シロアリを見つけたら?発生場所の特定が大切です

image

シロアリは、小さな体で家屋を食べつくし、やがては倒壊させてしまうほどの威力を持っています。その被害は甚大で、見るも無残です。もし、シロアリを見つけたら、どのような対処をすればよいのでしょうか?今回は、シロアリ発見のきっかけになる羽アリの特徴や、見つけたあとの対処法について調べてみました。シロアリを見つけたら駆除だけでなく発生場所の特定が大切ですよ!

これらの症状がありましたか?

おそらく、シロアリの発生に気付いた方は、下記のような症状に心当たりがあった方ではないしょうか?少しの変化、違和感を見過ごさずに、これらの症状が何の原因で起きているのかを突き止める習慣をつけておくことで、シロアリの発生だけでなく、他の家屋の損傷にも初期の段階で気づくことが出来るのです。

image

羽アリを見つけた
浴室、キッチン、洗面所、トイレの床がぶよぶよしている
押入れに湿気がある
家の中がカビ臭い
柱や壁が変色してきた
庭の垣根がぐらつく
近隣住居でシロアリ駆除をした家がある
蟻道を見つけた
柱や壁を叩くと空洞音がする
柱が下がってきている

羽アリを見つけたら

シロアリを発見するきっかけが羽アリだったという場合はとても多いです。羽アリはクロアリにもいますので、まずは、シロアリ・クロアリ、どちらの羽アリなのかを調べます。

<シロアリの羽アリの特徴>
ヤマトシロアリは、4~6月頃の午前中イエシロアリは、6~7月頃の夕方から夜に飛んでいる。

●くびれがない
●羽は4枚、すべて同じ大きさ
●触覚がまっすぐ
●蟻道を作る

<アメリカカンザイシロアリの羽アリの特徴>
6月~9月頃の日中から夕方に飛んでいる。

●頭部が赤褐色、胴体は黒
●動きが敏速
●少数で飛び立つ

image

<クロアリの羽アリの特徴>
6月~11月頃と比較的長い期間飛んでいる

●くびれがあり、2~3つに分かれている
●羽は4枚、前の2枚が大きく、後ろの2枚が小さい
●触角はくの字に曲がっている
●蟻道を作らない

image

ちなみに、クロアリハチの仲間で、シロアリとは別の種類に分類されます。シロアリのように木材を食べることはなくタンパク質や糖質を餌としますので、 シロアリをも捕食します。シロアリにとってクロアリは天敵となるのです。

image

クロアリの羽アリが発生しても、家屋への被害はありませんが、万が一【玄関、トイレ、浴室、キッチン】など家の中から出てきた場合は要注意です。なぜなら、そこにシロアリがいるからかもしれないからです。

image

★チェックポイントのおさらい★
羽アリを見つけたら、まずは、シロアリかクロアリかを見分け、どこから発生しているのかを突き止めること、もし、見分けがつかない場合はなんとか捕獲して瓶などに入れておき、シロアリ駆除専門業者さんに見てもらいましょう。

ステップ1:羽アリを見つけた時の初期対応

シロアリ駆除は、素人では根絶させることが難しいため、どの種類のシロアリかが分かったら(または、数匹捕獲したら)、まずは早急にシロアリ駆除業者さんに依頼しましょう。

image

そのうえで、今いる羽アリを掃除機で吸い取ってしまいます。吸い取った後、掃除機のノズルから殺虫剤を噴射すれば、部屋に殺虫剤をまき散らすこともなく、掃除機の中の羽アリを退治することができます。

もちろん殺虫剤を直接羽アリに散布出来る方はそれでも構いません。吸い込まないようマスクを装着したり、お子様やペットにはお気を付けくださいね。殺虫剤を散布したあとは、羽や死骸を掃除機で吸っておきましょう。 

この初期対応はあくまでも、応急処置です。掃除機で吸い取って一網打尽にしたと思っていても、肝心の巣を壊滅させない限り、シロアリはまた発生します。

ステップ2:発生場所を特定する

羽アリは、30分程度の間に数百匹もの大量発生をすることがあります。とても気持ちが悪いので、掃除機で吸い取っていなくなったことで一安心してしまうかもしれません。また群飛はだいたい2~3日で終わるので、そこでも一安心してしまいます。

ですが、ここからが肝心です!シロアリの発生場所を特定することを忘れてはいけません!

image

羽アリがいるということは、すでに家屋のどこかに巣を形成し、被害は着々と進んでいると考えてください。羽アリの大量発生は気持ちの悪いものですが、唯一、住んでいる人がシロアリを発見できるチャンスでもあります。

ステップ3:穴をふさぐ

image

どこから羽アリが出てきているかが特定できたら、その場所をガムテープなどでふさぎます。穴の中に殺虫剤などを噴射してしまうと、シロアリ駆除業者さんによる駆除がしにくくなるため注意しましょう。

シロアリ駆除業者の費用目安

羽アリを見つけたら、素人が出来ることはステップ1~3までです。殺虫剤をまけばOKと簡単に思ってしまいますが、表面に見えない全ての巣を特定して根絶させることが難しいのです。

業者さんに依頼した場合の費用目安は、"4,000円~5,000円"/一坪あたりで、床下を徹底的に調べる.なければならないため、費用も高額になってきます。この「床下を徹底的に調べる」という作業がとても大切で、小さな巣一つでも残っていると、またそこからシロアリが繁殖して家屋が危険にさらされてしまうのです。

ご自身で殺虫剤をまくことも可能ですが、床下に入り込み、巣を一つ残らず探して駆除していく作業は、とても大変です。巣は床下だけでなく、天井裏や柱などにも作られていることもありますので、プロに依頼することをお勧めします。

image

シロアリ駆除業者を一括見積り!

image

シロアリ駆除業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。