image3

通りに面した一軒家に住んでいると、外を通る視線が気になってしまうこともあると思います。
そんな時にフェンスを利用すると、ちょうど良く目隠しすることが出来て、プライバシーを守ることが出来ます。
またそれ以外にも、防犯や遮音などの色々なメリットもあります。
今回はフェンスのメリットや、ネットで検索上位の人気のフェンスをご紹介していきます。

フェンスとは

image3

敷地の境界線や玄関ポーチ周り等を囲う柵のことで、一軒家に多く利用されています。
ブロック塀の上に設置するタイプや地面に直接設置するタイプ等があります。
フェンスを使うと外部からの視線を遮る目隠しの効果で、プライバシーを守ることができるのが大きなメリットとして挙げられるでしょう。
材質も木製やアルミ製等豊富な種類があり、見た目の印象やお手入れの仕方なども変わってきます。

フェンスのメリット

image3

フェンスの大きなメリットとしては目隠しの効果が挙げられますが、それ以外にもたくさんのメリットが存在します。
順番にご紹介していきましょう。

・目隠し効果でプライバシーを守る
フェンスが外からの視線を遮ってくれるため、プライバシーを守ることができます。
特に通りに面している窓やドアは開ける時に気を使ってしまいがちですが、フェンスがあれば気にせずに開けることができます。

・敷地の境界線を明確にする
フェンスを設置すると敷地の境界線が明確に分かるようになるので、敷地侵入等のトラブルを避けることができます。

・防犯 
一軒家は、セキュリティ付きマンション等に比べて防犯面で不安があります。
フェンスを設置することで、空き巣、強盗等の犯罪を防止することができます。

・装飾
フェンスを設置すると家の外観がお洒落になります。
フェンスにも色々な材質、デザインがあるので家の雰囲気に合わせてフェンスを選択すると良いでしょう。

・小さな子供やペットの飛び出しを防ぐ
小さな子供の場合、歩行時の事故では「飛び出し」の割合が多いです。
少し目を離した時にでも事故は起こりえます。
交通量の多い通りに面している家の場合は特に注意が必要です。
フェンスが設置してあれば、小さな子供やペットの飛び出し事故を防止することができます。

・音や風を遮る
フェンスには防音効果が付いているものもあり、外の音が大きい地域の場合は効果を発揮します。
また風を防ぐ効果があるので、例えば高台など日頃から風が強い地域には効果的です。

・ガーデニングの要素
フェンスにツタを絡ませたり、釣り下げる鉢を設置したり、お洒落に利用することができます。
個性的にアレンジしてみても良いでしょう。

image3

フェンスの費用分布

フェンスの値段は材質によっても異なりますが1m辺り1万~10数万が平均的です。
実際には定価から割り引きされて提供されるので、費用相場としては以下のグラフのようになります。
7万~28万円の間がボリュームゾーンとなりますが、高さのあるフェンスや、設置する敷地が広い場合はそれ以上の価格帯になっていきます。

image3

よく検索される人気のフェンス

ネット上で良く検索されている人気上位のフェンスをご紹介します。
参考にして見て下さい。

image3

ラティスフェンス
木製のお洒落なフェンスです。
鉢をひっかけることが出来るためガーデニングで利用する方も多いです。
格子状や菱形、上部にアーチ状の飾りがついたもの等、幾つか種類があります。

image3

メッシュフェンス
周囲と調和しやすく、町でも良く見かけるタイプのフェンスです。
アルミや樹脂等の素材で作られています。
日当たりや風通しがよいため、生垣と組み合わせて利用されることも多いです。

image3

ネットフェンス
ひし形金網を使用して作られたフェンスです
敷地の境界線や施設・集合住宅周辺に多く使われています。
高さがあるものが多く、また日当たりや風通しも良く開放的です。

image3

ウッドフェンス
木製のフェンスでお洒落に目隠しすることが出来ます。
自然な風合いが魅力といえるでしょう。
また風、熱を防いでくれる効果があります。
比較的作り易いため、DIYでオリジナルのウッドフェンス作りに挑戦する人もいるようです。

image3

アルミフェンス
機能的でシンプルなデザインが特徴的なアルミ素材のフェンスです。
家の周りをスタイリッシュに彩ることが出来ます。
形状も豊富にあり、アルミとガラスを組み合わせて遮光性を上げたものや、ルーバー状にしたものもあります。

image3

アイアンフェンス
綺麗な模様の繰り返しやデザインが美しいフェンスです。
豊富な種類があり、家の周辺を素敵に彩ることが出来ます。

一般的なフェンスの設置方法

フェンスは倒れて事故等が起こらないように基礎をしっかりと作ることが大切です。
自作でフェンスを作る場合も基礎部分はしっかりと行うか、その部分だけ業者に頼んでも良いかもしれません。
フェンス設置は以下のような手順で工事を行います。

image3

1.設置場所を確認し、支柱を立てる位置を決める。
2.基礎の穴を掘り、基礎ブロックを埋め込み、水平を確認。
3.ブロックに支柱を設置し、垂直に設置。
4.フェンス本体を支柱に固定する。

image3

フェンス工事の匿名見積もりが可能

image3

フェンス工事をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、フェンス工事に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image3