太陽熱温水器撤去・取り外しにかかる価格相場と実際の作業について

image

現在、太陽光を利用した発電や温水機能などの技術やサービスは進んでいて、たくさんの方が使用しているものとなりました。街を歩いていても、太陽光を集める機材を見かけることが多い方もいらっしゃるかと思います。

そんな太陽光を利用した設備の一つに、太陽熱温水器があります。現在は太陽光発電が中心となって展開されていますが、太陽熱温水器もその機能の高さから、多くの方々に注目されているシステムでもあります。

今回は、そんな太陽熱温水器について、その撤去や取り外しにかかる価格相場や実際の作業を、太陽熱温水器そのもののメリット・デメリットなどにも触れてご紹介していきたいと思います。

太陽熱温水器ってどんなもの?エネルギー変換効率もご紹介

image

まずは、太陽熱温水器について実際にどんなものなのかを中心にご紹介していきましょう。

太陽熱温水器は、その名の通り太陽熱を利用してお湯を沸かすシステムのことを言い、古くからたくさんの方々に利用されているものでもあります。現在は太陽光発電の方が、太陽熱を利用するシステムとしては、主流となり、多くの方々に利用されてはいますが、実はエネルギー変換効率などは圧倒的に太陽熱温水器の方が高いことがわかっています。

実際に、太陽光発電と太陽熱温水器のエネルギー変換率を比較してみると、太陽光発電が10~20パーセントであるのに対し、太陽熱温水器は40~60パーセントであることが判明しています。また太陽光発電は、太陽熱温水器に比べると導入コストも高額で、5倍以上の差が出るほどです。

太陽熱温水器、どんなものがあるの?

image

続いては、現在市販されている太陽熱温水器のタイプをそれぞれご紹介していきましょう。

1.タンク一体型
ソーラーシステムと貯水タンクを一体化したもので、こちらのタイプが最も流通している太陽熱温水器となっています。デメリットとしては、シャワーなどの勢いが弱くなりやすいことが挙げられています。

2.タンク分離型
一方で、貯水タンクとソーラーシステムを別々に設置するものがこちらのタンク分離型となります。タンクをつなげるポンプなど、別途購入するものもあり、比較的初期費用が高額な太陽熱温水器となっています。

3.水道直圧型
地上設置することができるタイプで、自身にも強いものが水道直圧型です。直圧で給油するため、水圧も強いことが特徴として挙げられます。

太陽熱温水器の設置について、そのメリット・デメリットとは?

image

続いては、太陽熱温水器を設置するうえで、メリット・デメリットなどをご紹介していきたいと思います。

太陽光発電にも言えることですが、太陽光を利用したシステムはCo2の削減も期待されている再生可能エネルギーを使用したものということで、エネルギーの枯渇も心配ないうえ環境にも優しいといわれています。そこが一番のメリットともいえますが、あとは灯油やガスなどの燃料費も抑えられますし、節約につながることも多いので、多くの方々に期待されているシステムでもあるようです。

また、東京都では一時的ではありますが、「住宅用太陽エネルギー利用機器」を設置することに一部補助が出ていました。東京都だけでなく、いろいろな自治体でこれからこういった取り組みも増えていくかもしれません。

一方、やはり使用に関して天候に左右されやすいことは一番のデメリットといえます。あとは、初期費用の高さもやはりデメリットに思う方も多いようです。

太陽熱温水器撤去・取り外しの工事について

image

一度取り付けた太陽熱温水器は、もちろん撤去も可能ですがやはりそれにもお金がかかります。しかし、故障してしまったりした場合は、ソーラーパネルを屋根にのせたままにしておくことで屋根にダメージが加わりますので、もう使う予定がないのならば撤去してしまった方がよいかと思います。

また、太陽熱温水器では配線なども当然劣化します。定期的にメンテナンスが必要な設備でもありますし、ものによっては劣化することで機能自体が弱くなることもあります。そういった場合も、思い切って撤去しても良いかもしれません。

太陽熱温水器、撤去・取り外しをする場合の工事内容とは?

続いて、太陽熱温水器を実際に撤去・取り外しをする場合に、業者の方が行う工事の内容についてご紹介していきましょう。

太陽光発電とは違って、太陽熱温水器には貯水タンクが設置されています。先ほどもご紹介した通り、貯水タンクがソーラーパネルと一緒に設置されていることもありますし、分離して設置されていることもありますが、どちらにせよ配管や給水管がありますので、それらをまずは撤去する必要があります。

image

太陽熱温水器のために設置したソーラーパネルは、多くの場合屋根に置かれているかと思います。これは置きっぱなしですと屋根に負担がかかりますので、撤去する必要があります。大体は、解体してから降ろすか、クレーンなどでそのまま降ろすことも多いです。

また、太陽熱温水器を撤去・取り外しをする際には、タンク自体の撤去も必要となります。タンク内にまだ水が残っている場合には、それらをすべて抜き取ってから撤去する必要がありますので、少しずつ水を抜いていくことが多いです。

太陽熱温水器を撤去・取り外しにかかる価格相場とは?

image

このように、太陽熱温水器を撤去・取り外しする場合にはきちんと業者の方に依頼して工事をしてもらう必要があります。そして、多くの場合気になるのはかかる費用かと思いますので、実際に多くみられる価格相場を見ていきましょう。

太陽熱温水器の撤去・取り外しにかかる価格相場は、大体5~10万円となっています。撤去ではなく、修理やタンクの洗浄等ならば、5万円前後で工事も可能です。ちなみに、太陽熱温水器を設置するためにかかる導入コストは、およそ30万円ですので、太陽熱温水器の設置に比べれば撤去・取り外しは費用は抑えめとなっています。

まとめ

いかがでしたか?太陽熱温水器は、日本ではまだあまり普及は進んでいませんが、現在注目されているシステムでもあります。設置してから撤去・取り外ししたい状況になっても、比較的撤去費用も安価なので、安心かと思います。検討中の方もそうでない方も、ぜひ参考にしてみてください。

太陽熱温水器撤去・取り外しをお得に行うには?

image

太陽熱温水器撤去・取り外しを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に太陽熱温水器撤去・取り外しの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。