないことが多々あります。部分的に色が合っていないと意外と目立つため、その場合は、天井から幅木までのクロスを張り替えることになります。

ホームセンターなどで、パテや壁紙を売っていますので、器用で慣れている方ならDIYでも修理は可能ですが、初心者は要注意です。
下地の補強はきちんと出来ますか?
パテを凹凸なく埋め込むことが出来ますか?
壁紙の色合わせ、目立たないように美しく仕上げることが出来ますか?
少しでも自信がないな、と思うポイントがあれば、業者さんに依頼しましょう。自力でチャレンジして失敗したあと、結局業者さんに依頼することになった、というお声も多いです。

壁穴の修理にかかる費用目安

では、壁穴の修理を業者さんに依頼した場合の費用目安を見てみましょう。過去に家仲間コムに寄せられた壁穴の修理事例をご参考にしてみてください。

image3

築4年木造2階建て、25cm×20cm、部分修理
施工時間:約2時間
費用目安:"2万円~2.5万円"
築3年マンション、120cm×100cm、
90センチ幅で床幅木から天井までの張替
施工時間:約1日
費用目安:"4.5万円~6万円"
築3年15階建てマンション、8cm程度、部分修理
施工時間:約2時間、費用目安:"1.3万円~2万円"
築5年マンション、15cm×25cmと100cmx250cmの2ヶ所
90センチ幅で床幅木から天井までの張替
施工時間:約半日、費用目安:"2.5万円~3万円"
築15年マンション、小さい穴が4ヵ所
施工時間:約1日、費用目安:"2万円~7万円"

image3

壁穴の修理費用は、壁穴の大きさ、部分修理か全体修理かなど現状によって変わります。家仲間コムでの最多価格帯は"2.1万円~3.8万円"となっていますが、数社から見積もりをとり、費用の相談をしましょう。

火災保険で壁の穴を修理できる!?

image3

火災保険には、火災以外にも、「風災」「水災」「盗難・水漏れ等」「破損等」を補償範囲としているタイプがあり、「事故」で壁に穴が開いてしまった場合は「破損等」に該当することがあります。まずはご加入の保険がどこまで補償するタイプになっているか契約内容を確認してみましょう。

image3

壁穴の修理業者を一括見積り!

image3

壁穴の修理を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image3

image3

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。