image3

家を外から見たときにその家の印象を大きく左右するのはその家の壁ではないでしょうか。
外壁塗装のポイントを抑えるだけで、とても素敵なお住まいに演出できます。
壁が綺麗で殆ど汚れていなかったら新築の家のような印象を持ちます。
色も茶色でまとめられていれば落ち着いた印象を持ちますし、鮮やかなアクセントカラーがあればスタイリッシュな印象を受けるでしょう。
反面壁が色あせたり汚れてしまっていると家全体の印象も下がってしまいます。
今回は壁を綺麗にするのに効果的な外壁塗装についてご紹介していきます。
壁を塗装したいけれど、どの色がいいのか迷ってしまう……そんなときに参考にしていただけると幸いです。

image3

外壁塗装で家の印象が大きく変わる

外壁は表面積が大きい為、色を変えて塗装するだけで家全体の印象が大きく変わります。
古くて汚れていると思っていた家が外壁塗装をすることで見違えるように綺麗になり、また色を変えるとイメージも驚くほど変わります。

image3

どの色が良いのか事前にシミュレーションしてみる

外壁を塗装したけれど、思っていたのとイメージが違った!
こんなことにならないためにも事前にどんな感じになるのかシミュレートしてみることが大事です。
とはいえ色の見本カードを幾つか並べてみてもよく分かりませんよね。
お勧めなのがお家の写真を撮り、その写真をPhotoShopなどで色を変えてみることです。
家の写真がベースになっているので実際の雰囲気が分かりやすいです。
PhotoShopを持っている場合はご自分でやってみてもよいですし、業者の中にはこのようなシミュレートをしてくれるところもいくつかあるので頼んでみるのもよいでしょう。

また外壁材メーカーのKMEWがHP上でシミュレーションできるページを公開しています。
手軽にできるのでまずはこちらで試してみるのも良いかもしれません。
ケイミュー 外観シミュレーション

image3

外壁塗装のアイデア

塗装にもさまざまなやり方があります。
一色で塗装しても良いですし、二色を組み合わせて塗るのも色々な組み合わせ方が考えられそうです。
よく外壁塗装に用いられる色の組み合わせをご紹介しますので、ぜひ参考にして見て下さい。

◆個性的な色
ピンクや青など壁に利用した時に個性が出る色を使います。
遠くから見たときにも目を引くでしょう。
周囲の建物とのバランスも考えつつ取り入れると効果的です。

image3

◆淡い色×濃い色
コントラストを利かせることによって都会的で洗練された印象を与えます。
すっきりとしてシャープなイメージです。

image3

◆淡い色×淡い色
柔らかく上品なイメージを与えます。
周囲に溶け込みやすいまとまりのある外観になります。

image3

◆渋い色×渋い色
落ち着いた高級感のあるイメージになります。
昔ながらの日本を連想させる大人の色合いです。

image3

◆鮮やかな色×鮮やかな色
鮮やかな色を使うことで、明るく楽しい雰囲気が生まれます。
暖色系の色どうしの組み合わせが多く使われるようです。

image3

外壁塗装を考えるためのポイント

1.同色系にするとまとまり易い
色の組み合わせを考える時は同系色で考えるとまとまり易いです。
赤と青などそれぞれが主張する色だと、コントラストで疲れてしまう場合もあります。

2.近所との調和を図る
色を考える際は近隣の色の配色も参考にすることをお勧めします。
海外の観光地など建物の壁、屋根の色を揃えている街は、全体が統一されていてとても綺麗です。
周辺の家が同系色の場合は、それに合わせてみるのも良いでしょう。

3.汚れや色あせに強い色
白や黒などは、汚れが目立ちやすく、茶系統の色は汚れが目立ちにくいです。
また鮮やかな色は色あせや変色の影響を受けやすいです。
気になるのであれば落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

image3

外壁塗装の匿名見積もりが可能

image3

外壁塗装をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、外壁塗装に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image3

                   <外壁塗装の見積もりを無料でしてみる>

image3

.
.
.