image3

家の周りを取り囲む、もしくは一部分だけ設置することができるものとして、フェンス・ブロックがあります。フェンスやブロックで家を囲むことで、家全体を囲むことができれば防犯上も安心できるという効果がありますし、一部分だけ設置しても目隠し効果が期待でき、プライベートな空間を演出できます。
しかし、実際にフェンスやブロックを設置するのには、費用がいくらかかるのか、またどうやって設置を頼めばいいのかなど、疑問はあるかと思います。そこで、今回はフェンス・ブロックの設置・交換の際に実際にかかる費用や方法についてご紹介していきます。

フェンス設置・交換の工事法とその工事費もろもろの費用とは?

最初にフェンスからご紹介していきます。フェンスを設置する場合、基礎工事と呼ばれる部分が一番重要となります。

image3

フェンスはブロック塀と比べて、もろいと感じられる方は多いかと思います。しかし、この基礎工事をしっかり行うことで、風などによって倒される危険性を回避することができるのです。

フェンスの基礎工事では、基本的にはフェンス専用のコンクリート製品を使用します。これで根元を固定できますので、倒れる心配が軽減されるのです。

フェンスを設置したい場所の土を添削し、このコンクリート製品を設置し、支柱をはめ込みます。支柱がモルタルなどで固定されたら他の金具を設定し、フェンスを組み立てます。最後に汚れや傷、ボルトやナットのゆるみなどを点検したら、ついにフェンスの完成です。

ここまでの基本的な流れを、フェンスの標準的な工事として施工してくれる業者が多数あります。施工費は、大体20,000円~で行ってくれるところがありますが、もちろん使用するフェンスの種類によって価格は異なってきます。

また、この標準工事以外に、工事が必要になるケースもあります。例を挙げれば、コア抜きカットをする必要がある場合です。

・コア抜き

image3

コア抜きとはいわゆる、既存のものに穴をあけて何かを設置する際に行う穴あけ工事といったもののことを言います。フェンスを設置する場合にも、設置したい場所にたとえばブロック塀などが元々あった場合、コア抜きをして穴をあけることで新しくその上からフェンスを設置することができるのです。

既存のブロック塀などにコア抜きを施す場合、大体が強度不足で割れてしまったりする場合もあります。そこで、特別なコア抜きの道具を使用することもありますので、実はコア抜きだけで結構な額の工事となってしまうのです。

具体的に、コア抜きの工事例を見ていきましょう。

例)A社でコア抜き工事を含む外構リフォームを依頼した場合

依頼内容・・・庭と駐車場の間へのフェンスの取り付け
施工内容・・・コア抜き、該当箇所の洗浄、受け足のセット、フェンス組立
工期・・・2日間
工事費・・・約25万

コア抜き一つとても、一か所で約4,000円~ほど費用がかかるケースもあります。フェンスを設置したい場合は、その該当箇所をよく調査してもらうなどして、慎重に進めましょう。

・カット工事

image3

次に、カット工事についてですが、これは文字通り市販のフェンスをそのまま使用するのではなく、お好みの高さにカットして使用することを言います。この場合、たて格子のアルミ製のものであれば、カットしてもデザイン性が失われたりすることはないので、無料でカットしてくれる業者は多いです。

しかし、目隠しフェンスなどの、全面的に貼られているフェンスは、カットする面も多く、またそれに際して他に部品を頼まなければいけないケースもあるので、その場合は別途料金がかかる場合があります。

他にも搬入代独立基礎工事代人件費など、様々な費用がかさむケースもあります。

フェンス設置の費用に関しましては、もちろんフェンス自体の値段に左右されます。フェンス自体も、素材が木であったりアルミだったりと、様々にあり、値段もそれ相応に違ってきます。(大体木のフェンスが~10万円、アルミのフェンスが~15万円、そのほか装飾されているもの~30万円目安)

フェンスの設置費用は、基礎工事、土台工事含め、2mほどで~5万円ほどをめどに考え敵ださい。そうしますと、家の周りにフェンスを設置する場合は、およそ20万円~の全体的な費用が掛かるということになります。

ブロックの設置・交換の方法と工事費もろもろの費用とは?

image3

次に、ブロックの設置・交換についてその方法と工事費などの費用についてご紹介していきます。

ブロックを設置することの魅力としては、コンクリート壁の設置と比べて低価格で施工できることです。しかし、コンクリート壁と違い、一つずつ積み重ねていく必要があるので、そこは手間がかかります。

また、フェンスの設置工事と同じく、こちらも大事なのは基礎工事です。きちんと鉄筋を埋め込み、下地部分を転圧する作業を行ってもらうことで、ブロックのひび割れを防ぐなど、強度の補強につながりますので、施工工程はしっかりチェックして説明を聞きましょう。

ブロックの基礎工事は、大体1m2,000~5,000円ほどの費用が掛かります。またブロック自体の価格は、1平方メートル当たり12,000~20,000円ほどがめどになります。普通のブロックから、耐震加工が施してあるブロックまで、様々にありますので、業者の方に問い合わせてみてください。

他にかかる費用としては、交換の際にかかる取り壊し費用、処分費、又基礎工事にかかる埋め戻費など、様々な費用が掛かってきます。大体1mあたり1万円~4万円と考えて、10mのブロックを設置したかったら10万円~40万円ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。もちろん使用するブロックの種類によって、価格は左右されますし、下地状況や基礎工事の必要性の具合でも工事費用は変わってきます。

例)B社でブロック塀、目隠しフェンスを設置した場合

工事内容・・・歩道との間にリブブロックの積み立て。フェンス設置、角材建立
工期・・・約3日
費用・・・約15万円

まとめ

いかがでしたか?フェンス・ブロックの設置・交換は、目隠し効果のもありますし、何より防犯上の問題も解決されます。小さいお子さんがいる家庭では、安全性も確保されますし、リフォームしておいて損はないかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

フェンス・ブロックの設置・交換をお得に行うには?

image3

フェンス・ブロックの設置・交換を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にフェンス・ブロックの設置・交換の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image3

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。